魅力的な文章の書き方とは?ライティングのスキルを習得する方法

魅力的な文章の書き方!ライティングスキル



「読者の心を掴む文章力」
「読者の目を引くタイトル」

どちらもブログ運営において欠かすことのできないライティング技術です。
このライティング技術の程度によって1つの記事が「10万円のキャッシュを生むか、もしくは1円にもならない」と言っても過言ではありません。

 

しかし、ブログ運営で収益化しようと思っているライターの中には、

 

「仕事の紹介文を考えるのが苦手。」
「退屈な文章になりがち!」
「事務的な文章になっちゃう…」

 

こういった苦手意識を持っている方がたくさんいらっしゃいます。

 

今回は、初心者の方向けに読みやすくて素直な文章・正しい日本語・文章の統一感・具体的な文章の書き方などのライティングの基本と、薬事法・モラルの問題など注意事項おすすめの文章構成、そして知っているのと知らないのとでは天地ほど記事の質に差がでるライティングのコツをご紹介します。

 

文章が苦手な方でもポイントを押さえてコツを知れば、あなたのブログは収入を生む副業として「資産」になるでしょう


魅力的なライティングとは

魅力的なライティングは、「いかに読み手の興味を惹きつけることができるか」ということであり、ブログにどれだけファンを増やせるかほかの関連記事を読んでもらえるかそしてリピート率を上げることができるかは表現力のレベルにかかっています。

 

ブログで発信する知識や技術はもちろん重要ですが、読者に分かりやすく飽きさせず伝えることができる魅力的なライティングは、知識と同じようにそのブログの核となります。

 

最近はSNSからブログへ新規読者を流入させる仕組みが常識になっていますが、どれだけ巧妙にたくさんの新規読者をブログに流入させたとしてもブログの記事やコンテンツが面白くなければ、あなたのブログには長く滞在せずもしかしたら2度と訪問してこないかもしれません。

 

それを未然に防ぐためには、文章力の向上・構成・読みやすいコンテンツ作り・飽きさせない要素が必要になるので、これらを順を追ってご説明いたします。

 

小説のライティングとの違い
小説や雑誌など通常のライターと違い、WebライティングはGoogleなど検索エンジンで新規読者を獲得する手法です。読者が検索するキーワード対策などのSEO対策を施している場合がほとんど。

ライティングの基礎知識

ライティングは集中して覚えたことをすぐ実践するのが、スキル向上の近道です!
下記の一覧内容をおさらいしてより良い記事の土台作りをしましょう。

・読みやすい文章になっている
・正しい日本語を使えている
・文章に統一感がある
・形容詞と助動詞の正しい使い方
・公開前に必ず読み返している

読みやすい文章になっている

記事の文章が読みやすいと記事の趣旨や内容が頭に入りやすく、読者がテンポ良くページをスクロールしてくれるのでページ全体をより多く見てもらうことが可能になります。
まず、初めにどんな言葉遣い(謙譲語・尊敬語・フランクな口調・キャラクター口調など)でいくのか決める必要があります。

 

これは、全ての記事で徹底しておこなう必要があり、これまでと違う口調の文章になると読書やリピーターは戸惑いブログから離れていってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

また、漢字を多く使う場合にはあらかじめ「事=こと」「時=とき」などのようにひらがな読みする言葉を決めておくと文章が読みやすくなるほか、1つの文章は長くても150文字以内に抑え句読点「、」は3つ以内にすると誰が読んでも分かりやすい好印象の文章になります。

 

正しい日本語を使えている

・50文字程度の短文を繰り返さない
→短文を繰り返すと小学生の日記のような稚拙さを感じさせてしまいます。

 

・同じ文末を繰り返さない
→「~なります。」「~なります。」「~なります。」と3回以上、同じ文末を使うと文章が単調になってしまいます。

 

・重複した表記は避ける
→1つの文の中に同じ単語が繰り返し使われないように同義語を使うなど工夫しましょう。
NG例「ブログにはさまざまな種類があり、投資に特化したブログやトレンド特化したブログがあります。」
ブログありますが重複しているので整理すると以下のように表現できます。
OK例「ブログには、テーマが違うなどさまざまな種類があります。」

