【不動産】投資で年間500万を稼ぐ僕を作ってくれたおすすめの本①

読書

よく不動産のおすすめ書籍に関する記事を見かけますが、おすすめが20冊も30冊もあるのって、イマイチ信憑性がありませんよね。

 

今回は、年間に500万以上を稼いでいる私の投資の基礎を築いてくれた「不動産」に関するおすすめ本を10冊だけ紹介します。

 

関連記事:【投資信託】年間500万を稼ぐ僕を作ってくれたおすすめの本②

関連記事:【株式】投資で年間500万を稼ぐ僕を作ってくれたおすすめの本③



稼いだ500万の内訳

試算表
私が投資を始めたのは10年以上前ですが、メインで始めたのは5、6年前です。自分なりにポートフォリオを作っているのでさまざまな方法を実践しています。

 

年間稼ぐ500万以上のうち大きな割合を占めているのが、

・FX(投機)
・株式(投機)
・投信
・アパート
・債券

で、利益が大きい順に並べています。

20代から始める。はじめてのマンション投資

もっとも利益を上げているFXと株式はポートフォリオの中でもハイリスクハイリターンの部類で、2018年度は約300万の利益。

 

投信はインデックスとアクティブを積み立てしており、一昨年前は200万超えてましたが2018年は市場が下がり基調だったので約160万の利益。

 

もっとも安全な部類として債券・アパートにも儲けの一部を投入しており合わせて約120万の利益。

 

投資だけの年商は約500万、この他にブログ・サイト運営の広告収入が年商350万ほど。

 

投資家としてはまだ小物ですが、根拠のない不動産のおすすめ本ではない、と参考までに公開しています。

資産運用のプロフェッショナル【JPリターンズ】

不動産のおすすめ投資本ランキング10

【1位】「アパート投資で成功したいなら誰も買わない空室ボロ物件を狙いなさい」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 初級者・中級者・上級者

ぱる出版
発売日:2011年4月20日

初めて買ったリノベーション関連の書籍で、地方に限らずどのエリアでも実践できるリノベ術を学べる名著。

著者の中村さんのリノベ実例を見ながら誰も買わない小中規模の物件を安く買ってリスクヘッジし、出口戦略にいたるまでの方法が解説されてるので何度も読み直した想い出があります。

また、入居者の客付けに関する内容は必見で、仲介業者との連携など広く浅く学ぶことができるのでおすすめ。

評価・レビュー

【bolt1016さん】(2014/3/17 Amazonレビューより引用)
【ボロ物件を買って高利回りを狙おう!】的なのは幾つか読みましたが、この本は客付けを依頼する際のチラシとか、物件の事例が写真付きでわかりやすく載っていてよかったです。

【コーさん】(2011/3/17 Amazonレビューより引用)
競売前に物件所有者に連絡して購入する部分は、素人には限界なのだと思いましたが、青森という、賃貸経営の厳しそうな地方でも、リニューアルによって高利回りを達成できるのだというのには感動しました。

【2位】「地方・ボロボロ一戸建て超高利回り不動産投資法」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 中級者・上級者

日本実業出版社
発売日:2018年5月24日

現役の不動産営業兼アパート経営者の著書で、借り手の少ない地方物件を格安で買って儲けを出す仕組みが学べる。

現役の視点であるあるや空室を埋める方法など、大家さんが知りたがっている情報が詰まっている名著です。

不動産投資に関するご相談を無料で承ります【不動産投資NAVI】

300万以内で買って利回り20%以上とムチャと思われがちですが、体感として優秀な仲介業者とリノベ会社がいれば不可能ではないでしょう。

評価・レビュー

【HAIさん】(2018/6/17 Amazonレビューより引用)
中古の価格が下がり切ってるため手を出しやすいと言うことです。業者を安易に信用してはいけません。自分で勉強することも大切なのです。

【Amazonカスタマーさん】(2018/7/8 Amazonレビューより引用)
業者から身を守るに知っていた方が良い事が書いてあり、本音の部分を包み隠さず明かしている所に、共感が持てました。また、実際に役に立つ購入からリフォームして客付けまで、実際に動いている人が活用できる事が、事細かに書いてあるので、普段なら2~3日で読んでしまうのですが、内容を試しながら読んだら一ヶ月弱もかかったくらい、内容が詰まっていました。

【3位】「高収益民泊の教科書」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 中級者・上級者

秀和システム
発売日:2019年3月15日

インバウンドビジネス「民泊」、運用を業者任せにしないで、自ら上手に運営するためのノウハウを学べる書籍。

新書でまだ先月発売されたばかりですが、著者の水田佳苗さんは民泊アドバイザーとしてスクールを開講するなど、発売前から興味があったのですぐ購入しました。

高収益化するための対策が具体的に書かれているので、インバウンドビジネスや民泊に興味がある方はぜひ、1度読んで欲しいですね(^ ^)

