投資家に人気のハイブリッド証券とは/おすすめの銘柄ファンドをご紹介

ハイブリッド証券

世界の債券市場の中で「ハイブリッド証券」という金融商品が、機関投資家だけでなく個人の投資家の間でも注目を集めています。

 

電気とガソリンを合体させた「ハイブリッドカー」が世の中に存在するように、債券市場の中でも相対的に高いインカムゲインと市場の流動性を併せ持った優れもの。

 

魅力的なリターンをもたらしてくれるだけでなく、ほかの債券との相関が適度に低いといったメリットを持っています。

 

当記事では、ハイブリッド証券について、メリットとデメリット、市場規模の見通しとおすすめのファンドをご紹介します。



ハイブリッド証券とは

ハイブリッド証券とは
-具体的には、どんな債券ですか。

ハイブリッド証券は債券の一種で、資本とイコールの「株式」そして負債を意味する「債券」の相異なる2つの性質をもった債券のこと。

 

具体的には、満期を迎えたときや償還時に購入額面で償還され、利息が支払われるという意味では通常の債券と同じものです。

 

しかし、資本構造のなかで元本および利息の支払い順位の低い劣後債、優先的に利益配当を受け取ることができる優先出資証券、優先株式などがハイブリッド証券と呼ばれています。

 

・劣後債…通常は無担保で発行されることの多い社債に比べ、企業の経営が傾いたときの債務弁済順位が非常に低いデメリットを持つ。しかし、利回りは相対的に高く設定されている特徴を持つ債券。

・優先出資証券…協同組織金融機関などが自己資本を募る目的で発行される証券。出資者総会での議決権利を持たないデメリットがあるが、優先的配当を受け取ることができる。

・優先株式…普通株式より、配当金や残余財産を優先的に受けることができる株式。

 

国内で取り扱われているハイブリッド証券で、円建てと外貨建て(ドルなど)されているタイプが存在します。

 

-どんなメリットがありますか?

ハイブリッド証券の1番の魅力は、同じ条件の証券と比べて高いインカムゲインと市場流動性を持っている点。

 

通常の社債や債券と同じ目的で発行されていますが、あらかじめ決められた利息や配当を定期的に受け取れる「債券的性格」と、企業の業績や信用力によって変化する価格変動が大きい「株式的性格」を持っている特性に起因しているのでしょう。

ハイブリッド証券イメージ

また、優先株式や優先出資証券を除くほとんどが会計上は負債として計上しますが、企業や金融機関などの発行者からしたらコストを抑えながら、普通株式と同じように資本性あるハイブリッド証券を発行することによって財務の柔軟性の向上を図ることができます。

 

すでに国内でも金融機関の資本強化が進みつつある中で、なかには年率7%以上の高い運用実績があることから機関投資家だけでなく多くの個人投資家が魅了されるのでしょう。

 

日本では日銀が2016 年に施策した「マイナス金利政策」が導入されてから、調達コストが低下し続けているため投資家にとってより高い利回りを期待できる債券として、投資信託のファンドに組み入れるなどの手法が取られています。

 

 

》初心者が失敗しない投資信託のはじめかたはこちら「これで失敗しない!初心者におすすめする投資信託の選び方」

 

-どんな、デメリットがありますか?

高いリターンの反面で、どのようなリスク要因があるか確認しておく必要があります。

 

劣後債の場合、株式に比べて市場流動性が低いため、発行者にネガティブなクレジットイベント(経営破綻など)があると急激な値動きとなり、元本返済義務が執行されない可能性が考えられます。

 

金融事故や大暴落が起きた場合、その価値は株式と同じように暴落してしまうので、価格変動リスクを持った金融商品であることはあらかじめ肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

ハイブリッド証券はどの商品でも優れているという訳ではないため、購入する発行者の企業や業界の銘柄に関する調査をしっかりしたうえで、株式と同じリスクを背負っている、ということを理解しておきましょう。

 

ほかの債券種別との相関が低く個別性を持っているため、投資信託のファンドに組み入れられている場合は他の株式・債券などにどのような影響を及ぼすか考えておく必要があります。

 

そのほかで優先証券の場合、繰り上げ償還が延期されるコールスキップが起こる場合があります。

ハイブリッド証券の市場規模と見通し

ハイブリッド証券の市場規模
-市場規模は、どのくらいあるんでしょう?