 

・文章はオリジナルで
→ブログ記事を書くうえで他サイトを参照したり調べものをしたりする場合があると思いますが、自分の中で消化できていない内容だと日本語がチグハグになりますのでオリジナルの文章で書きましょう。

文章に統一感がある

・記号や英数字の半角全角
→「!!」「??」「Aa」「11」などのように半角にするか全角にするか決めましょう。

 

・空白の半角全角
→英語表記の単語の場合によくある「World Cup ⇔ World cup」など空白スペースの半角全角を統一。

 

・口語体か文語体
→「だとしたら ⇔ だったら」、「あんまり ⇔ あまり」などはどちらでも意味は通じますが文体が変わってしまうのでどちらかに統一した方が良いでしょう。

 

・単語の統一
→同じモノを指す単語でも英語で呼び方が異なる「読者 ⇔ ユーザー」や「医師 ⇔ Dr」、そのほか「スマートフォン ⇔ スマホ」などの略称もなるべく統一した方がベター。

 

形容詞と助動詞の正しい使い方

「面白いです」や「格好いいです」などの文章は形容詞+助動詞で構成されていますが、その直前の表現方法や文が短い場合には稚拙な印象を与えてしまいます

 

また「ラーメンが食べたい」や「ラーメンを食べたい」はどちらでも正しい日本語ですが、どちらがより強く気持ちが入っているかを考えれば「ラーメンが食べたい」の方が強い感情を与えます。

 

場面によって適切に使い分けることができると文章の幅が広がります。

公開前に必ず読み返している

2000文字以上の記事でキーボード打ち込みしているとどうしても誤字脱字があったり、数日にわたって記事を作成する場合に文章チグハグでおかしかったりするケースがあります。

 

これは、注意力にかかわらず誰にでも起こりうることなのでなるべく減らす程度に心得ておけば良いのですが、同じブログでも初心者と上級者では精度が異なってきます。

 

例えば、信頼性の高い東証1部に上場しているような企業のホームページではまず誤字脱字は絶対ありません。

それは企業イメージやコンテンツの充実が背景にありますが、もし誤字脱字があったら少し落胆してしまうのと同じようにあなたのブログファンはあなたのブログ記事で誤字脱字が見つけるとがっかりしてしまうものです。

 

文章作成に慣れてきた方でも、公開前には少なくても3回は読み返すことをおすすめします。

>>文章作成がどうしても苦手な方向けの記事外注はこちら

※追記【2019/4/18】

自分で誤字脱字の見直しをするのが基本ですが、どうしても長文だったり疲労していたり誤りに気づかないケースがあるので、文章校正をしてくれるおすすめツールを紹介しておきます。

【Enno】
Enno
Ennoはこちら

Ennoは日本語のあからさまなエラー(タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け)をチェックしてくれるツール。

登録不要・ダウンロード不要でネット上でチェックすることができる1番カンタンなおすすめツールです。

ほかにもたくさんツールはありますが、怪しいものもけっこうある印象なので。

ライティングの構成とポイント

ブログやサイトコンテンツでは以下のような構成で作成されるのが主流。

>>文章作成がどうしても苦手な方向けの記事外注はこちら

一般的な書籍や雑誌と違って記事タイトル・大見出し・小見出しなどのコピーライティングが重視されるためこのような構図が成り立ちます。

1.トップ部分
2.ボディ部分
3.エンド部分

絶対に読みたくなる記事タイトル

ブログやサイトにおける記事タイトルはもっとも重要で約80%の読者は検索表示されたタイトルを見て、その記事を読み進めるか判断しています。

 

その判断基準は検索エンジンでキーワードを入れて検索した結果、表示されたページの中で目立っている記事タイトルだったり読者が欲している内容の的を得たタイトルだったか否か。

 

