投資で儲けるおすすめの方法10選/確実な資産運用を行うために必要なこと

タブレットで投資

みなさん、こんにちは!FX・投資信託・株式で年間500万以上稼いでいる「鋼のメンタル俳人トレーダー」のyashi(@yashi50266751)です。

これまで紹介してきた手法をもとに、確実な資産運用を行うために必要な知識と、投資で儲けるおすすめの方法10選をご紹介します。

「あと毎月5万円あれば生活が楽になるのになぁ~」

「年金が出るかわからないし将来が心配」

「投資に興味があるけど初心者でも儲かるのってないの?」

↑今回はこんな方向けの内容を書いています。



投資で儲けることはできるのか?

結論から言えばそこまで知識がない初心者でも、正しい方法さえ知っていれば利益を出し続けることはできます。

 

私はFX・投資信託・株式で年間500万以上稼いでいる専業トレーダー兼ブロガーですが、サラリーマンを脱出して自由に生活しているのですから(^^♪

 

実は、5年前のサラリーマン時代に「給料の限界点も見えたし、何とか増やせる方法ないかな~」と漠然とした考えから、雑誌やネットで投資の勉強を始めました。

 

当時を振り返ると、ずいぶん危険なやり方してたなぁ~と感じることがあります(*´з`)

 

最初はがむしゃらで何でも試したし、誰かがブログで株価予想をしていたらそれをアテにして、でもそういう時に限って人の予想が外れてこちらは資産だけ減っていく…みたいな。

 

だから特にこれから投資をしようと思っている方や、すでに始めているけど儲からない人は自分に合った方法を把握しておく必要があります。

 

投資とはギャンブルではなく自分の資産を減らさずに将来的に利益が出そうなものに投資をする行為。

 

仮想通貨ビットコインが今年4月に入ってまた急上昇しましたが、私は今はやるつもりはありません。

 

なぜなら、あまり知らない畑だと思うし、過熱した相場は乱降下が激しいから安定した資産形成には向かないからです(*´з`)

関連記事:投資の種類が全て分かる!現役の私が一覧で解説します

関連記事:ブログ運営で独立するまでの概要がまる分かり!WordPressを使うことが原則

 

投資で儲けることはサラリーマンにも必須

給与は下がり続けている

「今の給料や収入に満足していない」と考える人はここ10年で大きく増え、同時に民間企業の平均年収は下がり続けています。

 

内閣が「働き方改革」を掲げて雇用を促すような姿勢を見せているものの、世帯主の定期給与は前年比で2.0%も減少。

 

つい最近、内閣府が発表したGDP(国内総生産)の雇用者報酬が0.7%増加とされていましたが、統計に誤りがあったとしてテレビでも報道されていましたよね。

 

政府は順調に景気が良くなっているようにハッタリをかけているだけで、実際の景気事情とは違っていたんです(*´з`)

詳しくはこちら「MONEY VOICE-日本人の給料はまだまだ下がる」の記事が分かりやすい。

 

世の中のサラリーマンは下がり続ける給与の中でとれる選択肢は3つ。

①スキルを磨いてもっと給与の高い企業に転職

②会社勤めしながら投資で将来のお金を作る

③会社から独立開業してフリーランスになる

①は誰もが高い給与の会社にいけるわけではないので、たぶん一部の人にしか当てはまらないと思います。

 

結論から言うと②をおすすめするわけなんですが、まだまだ企業の就業規則では副業を禁止するところは多いと思うので、会社にバレずに資産形成するには投資が最適、というわけなんです。

もちろん、副収入が増えてきたら確定申告する必要はあります。

 

③は1番ハードルが高い。しかし、副収入が給与を上回ることができるようになったら、誰もが1度は夢見る「自由に生きる」ということが現実となってきます。

関連記事:【保存版】独立開業は個人事業主より法人をおすすめする理由/収益を守る!

