子供の視力が低下しても回復できる方法!今すぐ始めたい超音波治療器ソニマック

メガネ



「スマホにゲーム機にパソコン」

最近、メガネをかけた小学生をよく見かけるようになりましたよね。

ここ30年ほどの間に子供の近視が3倍以上に増え、実に3人に1人が1.0以下と言われています。

今回は子供の視力が低下する原因と、回復におすすめの方法「ソニマック」をご紹介します。


【視力回復】超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【厚生労働省承認医療機器】

特別なトレーニングや知識は不要で、毎日使うだけで酷使した目の機能を根本的に改善したり行を良くして、目の新陳代謝と健常化を促進してくれる優れもの。





そもそもなぜ視力が低下するのか?

虫めがね人間の目は子どもに限らずカメラのような構造になっていることはご存知だと思います。

カメラのレンズのような「水晶体」とフィルムに相当する「網膜」によって、遠くにあるモノや近くにあるモノを水晶体が認識して厚みを変えることで「調整」しています。

視力が低下する仕組み

目が悪くなる仕組みは小学生の時にやった虫メガネを使って太陽の光(焦点)を紙に当てる受験に似ています。

虫メガネの屈折によってキレイに紙に点ができる状態が正常な「正視」であるのに対して、虫メガネが歪んでキレイな点ができない状態を「屈折異常」

水晶体と網膜のピントが合っていない「屈折異常」には、弱視・遠視・乱視などの種類があります。

視力の屈折異常の種類

正視ここでは一般的な屈折異常の種類を見ていきましょう。

【正視】
正視とは正しい状態のことで遠くにあるモノや近くにあるモノがはっきり見えること。

水晶体と網膜上にキレイな焦点が結ばれ、その映像が正しく脳に伝達されています。

【近視】
近視は水晶体を通した映像が網膜の前で結ばれてしまっている状態のこと。

遠くのモノを見るときにはピントが合わず、近づいていくと焦点が合うようになります。眼鏡やコンタクトレンズをしている人は近視がもっとも多い。

【遠視】
遠視は水晶体を通した映像が網膜の後ろで結ばれてしまっている近視の逆の状態。

遠くにあるモノはピントが合って見えやすいですが、反対に近くのモノに焦点が合わなくなります。

【乱視】
乱視は水晶体を通して目に入ってくる光の向きが原因で、光が結ばれる位置が変わってしまうためモノがダブッて見えてしまうことがあります。

弱視や遠視の人も乱視になる可能性があり、その場合、右と左の度数が異なることが多い。

【斜視】
斜視は正面にあるモノを見ようとすると片方の目が違う方向を向く状態で小児期に発症する視覚発達障害のこと。

大人になってから糖尿病や高血圧が原因で発症することがあり、モノが二重に見えるなどの症状があります。

【弱視】
弱視とは乳幼児期に正常なら外環境からの刺激を正しく伝えるはずが何らかの原因によって正しく伝わらずに発症する視覚発達障害のこと。

視覚が弱いためテレビに近づいて見たり首を傾げてみるなどの症状があり、先天性白内障の場合や治療用の眼鏡によって改善する場合があります。

【不同視】
不同視は弱視の一種で外からの光の屈折が両目で大きく異なる状態。

一般的に屈折に対する刺激が伝わりにくくなり片方の目だけ弱視になる場合があります。

【老視】
老視とは加齢によって水晶体の弾力性が低下し、水晶体の形が変わりにくくなる状態。

手元にあるものが見えにくくなったり、近くを見たあとで遠くを見ると焦点が合いにくくなります。この対策としてよく用いられる老眼鏡は遠近両用の仕組みになっています。

子供の視力が低下してしまう原因



子どもの視覚不良は本人も自覚していないことが多く、またママやパパも発見しにくいもの。

先天性白内障や乳幼児期の弱視をのぞいて「正視」の子供の目が悪くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

スマホ・ゲーム機の長時間利用

現代はスマホやデジタルコンテンツは欠かせないものですし、お子さんが勉強にスポーツに頑張ったご褒美としてゲーム機を買ってあげる家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、ゲームをしているお子さん全て目が悪い訳ではありませんよね。

では毎日、ゲームをしていても目が悪いお子さんとそうではないお子さんは何が違うのでしょうか?