また、最近ではFacebookやTwitterなどのSNSでブログやサイト広告が出ますが、友人が「いいね」や「リツイート」していると興味を惹かれてページを開くことがあります。

 

ブログを収益化するうえでたまたま多くの読者の目にとまった記事タイトルが抜きんでていることがありますが、総じてその確率を高めるために以下のポイントを押さえておくと絶対に読みたくなる記事タイトルを生み出すことができるでしょう。

1.読者にとって「お得」であること
これはもっとも安定した記事タイトルを生む出す要素で、相手の目線にたって今からでもすぐに取りかかれるような有益なキーワードを組み合わせることが重要です。
具体的な「~する方法」や「~術」といったタイトルは読者に実践力をイメージさせるので有効。

 

2.最新の情報であること
特定のキーワードを検索すると上位に表示されるブログの中でもマニュアルや手順が古い過去のものである可能性があります。
特にネット上のサービスは1年単位で状況や手順が変わってくることが多々あるので、最新の情報は何より読者にとって有益な情報。
具体的には「2018年度最新」や「平成最後の」など同年内で最新であることが伝わる表記や、過去に書いた記事をリメイクして「追記」といった形で最新の情報を付け足す手法もあります。

フック導入文

紹介するテーマの特徴など記事の要約となる導入部分で、記事の続きを読んでもらえるかどうか判断される重要なパートであり、導入文で概要に触れ続きが読みたくなるような魅力的な文章が必要。

それには、まず読者が抱えている問題点や悩みを明確にして問題提起したり、記事を読むことでどれだけの成果が得られるか結果を示したり、実践した経験を書くことで「お手本になるかも」と思ってもらうことが大事です。

即戦力の記事を作成!オリジナル記事作成

1.問題を見いだす
読んでくれる可能性のある見込み読者の悩みをピンポイントで明確化しましょう。
「ブログの収益化に失敗していませんか?」「間違った広告の貼り方をしていませんか?」など具体例を示して、その理由は「検索されにくいキーワードで記事作成しているからです」「広告を貼る場所を間違えています」などのように解決策を提示することで読者の共感を得る方法です。

 

2.これだけの成果が得られます
この記事を読んだらどれだけの成果が得られるのか提示します。
「ブログの月間PVが1万人増えます」「6ヵ月で10万円稼げるブログになります」など読んでもらうことでどれだけのメリットが得られるかを数字などの具体例で伝える手段です。
できない過大な成果を謳ったり匂わせるような手段はやめておいた方が無難。

 

3.根拠を示す
これも成果と似ていますがこの方法を実践したおかげで「月の収益が10万円になりました」「このSEO対策を導入してキーワード検索で上位3位になりました」など読者が理解しやすく、説得力の高い具体例がもっとも伝わりやすいでしょう。

 

大見出し

収益化に成功した多くのブロガー達が記事の文中で大見出しを積極的に使う理由は、読者に記事の全容を分かりやすく伝えるためです。

 

記事を最初から最後まで全てきれいに読んでくれる読者はそこまで多くありません。
そのため、目次などの見出しを見て読者が必要としている情報だけを見てくれることが多いのでこのような分類分けをしておくと読者にとって時間の節約になり、より信頼できるコンテンツとして認識されるようになります。

 

また、記事を執筆開始する前に記事タイトル・大見出し・小見出しなどの文章構成を作ってから詳細な内容を作るようにすると、記事のテーマから内容がそれにくいと言ったメリットがあります。

■見出しを使った例

「なぜ富裕層はファンド運用するのか?」
世界中の投資家は、資産運用の方法としてヘッジファンドに投資する傾向があります。これは、単にヘッジファンドの魅力がビジネス界でのステータスである以外にも運用実績があり高いパフォーマンスを期待できることにある点をご存知でしょうか?多くの投資家が資産を任せるヘッジファンドとは一体、何なのか?似ているようで分別されるファンド投資との違いや多くの投資家がヘッジファンドを選ぶ真実をご説明します。

1.ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドとは投資家から集めた資金で投資を行ってあらゆる運用手法を用い、市場が乱高下しても利益を出すことを目的としたファンドのことです。

