お金が好きなのは悪じゃない/仕事も恋愛もうまくいく人の特徴や共通点とは

お金を持つ女



「お金が好き、というのは悪ですか?」

この問いに正確な回答を持っている人は少ないと思いますが、少なくとも日本人は下品、印象良くないといったイメージを持っています。

日本は欧米に比べて金融や投資に関する関心が低く、慎ましく生きることが「善」という幻想を抱いている家庭が多いことも由来しているのでしょう。

今回はお金に対してハングリー精神を持っている人の特徴や共通点、裕福さで人生の選択肢が増えるお話し。


金銭的な理由でやりたいことを制限している

我慢あなたは今やりたいことや欲しいものがありますか?

・ブランド品

・海外旅行

・留学

・高級車

などなど。しかし、実際はいつかやりたいなー!買いたいなー!と思いつつも、経済的な理由で断念している場合が多いと思います。

「WP(WEBサイトパートナー)」が行った100人アンケートで「海外旅行に行こうと考えた時に、ハードルになることはありますか?」の質問の結果。

お金がかかるhurdleWEBサイトパートナーより引用

▼アンケート結果▼

【1位】お金がかかる…36.4%

【2位】テロや盗難など治安が心配…28%

【3位】言葉が通じないのが不安…27.1%

支出がかかることがハードルと感じる人の割合がもっとも多く、男女別で見ても割合はほとんど変わらない結果に。

相応にして今の自分の年収に対する旅行費の割合が高いことを意味しているため、自分の人生や価値観、生き方を変える可能性が高い「海外旅行=やりたいこと」を金銭的な理由で諦めてしまっていることが伺えます。

人にはその時その時に感じた「情熱」「ヒント」はその瞬間にしか解決できないため、自分のやりたいことに幾らでも資産を注ぎ込む人とそうでない人は思考力や自信という点においてはますます差が開くばかりでしょう。

「お金が好き」と豪語する与沢翼の場合

「与沢翼」という実業家をみなさんご存知でしょうか?与沢翼さんは20代で事業を起こしネオヒルズ族としてその派手な買い物などテレビで紹介されたので何となく覚えている方もいると思います。

しかし、2014年には経営が悪化して倒産4,000万円の負債を抱えてメディアに露出することも少なくなりました。翌年2015年にシンガポールに拠点を移して投資を始めるとメキメキと成果を上げ、2016年には日本人モデル”相原麻美”さんと結婚。

同年に子どもが産まれドバイの高層タワーの一室(約2億5,000万円)をキャッシュで購入するという相変わらず商才の塊のような人です。

彼が出演した「秋元康×テレ朝D育成プロジェクトEXD44」でこう述べています。

「お金に魂を売ったってくらいやってきた。クレイジーなんですよ。ずっと金のこと考えてる。みんな価値観っていろいろあると思う。友達も大事。恋人、家族、親も大事。僕は…そういうのも大事ってわかってますし、批判も覚悟の上ですけど”金が一番大事”っていうマインドでずっとやってきた。」

「稼げないんだったらあるいは稼がないんだったら”生きていても意味がない”」

確かにネオヒルズ族の時から変わらない買い物は派手すぎるし、金が全てという生き方を羨ましいと思う方もいれば哀れと思う人もいるかもしれません。

しかし、結果として彼は勉強してトライ&エラーを繰り返し、起業して失敗するも努力して新たな”投資”という武器を手に入れて好きな場所で暮らしている生活はまさに「夢を叶えた」姿だと感じています。

お金が好きな人の特徴や共通点

お金が好きな人

ケチになる



身の回りにいる富豪を見てみると共通しているのは「ケチ」である点。

ケチというと語弊があるかもしれませんが彼らは自分が重要視しているビジネスや趣味、コレクターしている類への出費は惜しみません。

ただ、ケチだと周りから思われるのは、彼らは重要視していない部分の支出を削ることに注力しているため。また経営者の場合は経済的に苦しい大変な時期を経験していたり、せっかくビジネスで稼いだ収入を減らさないよう熱心に節税します。