評価・レビュー

【ビジネスマンさん】(2019/3/20 Amazonレビューより引用)
今までの民泊運営について詳しく説明されていた書籍から、さらに一歩も二歩も掘り下げられた経験や体験による内容が多く書かれていて、88の基本的なルールで宿泊客だけでなく民泊オーナー側も人生が豊かになる内容が書かれていました。

【Amazon カスタマーさん】(2019/3/22 Amazonレビューより引用)
宿を10軒ほど運用しているオーナーです。ここ数年の間に、宿泊料が20-30%ダウンしており稼働率は良いものの、、どうすれば良いかと困っている時にこの書籍を見つけました。読む前は、ただのノウハウだけだと思っていましたが、他とは違いますね。

【4位】「不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 中級者・上級者

ぱる出版
発売日:2018年7月28日

税理士先生らしく不動産に関するキャッシュフローや節税について学べる書籍。

税金を最小限に抑えることが利回りを上げる秘訣ということを学ぶことができ、特に「消費税還付」を知ってる人が少ないので裏ワザ必見ですね。

実際にこの本を参考にして作った利回りの計算表を今でも使ってて、絶対に手放せない名著だと思います。

不動産投資に関するご相談を無料で承ります【不動産投資NAVI】

評価・レビュー

【Amazonカスタマーさん】(2018/11/2 Amazonレビューより引用)
税理士の視点で大家業を語るのではなく、大家の視点で税務が語られています。特に法人化のメリット、消費税の還付については、分かりやすく、実践できる内容です。

【kwnさん】(2019/1/8 Amazonレビューより引用)
初心者向けのものは何冊か読んでいますが、一つの筆者の主張の繰り返しや、メリットなど一般論で多くのページを割いて中身の薄いのが正直多い中で、これは第一章からいきなり核心に入り、大家としての知識、税理士としての知識が凝縮されています。

【5位】「リノベーション投資のヒミツ」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 初級者・中級者

アスペクト
発売日:2008年9月1日

主婦でありながら地方のくたびれた中古住宅をおしゃれにリノベーションして貸したり売ったりする方法で年商1億の投資家になった内海さんの名著。

変化に敏感な女性目線の気付きを生かして、入居者がどこを見て物件選びしているか学ぶことができます。

軽い気持ちで読み始めると戸建・アパート・区分マンション・マンション一棟を次々にリノベして会社を営むうっちゃんて、フツーの主婦なんかじゃないな、と気付きます(^ ^)

リフォーム・リノベーションでアパート経営したい女性や、インテリアに興味がある方におすすめです。

ありそうでなかった不動産のプロ同士をつなげるSNS【不動産人】

評価・レビュー

【sugoiwaさん】(2013/2/6 Amazonレビューより引用)
業界では著名な方であるので、名前は何度か見たことがある。
気になっていたので、遅ればせながら購入させていただいた。
カバーデザインが可愛いくて、文章は読みやすく、著者のとても良い人柄が伝わってくる。

【まあさん】(2018/5/12 Amazonレビューより引用)
この方の文章が好きです
全く素人の私でも 大変読みやすく頭に入ってきました。入門書な感じです

 

【6位】インバウンド凱風で儲ける「おもてなし」不動産投資

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 初級者・中級者

ごま書房新書
発売日:2015年12月25日

住宅デザイナー板垣さんが執筆した書籍で、「おもてなし」をテーマにしたインバウンドのゲストハウス運営について学ぶことができます。

表紙が完全に女性向けなので初めは躊躇していたんですが、「白亜の洋館」と言われたデザインやおもてなしに特化した女性用シェアハウスなど今後の可能性を感じさせる内容が魅力的。

サラリーマンの副業や女性向けの名著です。

評価・レビュー

【maysさん】(2016/1/1 Amazonレビューより引用)
私はOLをしていますが、将来のことを考えてアパート運営に興味があります。著者が女性ということとおもてなしという言葉に惹かれ購入しました。私の実家もアパートを持っており今までにない簡易宿所という新しい形での運用ができるかもしれません。是非セミナーに参加して色々と勉強してみたいです。

【読書大好き主婦さん】(2016/1/21 Amazonレビューより引用)
簡易宿泊所について書かれたこの本を書店で購入した。かわいいイラストつきで、初心者でもわかりやすく、親しみやすいが内容が濃く、ぐいぐい読み進めることができる。

【7位】「戦略的アメリカ不動産投資」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 上級者

幻冬社
発売日:2017年9月1日

日本とアメリカでは環境も違うし、不動産の仕組みも異なりますが、アメリカの場合は特に儲かりやすい、と言われています。

僕自身まだ、アメリカにアパートやマンションは所有していませんがこの書籍には購入→管理→売却までのリアルな貴重な情報が書かれています。

特に7章の販売業者の選び方は、日本の販売業者とは一味違うことを教えてくれる名著。

評価・レビュー

【あいうえおさん】(2017/9/20 Amazonレビューより引用)
アメリカの環境、税制の違いなど初心者でもわかりました。アメリカ地場に大変興味をもった。

【不動産投資初心者さん】(2017/9/18 Amazonレビューより引用)
ボトルネックだった融資の具体的方法が書いてあるのは珍しい!いくつかアメリカ地場のセミナーを見ても、①銀行は貸してくれない、②現地の銀行も無理、③政策銀行の融資はあるが、すでに大家をしていないとダメ、ということで大家初心者にとっては借りられないのがネック。