2.投資信託とヘッジファンドの違い
投資信託とヘッジファンドは仕組みが似ていることから間違えられてしまいますが、最大の違いは成果の設定値やファンドマネージャーの行う運用方法の違いが挙げられます。

3.富裕層がヘッジファンドを選ぶ理由
ヘッジファンドはより高いパフォーマンスによって評価されています。平均でも15~20%程度と言われており、投資家自身が金融商品に深い知識がなくても出資さえすればあとはファンドマネージャーが運用して投資家の資産を増やしてくれるのがヘッジファンドです。

 

小見出し

小見出しは大見出しの内容からさらに種類分けされるような場合に使用すると他との違いや比較ができるようになるので、必要な場合はなるべく使用しましょう。

 

取り扱う記事のテーマや内容によって異なりますが、1つの大見出しの中だけ大見出し→小見出し→小見出し→小見出しなど深く追及しすぎると記事のテーマバランスが偏ってしまうので、その場合は別で追及する記事を作成するか補足説明といった形を取り入れるなど工夫が必要です。

 

コンテンツ本文

コンテンツ本文では見出しに書かれた内容をより詳細に書いていきますが、このコンテンツ本文が記事の質を左右すると言っても過言ではありません。

 

本文の質が低いとブログのブックマークや読者は増えず、このあとに続くまとめの部分にも大きな影響を与えてしまいます。

1.分かりやすく簡潔にまとめられている
見出しに沿った内容であることや、無駄に長文でないことが重要です。
見出しと関係のない内容や余談の割合が多くなると読者は「見当違いだった」と離れていってしまうでしょう。

 

2.抽象的でなく真意に迫った具体性
読者の悩みやテーマの解決に向けた方向性とより具体性があることが重要。
専門用語ばかりの記事は多くの読者を疲弊させてしまうので、専門用語を使用する場合は補足を付け足すとグッド。

 

専門用語を使う場合は以下のようにわざとらしくなく、自然に付け足すと読者は単語の意味を調べずにスムーズに読むことができます。

■専門用語を使う例文
・HDDはSSDに比べて値段が高い。
→HDD(ハードディスク)は、フラッシュメモリの一種でHDDと同じ役割を果たす記憶装置SSD(ソリッドステートドライブ)に比べて値段が高い。
※このようにHDDはほとんどの人が意味が分かるような単語ですが、SSDは聞き慣れない方も多いので名称の前に説明文を入れるなど初心者の方にでも分かるような説明を心がけましょう。

 

まとめ文

記事の最後にあたるまとめ部分は記事を要約して伝えることと、読者の満足度を上げたうえで次の関連記事・SNSボタン・メールマガジンなどへ誘導する重要な役割を担っています。

 

しかし、伝えたいことが多すぎてもそのあとの記事やメールマガジンなどに対する誘導がうまくいかなくなるので250文字程度でおさめるのが自然です。

 

ブログで収益化に成功している先輩ブロガー達の記事を見てみると、まとめの下に必ずSNSボタン・メールマガジン・関連記事などが設置されており、読んだ記事からさらに欲求を刺激する仕組みがあったり人の目線に合わせた誘導デザインが施されています。

 

ブログの収益化を知りたい方はこちらの記事「ブログ運営で独立するまでの概要がまる分かり!☑」を参照して下さい。

ライティング中級者以上向け

ライティング中級者になると安定した記事の質をコンスタンスに送り出すことができるようになりますが、それ以外に効果的に重要なメッセージの文字加工をして視覚的に読みやすくしたり、スマートフォンでスクロールしてもらいやすい文章の間隔を空けたり、流行の吹き出し会話風のツールを使用するとさらに記事の質が飛躍するでしょう。

 

文字の加工

ブログの記事が長文になるとどうしても視覚的に文字が単調に見えてしまいがちです。
これを防ぐために文字色・太さ・下線・点線・文字背景色を変更して、重要なキーワードを際立たせることで文章に変化を加えることができます。

 