一番の理由は「利用時間」と「遠くを見る」バランス。

自宅で過ごすことが多いタイプのお子さんは当然、ゲームやスマホの利用時間が長くなり外出する時間は短くなります。

しかし、毎日ゲームをしていても決められた時間内で遊び、スポーツをするなど外出が多いタイプのお子さんは目が悪くなりにくい。

私たちの目は絶えず近くにあるモノや遠くにあるモノを交互に見ています。水晶体はずっと変化を続けており、目の周りにある筋肉もそれに合わせて動く回数が多くなり鍛えられていきます。

ずっと近くの画面ばかり見て遠くにある景色や自然を見る回数が減れば、水晶体や目の周りの筋肉は凝り固まって目が悪くなる要因となるでしょう。

姿勢が悪い

学校に通う子どもは授業や帰宅してから宿題をするため机に向かう時間は一日の中でかなり多くの時間を占めています。

姿勢が悪い子に共通しているのが「猫背」

背中を丸めた状態が続き、しまいには机に顔を載せてノートに書いているお子さんも多いのでは。

その習慣が長くなると勉強だけでなく食事や読書中もモノを近くで見る時間が長くなります。

すると水晶体は遠くにあるモノを見る時のピント調整を怠けるようになり、加えて目の周りの筋肉も使わなくなることで眼周辺の血流は悪くなります。

姿勢が悪いのが原因で見えづらくなると子どもはテレビに顔を近づけて見るようになり、さらにピント調整が下手になってしまうという悪循環になるでしょう。

部屋を明るくして寝ている



近視は親からの遺伝や生活習慣が影響しているという話しを聞いたことがあるでしょうか。

その医学的な根拠は示されていませんが、大橋眼科院長の大橋勉さんが「寝室の明るさ」について気になる実験結果を報告されています。

白石区内の小学生493人を対象に行なったもので全員の目の状況、睡眠時に部屋の電気が付いているか?を調査。

結果は視力「0.7以上の良好群」「0.6以下の不良群」と睡眠時の部屋の明るさを比較すると、小学校高学年において明るい部屋で寝ている子どもの数と「0.6以下の不良群」に強い因果関係がありました。

理由ははっきりとしていませんが目を閉じた状態でも微量は光が水晶体に入ってくるため、網膜の暗順応レベルに影響を与えて眼軸長を長くしている可能性があるとのこと。

お子さんが小さい時は部屋を真っ暗にすると怖がって寝れなかったり、トイレに行くのを考えて廊下の電気を点けている家庭は多いと思います。

目への悪影響は微量でもそれが生活習慣になると成長するに連れて目が悪くなる要因になる可能性がある、と考えておいた方が良さそうですね。

低下した子供の視力を回復する方法

それでは実際に目が悪くなってしまったらどのような回復方法を実践すれば良いのでしょうか。

小さい子どもの場合、先天性白内障や弱視をのぞく近視・遠視・乱視などは正しく対処することで改善方向に向かうことがよくあります。

一番のおすすめは「ソニマック」


特別なトレーニングや知識は不要で、毎日使うだけで酷使した目の機能を根本的に改善したり行を良くして、目の新陳代謝と健常化を促進してくれる優れもの。

【視力回復】超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【厚生労働省承認医療機器】

ソニマックの驚くような回復効果


「超音波治療器ソニマック」とは1日に10分間だけ機器を目に当てて超音波マイクロマッサージを行うことで目のコリをほぐし、血行を良くして目の新陳代謝と健常化を促進する優れものアイテムです。

