自分を変えるには環境と習慣を変えること/夢を叶える1冊のノート

晴天のビーチ



「もっと痩せたい」

「もっと上手になりたい」

「もっと可愛くなりたい」

「自分が嫌いでしょうがない」

 

誰もが弱点を持ってて、ずっと今の私でいいと思っている人は案外少ないものです。

 

もし本当に変えたいと願うなら①自分を責めない②習慣と方法を変える③環境を変える④夢を叶えるノートを作る方法を実践してみて下さい。

 

あなたの未来は、驚くほど明るくなる可能性を秘めています。



自分を見つめてみる

手をアゴにあてる女性

自分を責めない

前提として今できない部分を責めることがあるのなら、今日からすぐ辞めて下さい。

 

あなたはかけがえのない人で、これから先あなたの力を必要とする人が必ず現れます。

 

もし負のスパイラルに陥って人生に疲れた時は、あなたらしさを呼び覚ます「楽しいこと」に時間を使って下さい。

 

これには理由があって、栄光の架橋はある日とつぜん目の前に現れるから暗い気持ちでいるとチャンスを見逃してしまいます。

習慣と方法を変える

 

マインドを変えるためには習慣や方法を見直すことが第一。

 

現状に満足していなくて本当に人生をもっと実りあるものに変えたいと思ったら、

自分→変える→習慣と方法

自分←変える←習慣と方法

 

屁理屈に聞こえるかもしれませんが、反対に「習慣と方法」から変えていけば最終的に自分が変わります。

 

具体的には、

・「痩せたい」…運動しても痩せないなら原因かもしれない食べる物や飲む物などの食習慣、実践している運動の方法を検討しましょう。

 

・「上手になりたい」…練習しても上手にならないならいつも習慣になっている視点や捉え方、練習方法を検討しましょう。

 

・「可愛くなりたい」…努力しても可愛くならないなら美容や内面を変える生活習慣、そして外見を磨くファッションやメイクの方法を検討しましょう。

 

まず、出来るのはこれまで無意識だった「習慣」と、実践してきた「方法」変えること。

 

本気で人生を変えたいなら何度もトライアンドエラーする決意を固めて、成功体験をコントロールしていきましょう。

環境を変える

今いる学校や職場の環境はあなたの仮住まいで、人生の全てではありません。

 

毎日耳にするもの、目にするもの、行動はあなたの中に習慣として蓄積され、あなたの感情も刺激します。

 

環境を変えればあなたの脳は新しい刺激を受けて、習慣や方法を変える以上に可能性が広がります。

 

先ほどの図に環境をつけ足すと、

自分→変える→習慣と方法→環境

 
自分←変える←習慣と方法←環境

 

このように「習慣と方法」を変えるには、まず環境を変えることから始まります。

 

・「痩せたい」…運動しても痩せないなら食習慣や運動する方法を検討し、それでもダメなら一緒に頑張ってくれるトレーナーや仲間がいるジムなどの環境に身を置きましょう。

 

・「上手になりたい」…練習しても上手にならないなら視点や練習方法を検討し、それでもダメなら教え方が上手な人のいる環境に身を置きましょう。

 

・「可愛くなりたい」…努力しても可愛くならないなら生活習慣やファッション・メイクを検討し、それでもダメなら憧れの人がそばにいる環境に身を置きましょう。

 

自分を進化させ成功する人は、この方法を実体験として知っています。

 

何かを変えようと思っても人間の意志はそんな強くないので、環境を変化させることで自分のキャパシティーを底上げする必要があります。

 

自分を変えるために夢を叶えるノートを作る

夢や目標を叶えるための手法を紹介します。

 

5つのルールがあるので1つずつ見ていきましょう。

1.必ず毎日書く

白紙のノート
あなたの意志の強さを確認するために必ず毎日書くことを約束して下さい。

 

今日は疲れたから明日にしようかな?

 

と言うのは、今日しなかった分だけ自分の夢が遠のいていくと思って欲しいです。

 

毎日書くことであなたの潜在意識にエネルギーが蓄積され、それはいつか大きな原動力になるでしょう。

2.誰にも見られずに気持ちを込める

枯れたバラを持つ女性
他人に見せて「そんなもの」と言われてしまうと、あなたの夢に迷いが生じてしまう可能性があります。

 

他人の価値観は排除して自分を信じる力を高めましょう。

 

そして、なんとなーく書かずに潜在意識に届くよう、感情を込めて想像しながら書くと効果的です。

3.未来から逆算する

夕日にかざす腕時計
人間は大人になるにつれて勉強でも仕事でも、現在地点から未来に向かって計画を立てるクセがありますよね。

 

「未来」にワクワクできないのは、実は「今」という瞬間にワクワクできないだけで、自分の未来はいくらでも変えることができます。

 

未来から逆算することは、その時点に本気でやらなくちゃいけないことを決めることができます。

4.夢を叶える期限

10時30分を指し示す腕時計
どんなに素晴らしい夢や目標も「いつまでに」という期限がなければ、ただの絵空事で終わってしまいます。

 

何歳までに、2020年までになど具体的に決めれば、モチベーションを維持するうえでも役に立つでしょう。

 

潜在意識がスッキリ目覚めるように自分に「いつまでに」とタイマーをかけてあげることが大切です。

5.設定を変えない

喜ぶ女性2人
最初にじっくりと今の生活スタイルを考えながら計画を立てましょう。

 

あとから「やっぱり、◯月まで延長!」「これは難しいから、このぐらいにしておこう!」というのは厳禁。

 

せっかく立てた夢や目標を自分から遠ざけてしまうので、未来から逆算してムリのないプランを立てましょう。

今の自分を超えた先にあるもの

一本道の歩道
「未来と過去」の概念はさまざまで、厳密には存在せず「瞬間」として時空上にただ存在しているだけ、と言われています。

 

無数にある「瞬間」の中から、充実した瞬間を切り取って繋ぎあわせていけば、未来には夢見た自分がそこにいるはず。

 

そのためには習慣と方法や環境を変えて自分の潜在意識のギアを上げる必要があります。

 

そして、それを実現させるために「夢を叶えるノート」がお手伝いしてくれるでしょう。

 

ぜひ、皆さんも実践して素敵な未来を手に入れましょう。

「自分が嫌いでしょうがない」「嫌いな自分を変えたい」と悩んでいる方はこちら「自分が嫌いでしょうがない/自分を変えたいなら今すぐやるべき4つの対処法☑」をおすすめします。




ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。