関連記事:独立に欠かせないビジネスの起業アイデア・ネタ9選!

 

消費税が10%に上がる/自動車走行税も追加される

2019年10月にはついて消費税が10%へと引き上げられます。

直前になると駆け込み需要が多くなると思いますが、給与が下がり続ける中で10%というのはけっこう積み重なって家計には痛手。

 

旦那の昇給がしばらく見込めない家庭では節約・節税に励んでいる家庭も多いと思いますが、基本は減らすことも大事ですが増やすことにもっと目を向けたほうがメンタル的には健全です。

 

そして、政府は走行距離に応じて税金を課す「走行税」導入を検討しているとのこと。

都市部では交通網が発達しているから生活に困らないとしても、交通網が廃れている地方では車は生活の一部です。

 

なんともワケの分からない税金ですが、世論の多くの反対を押し切って導入される可能性も頭に入れておかないといけませんね。

関連記事:消費税10%はいつから?増税前に知っておきたいたった1つのこと

関連記事:インバウンドビジネスで今から起業チャンスを掴む方法!とビジネスの種類

 

確実な資産運用するための心構え

短期間で大きく儲けようとしない

まず、結論から申し上げると1年以内に大きな利益を掴もう!と躍起になっているやり方では長く続きません。

 

仮想通貨の大幅な値上がりを見ると人は、まず利益のことだけが頭の中を占領します。

「あの時、買ってたら100万円になってたのに!!」

と考える人は多くても、

「このまま所有してたらいずれ下がって大損してしまうかもしれない!」

と、考える人はまずいないですよね。

 

つまり、儲けた将来像しか想像しないため、実際には金融商品であるリスクを都合の良いように忘れてしまうんです。

 

リスクとリターンのバランスを考える

株・FX・投資信託などあらゆる金融商品には以下のようなリスクがつきまといます。

 

金融商品のリスク

・変動リスク…常にチャートは動いているので、今上がっていても明日は下がるかもしれない。

・市場リスク…個別の銘柄だけでなく市場全体の影響を受けます。金融市場が暴落したときには大きな影響を受ける。

・地政学的リスク…特定の国が抱える政治的・軍事的な要因が市場に大きな影響を与える。

これらのリスクがあることを常に頭の中におき、目的に合わせたムリのない方法を選ぶ必要があります。

 

リスクとリターンのバランスと言うと分かりにくい印象があると思いますが、リスクとはリターンと表裏一体の関係。

 

リターンの振れ幅が大きい(利益の不確実性)がリスクとなります。

リスクが小さい金融商品http://www.jsda.or.jp
↑図のようにリターンの振れ幅が小さいと、リターンが小さい「ローリスク・ローリターン」

 

リスクが大きい金融商品http://www.jsda.or.jp
↑こちらはリターンの振れ幅が大きいので、相応にリスクも大きい「ハイリスク・ハイリターン」

 

リスクが小さくてリターンが大きい金融商品があれば、1番良いんですがこれまで投資をやってきた中でまずそんな都合のいいものは存在しません。

 

従って、リスクとリターンのバランスを考える上で重要なことは、

・リスクが自分の資金の許容範囲内であること

・目標とするリターンに到達するまでの計画

この2つがもっとも大事です。

手間がかからない

副業で投資をするうえで意外と大事なのが、本業の妨げにならないかどうか。

 

チャートに張り付いてトレードを行うデイトレードやFXスキャルピングは、わずか数秒~数分、長くても1日の間で決済します。

そのため、仕事中も相場が気になり仕事・トレードどちらも中途半端になる可能性が(*´з`)

 

仕事終わりに帰ってきて自宅で時間確保できる方や平日休みのある方は、短期トレードしても良いかもしれませんね。

 

それ以外では、手のかからない投資の方法を選択する必要があり、これらは日をまたいで長期間で運用する「スイングトレード」と呼ばれています。

 