裏を返せばそのあたりの支出・収入のバランス感覚が人より優れているのでしょうね。

儲け話が好き

富豪は三度の飯より儲け話が好きなのをご存知でしょうか。

彼らはすでにいくつかのビジネスや投資で成功していますが、さらなる収益の安定化・増大化を目指しています。

パーティや会合によく顔を出すのは情報を仕入れたり新しいビジネスパートナーを見つけることも目的ですが、自分が身を置く環境を変えてモチベーションを高いレベルで維持する意味も。

普通の会話をしていても話題がビジネスや儲け話になると急に熱く語りだすのも特徴です。

会話が上の空

夫婦間でよく起こることですが奥さんがご近所さんや子供の話しを始めると始めはなんとなく聞いていたのに旦那さんが「うん、うん」と相槌だけの返事になっていることがあります。

富豪は四六時中、自分の資産を守る方法や増やす方法を考え続けています。

外出しても自宅にいても常に頭の中はそのことで一杯なので、奥さんが話しかけてきても会話が上の空になりやすいでしょう。

もしくは旦那さんがその話題に全く興味がない可能性もありますけどね。

お金があると仕事も恋愛もうまくいく

仕事

仕事に向かうメンタルが安定

自分の貯金や資産の額が多いと将来への不安がやわらぐため、精神状態が安定します。

そのため、仕事にも集中できたり新たな発想やアイデアが生まれたり、仕事の成果が抜群に上がりやすくなります。

今の仕事を辞めたら生活していけなくなる人と、仕事を辞めても休養してから職探しできる人の経済力の差って大きいですよね。

前者はクビにならないよう上司や周りの顔色を伺いながら無難な仕事をするのに対して、後者は自分の信念を曲げず思い切った行動が取れるようになることも由来しています。

恋愛に余裕がでる

経済力が大きいと生き方や身振りそぶりも堂々として自分に自信が生まれます。

女性目線で見ても毎日慌ただしく余裕がない人より、自分に自信を持っている人に魅力を感じるでしょう。

その心の余裕は経済的なことが理由である場合が多い。

恋愛にしても経済的なゆとりがあることで選択肢は増えるし、思考が鈍らないので大事なシーンで正しい判断が下せるようになります。

お金がなくても自分の価値観や信念を曲げず自信を持っている人は少ないので例外。

裕福は人生の選択肢が増える

裕福
私はお金が好きか聞かれたら即答で「好き!」と答えると思います。

もちろん経済力が全てではないし家族や友人の存在は何ものにも変えられない確かな価値を持っています。しかし、自分のやりたいことを制限せずに生きていくためには経済的な豊かさが必要。

人間は朝起きてから、

・トイレに行くかどうか

・朝食は何にするか

・何時に出掛けるか

・今日は何をして過ごすか

などいくつもの選択を無意識に繰り返して一日を過ごしています。劇作家ウィリアム・シェイクスピアの作品のひとつである「ハムレット」の中でハムレット王は「人生は選択の連続である」と叫んでいる。

シェイクスピアの代名詞とも言える有名な名言ですが、1日に1,000以上の決断をしていると言われておりその小さいな決断の一つ一つの行動が積み重なって私たち人間の思考が形成されているのです。

「自分を変えるには環境と習慣を変えること/夢を叶える1冊のノート」でも紹介しましたが、人間が今の自分を超えるには習慣と方法を変える必要があるでしょう。

お金があることで今の選択肢がそれぞれ1つか2つ増えれば、その思考の積み重なりはやがてあなた自身の思考や価値観を変えてくれます。

それはやがて今よりもっと生き方の選択肢が増えることに繋がり、身も心も裕福になれる生き方を実現するには欠かせないものと言えます。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。