WPプラグイン「AddQuicktag」の使い方

Add Quicktagマニュアル



よく使う「見出し」などのショートコードは毎回入力するのはとても面倒!

 

あらかじめ登録しておけばたくさんあるHTMLショートコードを毎回コピペする必要なく、ボタン1つで簡単に挿入できるプラグイン「Add Quicktag」。

 

見出しや囲み枠に加工文字だけでなく定型文・吹き出し・アニメ画像・アフィリエイト・Googleアドセンスまで何でも登録することができ、自由にカスタマイズする事ができるので時短で時間を投資して良質なライティングを行うために重宝されています。

 

ここでは、スムーズなブログ運営に欠かせないAdd Quicktagのメリットとデメリット、使い方、注意事項についてご説明します。




AddQuicktagのメリット・デメリット

Add Quicktagメリット②

AddQuicktagのメリット

Add QuicktagとはWordPressのプラグインの1つで誰でも無料でインストール&使用することができる便利なツール。

 

よく使用するHTMLコードの雛形をあらかじめタグ作成で登録しておき、HTMLコードを記事編集エディタからいつでも簡単に呼び出すことができる機能を持っています。

 

簡単な見出しの「<h2></h2>」のようなショートコードなら手入力でカバーできますが、定型文や囲み枠に吹き出しなど複雑なショートコードは打つだけで時間の無駄ですね。

 

記事編集エディタによる使用の他に、投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプで利用できることやAdd Quicktagプラグインの設定データを他のWordPressで使用できるエクスポート・インポート機能も備えています。

 

WordPressを使う上で最低限必要で最も必要なプラグインとも言えるAdd Quicktag。

 

積極的に利用して自分だけのオリジナルタグツールを完成させてしまいましょう!

AddQuicktagのデメリット

このプラグインのデメリットはあまり見つからない、というのが正直なところですね。

 

強いてあげるとすれば、定期的に行われているWordPressやプラグインのバージョンアップ時に、プラグイン同士が悪さをして正常に反映されないことがあるかもしれません…?

 

というのも、プラグインのレビューをご覧ください。

レビュー

英語のレビューですが、特にエラーについて言及しているような書き込みもないし、何の影響もなく利用できている利用者が圧倒的に多いという証拠ではないでしょうか。

 

AddQuicktagの使い方

Add Quicktagのインストールからタグ作成、使用方法についてご説明します。

インストール手順

まずは、Add Quicktagのプラグインをインストール・有効化します。

 

① 「ダッシュボード」→「プラグイン/新規追加」からキーワード検索欄に「Add Quicktag」と入力し、インストール。

 

② 「ダッシュボード」→「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」からAdd Quicktagを有効化しましょう。
Add Quicktagマニュアル①-

 

タグの作り方

 

① 「ダッシュボード」→「設定」をクリック。
Add Quicktagマニュアル②

 

② インストールされたプラグインの中から「Add Quicktag」をクリック。
Add Quicktagマニュアル③

 

③ ページをスクロールすると以下のようなタグ作成欄があります。

 

ボタン名:ショートコードの表示名称。分かりやすい名前にしておきましょう!(例えば2番目の見出しを意味する<h2>の表示名称は「見出し2」や「h2」など)

開始タグショートコードの開始部分(見出し2の場合は<h2>)
終了タグ:ショートコードの終了部分(見出し2の場合は</h2>)

チェック欄:チェック欄はどのエディタに表示させるかを指しています。全てチェックを入れておきましょう。
(※1番右側にあるチェック欄にチェックを入れると、全ての項目にチェックが入ります。)

変更を保存:入力を終えたら忘れずに保存しておきましょう。Add Quicktagマニュアル④

 

④ 上記の内容に沿って見出し2を入力するとこのようになります。
※ダッシュアイコンとアクセスキーについては後でご説明いたします。
Add Quicktagマニュアル⑤

 

⑤ 登録したタグや誤って作成してしまった場合は、入力した項目を全て削除しチェックを外したらそのまま「変更を保存」すれば削除されます。
Add Quicktagマニュアル⑥

 

⑥ ダッシュアイコンは任意ですが、登録作成したタグを編集エディタ上で文字ではなくアイコンにしたい場合にのみ使用します。
Add Quicktagマニュアル⑥

 