スイングトレードなら数カ月、数年という単位で買付⇒決済を行うので値動きのチェックをするだけで行えるもっとも副業に向いている手法です。

投資で儲けるおすすめの方法10選

私のこれまでの5年以上の投資経験から、初心者でも儲けやすいと思える方法をご紹介します。

◎儲けやすさ…安定したリターンが見込める

◎手間いらず…買い付けをしたら放置できる

◎総合評価…総合的に初心者におすすめできる

上記の3つに重点を置いて評価しています。

投資信託

セゾン投信
項目 ☆評価
儲けやすさ
手間いらず
総合評価

≫投資信託のおすすめ銘柄はコチラ

投資の中でもっとも儲けやすい&手軽さを備えたのは「投信」だと断言できます。

投信とは、信託会社が投資家から集めた資金を元手にプロのファンドマネージャーが代わりに運用してくれる金融商品。

 

一般的に「信託ポートフォリオ」という商品の中に、世界中の株式・債券、国内の株式・債券をバランス組み込んだ良いとこ取りという感じで、「ファンド・オブ・ファンズ」形式の商品は大きな市場リスクがあっても耐えられるように設計されています。

 

安定したリターン率を生み出す会社も多く、通常に買い付ける以外にも毎月一定額を積み立て購入することもできるので手間いらずです(*´з`)

 

写真で紹介しているセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルファンド」は、登場した2006年から積み立て購入していると+43.97%という成績。

 

総額で100万円買っていたら144万円(+44万)、1,000万円買っていたら1440万円(+440万)、1億円買っていたら1億4400万円(+4400万)。

 

すごいですよね!?10年以上、投信を買い続けているとこんなべらぼうな数字に膨れ上がるし、さらに+200%+300%と膨れ続けるのが投信最大の魅力です!(^^)!

関連記事:【保存版】初心者向け投資信託!仕組みとおすすめする投資信託ベスト3

 

インバウンド株

株
項目 ☆評価
儲けやすさ
手間いらず
総合評価

≫2019年に急上昇するインバウンド株はコチラ

インバウンドと言えば日本に押し寄せる訪日観光客のことですが、これに直接かかわりのある「ホテル宿泊レジャー・交通・小売」関連株は、たくさんの株式のなかでも安定して成長している投資法と言えます。

 

例えば「オリエンタルランド」は2017年7月時点では株価7,000円ほどでしたが、2019年1月時点では12,000円(+5,000円)。

 

利益率で言うと約+58%で、100万円分買っていたら⇒158万円(+58万)、1,000万円分買っていたら⇒1,580万円(+580万)、1億円分なら⇒1億5,800万円(+5,800万)。

 

市場リスクはつきまといますが、わずか1年半でこれだけ上がっていたら驚異的、としか言いようがありません!(^^)!

 

下に関連記事を貼っておきますが、「オリエンタルランド」「エイチ・アイ・エス」などは大崩れすることが考えにくいし、そのほか約20個のおすすめ株を紹介しています。

興味があったらご覧ください(*´з`)

関連記事:インバウンドのおすすめ銘柄!2019年上昇株の本命押し20

 

インデックス運用

SBIインデックス
項目 ☆評価
儲けやすさ
手間いらず
総合評価

≫おすすめインデックス運用の銘柄はコチラ

インデックス運用とは投信の運用方法の1つで、TOPIXや日経平均株価などベンチマーク指標と同じような安定した運用成績を目指すこと。

 

どちらかと言うとローリスク・ローリターンに分類されますが、安定したリターンが魅力で資金の多い投資家はインデックス運用を好む傾向があります。要は、もっともお金持ちに好かれる手法ってことですね(*´з`)

 