世界の債券市場のなかでハイブリッド証券は約100兆円の規模で推移しており、日本では三菱UFJフィナンシャルグループ・三井住友フィナンシャルグループ・みずほフィナンシャルグループなど日本大手の金融機関が発行するハイブリッド証券は2018年時点で約15兆円超。

 

ハイブリッド証券は残存期間が長く設定されていますが、固定型金利から変動型金利に転換される仕組みを持つ証券が多く、分散ポートフォリオのなかでは金利リスクを大幅に減らすことが期待できます。

 

世界的に見ると、2019年3月29日に決定するイギリスの欧州連合離脱問題「ブレグジット」など不透明感が残りますが、健全性が高く巨大な金融市場を持っているイギリスの金融機関が発行するハイブリッド証券は流動性が高くハイリターンを実現できれば、さらにハイブリッド証券の名前は世の中に浸透するでしょう。


おすすめの証券ファンド

おすすめのファンド

記事中に登場する専門用語は以下を参照。

・基準価格-純資産総額をすべての「口数」で割って算出された現時点での投資信託の時価
・純資産総額-そのファンドが持っている全ての株式や債券などの財産を合計した金額
・購入時手数料-投資信託を購入する際に発生する手数料
・信託報酬-投信会社が受け取る利益のこと

「ハイブリッド証券ファンド」アセットマネジメントOne

基準価格:7,446円
純資産総額:128.09億円
設定日:2009年11月16日
購入時手数料:3.24%
信託報酬:年率1.684%

おもに、世界の金融機関が発行する債券や優先証券に投資しており、円建てのほかにさまざまな外貨建てのコースが設定されています。

2009年の運用開始から購入していた場合、32.11%と高い運用パフォーマンスが魅力的。

他の複数の証券会社から販売されており、どの証券会社で運用しても実績はほとんど変わらないため、購入時手数料や信託報酬などのコスト面を重視しましょう。

「グローバル・ハイブリッド証券ファンド」三井住友アセットマネジメント(楽天証券)

基準価格: 6,431円
純資産総額:8.7億円
設定日:2012年6月27日
管理費用:委託(0.4644%)、販売(0.81%)、受託(0.0324%)
信託報酬:年率1.3068%

こちらも、世界の金融機関が発行する債券や優先証券が中心で、銀行61.6%保険16.7%の割合で投資しています。

純資産総額を見ると、設定時の総額を下回っている他のファンドはたくさんありますが、基準価格も大きく変動していません。

継続的に保有している投資家が一部を除いて、多く撤退していないことを意味しているのでこれからの成長が期待されるファンド。

 

》FXの儲け方が分かる「これで失敗しない!初心者におすすめするFXの戦略」はこちら

》話題のESG投資が分かる「話題のESG投資とは、いったい何なのか?気になるおすすめの銘柄ランキング」はこちら

》新しい21世紀型の投資手法が分かる「新しい投資の境地!インパクト投資とは/おすすめの投資ファンド」はこちら

》2020年には約123兆円まで市場が拡大することが見込まれているSRI投資が分かる「SRIとCSRにはどんな意味がある?/現状とメリットを解説」はこちら

組み入れ資産のスパイスとして

組み入れ資産のスパイスとして
株式的性格債券的性格を併せ持つハイブリッド証券は、高いリターンを得ることが期待できるメリットの一方で、市場流動性リスクや経営悪化による返済順位が劣るなどのデメリットが存在します。

 

購入前にリスクに見合った利回りであるか、また信託報酬などの手数料が高く釣り合うか、しっかり確認しておきましょう。

 

単体では株式に見劣りしますが、ご自分が所有している分散ポートフォリオの中で流動性を高めたい、と思っている方にとっては組み入れ資産のスパイスとしてハイブリッド証券をおすすめします。




ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。