⑦ ダッシュアイコンの右にあるマークをクリックすると設定できる候補が表示されます。
※タグが増えてくると全てにアイコン設定するのは大変なので、リンクや画像などアイコンを見れば瞬時に分かるものだけにしておくのがおすすめ。
Add Quicktagマニュアル⑥

 

⑧ アクセスキーは編集エディタで表示されるタグの表示順位を設定するものです。
「アクセスキー」の部分は空白で、下にある「順番」に数字を入力しておけば使用頻度の高いタグを最初の方に配置することができます。
Add Quicktagマニュアル⑥-

 

テキストエディタを使用してみる

 

タグ作成が完了したら早速、編集エディタ画面で正しく表示されているか確認しましょう。

 

① 「ビジュアルエディタ」では配置したAdd Quicktagがリストダウン形式で選択できます。
Add Quicktagマニュアル⑦

 

② 「テキストエディタ」では全ての登録作成したタグが表示されます。
Add Quicktagマニュアル⑧

 

③ タグのボタンをクリックして正しく表示されればOK。
Add Quicktagマニュアル⑨

 

④ 1つのタグに「開始タグ」と「終了タグ」を設定しましたが、配置されるタグボタンは1つです。
※同じボタンで開始と終了2つの役割を果たしているので、実際に「リンクカード」というボタンでご説明します。
リンクカードは他のおすすめ記事を併せて紹介するショートコード。
Add Quicktagマニュアル使用①

 

⑤ 1回目のボタンクリックは「開始」です。
リンクカードをクリックすると本文にショートコードが表示され、「リンクカード」が「/リンクカード」に変更されました。
Add Quicktagマニュアル使用②

 

⑥ 紹介したいURLを手入力したので最後の終了タグが必要となります。
Add Quicktagマニュアル使用③

 

⑦ 最後に再度「リンクカード」をクリックすると、本文に終了を意味する ”]が入力されました。
この時、「/リンクカード」が「リンクカード」と開始状態に戻ったのが確認できます。
Add Quicktagマニュアル使用④

AddQuicktagの注意事項

Add Quicktagの注意事項

 

Add Quicktagの注意事項を記載しておきますので上手く使えない時はご参照下さい。

 

登録したタグのボタンが表示されない場合

 

登録したはずのボタンがビジュアルエディタやテキストエディタに表示されない原因として以下の2点が考えられます。

 

1.タグ登録画面の1番右側にあるチェック欄にチェックが入っていない。
Add Quicktagマニュアル注意事項②
※特定の編集エディタに表示させたくない理由がない限り、チェック欄の1番右側のチェックを入れると「ビジュアルエディター」「post」「page」「attachment」「comment」「edit-comment」「widgets」全ての項目にチェックが入るので最も確実な方法です。

 

2.ビジュアルエディターのツールバーが1行表示になっている。
Add Quicktagマニュアルツールバーボタンクリック

ツールバーの1番右側にある「ツールバー切替ボタン」をクリックすればツールバーが複数段になり「Add Quicktag」のリストダウンボタンが表示されます。
Add Quicktagマニュアルツールバー

 

開始タグと終了タグの使い方

見出し2のような開始タグと終了タグが存在するタグは、2つのコードが1つのボタンに集約されてしまいます。

 

前項の「Add Quicktagのテキストエディタを使用してみる」でも記載しましたが、タイトルが「見出し2」の場合は1度目のクリックで開始タグ<h2>が本文に反映され、ボタンが「/見出し2」に変化します。

 

そして、見出しの文章を入力したら最後に「/見出し2」をクリックすると本文に</h2>が反映される仕組みになっています。

 

定型文や吹き出しを登録する場合

定型文や吹き出しのショートコードは、見出し2の<h2>と</h2>のように開始タグと終了タグという区別がありません。

そのため、定型文や吹き出しなどを登録する際は開始タグに全て入力してしまい終了タグは空白のままで登録してしまいましょう。

 

↓ 下図のように開始タグに入力して終了タグは空白でOK。
Add Quicktagマニュアル注意事項

AddQuicktagを使って時短で記事作成しよう

自分のオリジナルAdd Quicktagツールを作成させるための時間はほんの1時間もかからず作成できるでしょう。

またデメリットが少ないことが最大のメリットとも言えるので、まだインストールしてない方はすぐ使ったほうがお得。

これらの作業がこれから先の記事作成を行っていく上でとても大きな時短効果を生み出すことができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。