1回あたりのリターンは少ないですが、それを再び投資に回す「複利効果」を活用すれば10年後、20年後には資金は数十倍にも膨れ上がる方法です。

関連記事:インデックス運用で安定収益を目指す/おすすめの銘柄ファンド

 

dポイント投資

dポイント
項目 ☆評価
儲けやすさ
手間いらず
総合評価

≫dポイント運用の始め方はコチラ

dポイントとはドコモが行っているポイント制度のことで、サービス利用によって得たポイントを投信の買い付けに利用できますよ!というもの。

 

投資未経験者の「疑似体験サービス」として推奨されているもので、基本的な仕組みは投信と同じです。

 

ポイント運用したいときは運用口座に移し、運用したくないときは運用口座からポイントを抜く操作だけというのが手軽でおすすめですね(*´з`)

関連記事:dポイント投資が秀逸なのでブログでおすすめしておく/口座開設と始め方

 

FX

FX通貨ペア
項目 ☆評価
儲けやすさ
手間いらず
総合評価

≫初心者におすすめカンタン戦略はコチラ

私もメインで戦っているFXは各国の通貨ペアの値動きから差益を抜きとる、もしくは各国に設定された金利差益を活用して儲ける方法。

 

ドル円、ポンド円とか誰でも聞いたことあると思いますが、ここ数年の間で政治的な要因で「ポンド」「豪ドル」「ユーロ」などの通貨はボラティリティ(値動き)が割とあるので稼ぎやすかった要因ですね(*´з`)

 

数日に渡ってポジション保有するスイングトレードなら手間はかかりませんが、デイトレやスキャルピングはもっともハイリターンを期待できる反面、為替レートに張り付いている必要がありますかね。

関連記事:【保存版】FXはこれで勝てる!初心者におすすめカンタン戦略と仕組みを解説
関連記事:FXに米雇用統計が与える影響は過去のもの?直近1年間の結果と値動き

 

その他の儲けるおすすめ投資の方法

その他に当ブログでおすすめしている手法を紹介しておきます。

 

ハイブリッド証券

≫ハイブリッド証券のおすすめ銘柄はコチラ

ハイブリッド証券とは市場流動性がある「株式」と、ローリターンだけど安定性の高い「債券」の2つの顔を持つ証券のこと。

「株式の安定型」と言えば分かりやすいかもしれません。

関連記事:投資家に人気のハイブリッド証券とは/おすすめの銘柄ファンドをご紹介

 

アクティブ運用

≫アクティブ運用のおすすめ銘柄はコチラ

アクティブ運用とは先ほど紹介した「インデックス運用」とは反対に、TOPIXや日経平均株価などベンチマーク指標を上回る運用成績を目指す方法のこと。

国内企業に投資し、高い利回りを実現することで人気の「ひふみ投信」なども、アクティブ運用に該当します。

関連記事:高利回りが魅力のアクティブ運用のメリット/おすすめの銘柄ファンド3選

 

インパクト投資

≫インパクトのおすすめ銘柄はコチラ

「インパクト」とはリターンの追求と同時に、企業に社会問題・環境分野の問題解決にも力を発揮してもらい、その相乗効果が持続可能な投資が可能になる21世紀型の新しい方法です。

社会貢献の高い「ソーシャルレンディング」や「クラウドファンディング」などもこれに該当する商品があります。

関連記事:新しい投資の境地!インパクト投資とは/おすすめの銘柄ファンド

 

ESG投資

≫ESGのおすすめ銘柄はコチラ

このあたりは大富豪の意義を考える概念の問題で難しいかもしれませんが、ESGとは「環境=Environmental」「社会=Social」「ガバナンス=Gavernance」の3つの要素を満たす、社会貢献度が高い企業株のこと。

GSIAという国際組織が、E・S・Gそれぞれの観点から企業を評価・ランク付けし、その情報をもとに大富豪が株を購入します。

関連記事:話題の「ESG投資」とは、いったい何なのか?気になるおすすめの銘柄ランキング

 