■文字を加工した例
「文字の加工」「文字の加工」「文字の加工」「文字の加工」「文字の加工」など

 

文章の間隔

文章の間隔は意外と重要なポイントで、ブログを収益化しているほとんどのブログで共通しているのは文章2行~3行に対して空白行も2行~3行空けているという点。

これはスマートフォン読者を意識した構成で、スマートフォンは約6インチの小さい画面のため縦に長く表示されてしまいます。

 

読者はスクロールをしながらテンポ良く流し読みをする習性があり、スマートフォンでブログをチェックする割合も多いのでストレスを感じない間隔の空け方を意識してみましょう。

 

もちろん、全てがスマートフォン読者ではなくパソコン読者もいますが、適度に文章ごとに区切ると誰が見ても読みやすい記事になることは間違いありません。

 

アニメ吹き出し

最近は色んなブログで見かけるようになったアニメ吹き出しの記事。

A さん
ブログの収益いくらだった?
B さん
今月は10万円だったよ~!

キャラクター画像を取り込んで設定すれば記事に華がでる便利なアニメ吹き出し。

しかしアニメ吹き出しを取り入れると充実感からブログ記事の質が良くなったように勘違いしてしまうケースがあるので、あくまでも記事の内容が1番であり慣れてきたら文章と文章の上手な「繋ぎ」として活用することができるでしょう。

 

Speech Bubble
これはWordPressで簡単にインストールして使える「Speech Bubble」というプラグインを使用しています。

関連記事:カンタンに文字サイズ変更・文字色変更できる「TinyMCE Advanced」のカ使い方・手順

関連記事:ボタン1つでコードを簡単に挿入できるプラグイン「AddQuicktag」の使い方

ライティングの注意事項

情報の正確性とモラル

ブログやサイトなどの最大の課題となるのが、提供される情報の正確性。

たとえブログ運営者が「今月のブログ収益は100万円だった!」と言い切ったところで、それは当事者しか知ることのない信憑性の低い情報と判断されてしまうのと同じように、事実や訴えを平坦な直線だけで表現するより立体的に複数の角度から検証した方がはるかに信憑性が増します。

 

具体的には専門家の文献を引用したり、総務省のような社会的信用性の高い機関が公表している調査結果を引用したりすることを指しています。

また、そのほかには他サイト記事や写真を無断で使用したり、文章をコピペして使用したりする著作権の侵害やモラルの低下も社会問題となっているので注意が必要。

 

記事の中で表現上どうしても他記事を引用したい場合は、他ブログやサイトのプライバシーポリシーを確認しましょう。分からない場合は問い合わせをするなどの対応を行いましょう。

 

医療法と薬事法

医療の世界では病院広報や広告に対する規律が厳しく設けられており、治療や医療サービスの効果を誇張して表現することを禁止しています。

 

同じように特定の医薬品や健康・コスメ・ダイエットに関する商品の効果で「病気がなおる」「必ず痩せる」といった表現も薬事法の禁止事項に該当するので気を付けましょう。

ライティング技術の向上に向けて

ライティングの技術は一朝一夕で身につくものではありません、普段からブログ記事を書くときは文章の基礎や構成を意識するクセをつけるとよいでしょう。

 

そして、その中で魅力的な記事タイトルと記事を作りためておけばあなたの「文章」という資産は蓄積され、アフィリエイトなどのマネタイズによってあなたのブログはお金を生み出すビジネスとなると思います。

 

そのうえで、事前に医療法や薬事法などのライティングの注意事項やモラルを遵守して正しいコンテンツとしてGoogleに認識してもらう必要があり、また最新のHTMLやCSSの手法・WordPressプラグインなどの情報も把握しておくべきでしょう。

 

文章が初めから上手という人はあまりいません。

 

当記事で紹介したようなほんの少しのコツでポイントのライティングの基礎知識・ライティングの構成・絶対読みたくなる記事タイトルの作り方を理解すれば劇的にあなたのブログの見やすさ・信頼性・正確性が向上すると思います。

 

ご参考になれば幸いです。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。