ソニマックはこんな方におすすめ。

・最近、目を細めてみる

・パソコンや車の運転で目が疲れる

・長時間の学習、読書、ゲームに熱中した

・メガネやコンタクトレンズを使用している

・子供の目が気になる

・老化による調整機能の低下

実はこのソニマック、厚生労働省の承認を得るまで実に長いあいだ改良を重ねられてきました。初期の治験用治療器が開発されたのは1962年。

それから1965年に眼科用「ダイソニック」、1982年に「ソニマック初期型」、そして現在のソニマックはVer.6と使用者の声や効能をより追及して現在の商品にいたっています。

7万円以上と高価な商品ですが5年間の保証サービスが付いて子どもから大人まで使用することができ、目が悪くなるのを防止するだけでなく疲れ目・眼精疲労の解消、偽近視(仮性近視)の治療、老眼の調節機能低下の改善などの効能を持っています。

【視力回復】超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【厚生労働省承認医療機器】

視力回復トレーニング法



私が実際に小学4年生の時に実践したトレーニング法。

名前は覚えてなく改善トレーニングがいくつか紹介されている訓練本の一部ですが、この方法だけで0.6以下だった右目が半年以内に1.0近くまで上昇した経験があります。
※トレーニング頻度や効果的にできているかどうかで個人差があります。

いたって簡単なので手順を紹介しておきます。

1.手の親指を上に立てて、肘を伸ばして前に突き出します。

2.親指の背景には遠くに山などの自然が視界に入るようにします。

3.まず初めは親指を見つめます。10秒ほど見たら次は背景にある遠くの山を10秒見ます。

4.この動きを交互に10~20セット繰り返します。

こうすることで水晶体や目の周りの筋肉がピントを合わせようと働きかけるため、遠くを見る状態と近くを見る状態の良いクセをつけることができます。

姿勢が悪くて物を近くで見るお子さんの改善トレーニングに最適で、またパソコンやスマホをよく使う大人でも一定の緩和効果があります。

「視力がみるみる上がる3D回復アプリ」

3Dアプリスマホなどのデジタル機器で目が悪くなったらスマホで治せ、という考え方があります。

アプリの中でも最も効果が高いと言われている「3D回復アプリ」

このアプリは3Dのステレオグラムを用いた眼球運動や立体視画像を1日5分見るだけで疲れた目の筋肉をほぐすことが可能。ただし、無料アプリで結果の検証が行われている訳ではありませんのであくまでも現状維持用と割り切った方が良さそうです。

初めは焦点が合わずに3Dに描かれている絵が浮かび上がってきませんが、毎日続けるうちに次第に見える楽しみが人気の理由。

目の機能性表示食品「えんきん」



ファンケルから発売されている日本初となる目の機能性表示食品の「えんきん」

40歳を境に目の水晶体や網膜の近くにある黄斑部に含まれるピント調整の役割を果たす「ルテイン」は年々減少。

しかし、最近の研究で食品などからルテインを摂取することで補えることが分かっています。

「えんきん」にはルテインの他にアスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれており、目のピント調整機能を助けるだけでなく目の使用による首・肩の疲れを緩和してくれます。

ルテインが多く含まれている食材には、

・ホウレンソウ

・マリーゴールド

などかありますがカプセルタイプの「えんきん」は1日に2粒でピント調整を助けてくれる栄養素を簡単に補うことができます。

※こちらは大人向け商品です、子ども向けではありません。

【ファンケル】通販限定!4週間分でお試し1,000円!

まとめ



現代の社会においてスマホ・ゲームは欠かせない存在なので使用しないことは難しいですが、超音波治療器「ソニマック」を始め目の機能性表示食品「えんきん」や3Dアプリなど、視力低下を防ぐだけでなく回復に効果を持つ商品がたくさんあります。

「目が悪くなったらメガネ」とカンタンに諦めずに小学生以下のお子さんなら目が以前のように良くなることも充分に考えられます。

あとはそのための手段をお子さんに合わせて最適なものを選ぶ親御さんの工夫や情熱が求められていると言っても過言ではありません。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。