SRI投資

≫SRIのおすすめ銘柄はコチラ

SRIとは「社会的責任投資」のことで、健全な財務状況かつ社会・倫理・環境メリットなど社会責任を果たしているかどうか大富豪が判断基準に加えること。

利益の追求だけでなく社会のニーズに応えた新たな価値の創造を行い、労働者の人権保護や人材開発、環境保護への取り組みを行っていきます。

関連記事:社会的責任投資SRIとCSRにはどんな意味がある?/現状とメリットを解説

初心者投資家の注意点

さっそく始めるのも良いですが、最後に注意点がありますのでご覧ください。

メンタルを鍛える

私は勝手に「鋼のメンタルトレーダー」と名乗っていますが、仙人でも達人でもありません(*´з`)

 

投資を行う上で必ず予想に反することが起こります。その時にどれだけ冷静でいれるかを「投資のメンタル」と呼んでいます。

 

目の前で自分のお金が利益やリスクにさらされていると、人はみな興奮状態に陥って状況を誤って捉えてしまったり、冷静な判断ができない状態になってしまうことがよくあります。

 

「投資のメンタル」とは、単純に目先の動向に振り回されない精神的な要素のほかに、経済学でも出てくる「バルサラ破産の確率」「エリオット波動」などデータ的な要素を知っておく事も含まれます。

バルサラ≪バルサラ破産の確率≫

 

エリオット波動≪エリオット波動≫

これらをしっかりと踏まえたうえで、資金を全て失ってしまったり、借金なんて事態にならないような状況を作り出すことが重要です!(^^)!

関連記事:成功する人の条件とは/特徴とマインドを学ぶ

 

青天井に上がっている銘柄は買わない

あなたなら、目の前でほんの1時間のうちに株価が2倍になっていく銘柄を見つけたらどうしますか?

ほとんどの方は、

「よし、飛び乗って稼げるぞ!」

「よし、逆張りの売りで入ろう!」

このように考えるのではないでしょうか?私なら何もしないで静観します。

 

ものすごい勢いで上昇していくチャートを目にすると興奮気味になりますが、どんなときも根拠を持ってポジることが必要。

 

青天井株は売り時のサイン!なんて記事を見かけますが、私からしたら破産の道まっしぐらです(*´з`)

高値更新していてもあくまでもただの「傾向」程度に考えをとどめておくことをおすすめします♪

関連記事:青天井の株は危ないからやめておいた方がいい理由。エリオット波動を活用しよう

含み損

株・投信・FXいずれもポジションを保有していると一時的に、含み損(評価益が下がっているがまだ確定していない損失のこと)の状態になることがあります。

 

誰でも自分の財産が減っている状態を嬉しく思う人はいないと思いますが、ずっと上がり続ける・下がり続けるという相場は存在しないので、大きなスパンで見ると一時的に下がっているだけであって状況によってはあまり気にしない方がいい、と助言しておきます。

 

と、言うのも含み損には①安全な範囲の想定内の場合と、②想定外の損失でもっと損失が膨らめば強制決済or追証を払わないといけない、という2通りがあります。

 

前者の想定内であればあまり過度に心配する必要はないでしょう。しかし、今後の見通しと上がった場合どうする?下がった場合はどうする?と手順を準備しておくべきでしょう。

 

そして後者の想定外の場合、かなり精神的に辛くまともな思考・判断が行えなくなります。損失の一部を決済するか、全てを決済して安全資産の範囲内でとどめるようにしましょう!(^^)!

関連記事:含み損を耐えるあなたに!気にしないで生きる戦略

まとめ

下がり続ける給与の現状を踏まえて、これからは会社や世の中に頼りきりにならないでも生活していけるような仕組みがあったらとても生きていくのが気楽になりますよね~!

「1夜にして億万長者」「何もしないで月に50万稼げる」とか甘い投資術は存在しないので、くれぐれも甘い誘惑に負けないよう、1つずつ積み重ねていくことが何より重要です!(^^)!



ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。