【8位】「家賃収入が月収を超える!」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 初級者・中級者

ソフトバンククリエイティブ
発売日:2005年2月26日

「リノベーション投資のヒミツ」著者の内海さんが共同執筆してるので買った書籍。

内海さんのアイデア以外に現役大家の束田さん広瀬そんがタッグを組み、戦略→現地調査→融資→購入→リフォーム→入居付けと段階を追って理解することができます。

あなたの不動産人脈を活用して、憧れの安定収入を得よう!!【不動産人】

これからアパート経営を始めたいと思っている方や初心者の方に、手順を学べるのでもっともおすすめしたい名著。

評価・レビュー

【へたくそゴルファーさん】(2018/3/22 Amazonレビューより引用)
著者の勧めで購入したので、大変参考になる内容。自宅を住み替えながら、旧宅を売却せずに賃貸にする方法が低リスクであると感じる内容。

【木川 学さん】(2013/12/9 Amazonレビューより引用)
最初は一気に読破しましたが、先週海外出張の際、一気に興味深く読破できました。非常に興味深く、3人の方々のやり方から自分の方針、やり方に生かしていきます。

【9位】「Excelでできる不動産投資「収益計算」のすべて」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 中級者・上級者

技術評論社
発売日:2017年3付月16日

不動産の収益・融資・税金・売却まであらゆる理論と計算について学べる名著。

目玉はExcel初心者でも簡単に利用できる、シミュレーション用Excelシートがダウンロードできる特典付き。

Excelシートは実際に融資の事業計画に盛り込むことができるので、計算が苦手な方や面倒な手間を省きたい方におすすめ。

評価・レビュー

【Ginjiさん】(2018/9/29 Amazonレビューより引用)
「お金の出入りをきちんと管理しましょう」という主張を追究している。とりわけ税金関係は必読。

【3.1!さん】(2018/9/3 Amazonレビューより引用)
全て数字で語る本で、説得力がある。定性的な内容の書籍は多いが、具体的に定量的に記載してある書籍は少ない。類書がなく、独自性で秀でている。ただ初学者には向かない。

【10位】「高齢者向きアパート経営本」

すぐ使える
カンタン
総合評価
こんな方におすすめ 中級者・上級者

セルバ出版
発売日:2018年5月9日

社会問題になっている高齢者向け住宅のバイブルで、築古アパートを高齢者向けアパートとして再生する方法を学ぶことができる名著。

著者の赤尾さんは実際にデイサービスを運営されていて、高齢者向け住宅で頭を悩ませる介護事業所との連携、について学ぶべきことがたくさんありました。

当然、利回りも追求しているので高齢者向け住宅に興味がある方は1度は読んでおくことをおすすめします。

不動産のプロ同士をつなぐ最強SNS【不動産人】

評価・レビュー

【はじめさん】(2018/6/3 Amazonレビューより引用)
アパート初心者が融資を受けて築古アパートを購入。地域最安値でも埋まらなかった部屋を賃料1.5倍にして満室に。陰にはものすごい努力があるがこの通りにやれば誰でもできるかもしれない

【TSKHRUさん】(2018/9/20 Amazonレビューより引用)
今後増えてくるであろう空きアパートと、確実に増える高齢者のマッチングが素晴らしいと感じた。事業としてとらえ、実施していくことで、社会貢献になる。

 

不動産はリノベーション物件から始めるのが正解

書籍もたくさん読んで知識も増えたし「じゃあ、さっそく今から大家を始めるか!」と思ってもなかなか行動に移せないのが不動産です。

 

私もアパートを2軒持っていますが、最初に興味を持ってから実際に始めるまで5年ほどかかりました。

 

一般的にすぐ大家を始められない理由として、

・何から手をつけたらいいか分からない

・高額だから尻込みしてしまう

この2つが圧倒的に多いと思います。

 

でも、そんなこと言ってたらいつまでも現状は変わらないので資金ができたら思い切って買ってみることも大事です。

 

しかし、赤字になっては元も子もないので、まずは少額で始められる格安「リノベ物件」がおすすめ。

 

アパート経営の本質は、

「いかに安く買い上げて、付加価値をつけて借り手に提供できるか」という点。

 

ここで、リノベ物件のメリットを2つほど紹介しておきます。

リット①安く物件を買って最低限のリフォーム(水回り交換、外壁塗装、壁紙など)をして提供できれば、初月から入居者が付かなくても後から十分に元が取れる仕組みを作りやすい。

また、融資で借りたお金も割と短期間で完済しやすい。完済すれば、そのあとはそのまま貸して賃料を貰ってもいいし、売りに出せば全て利益になります。

 

リット②2つ目は、大家としての実績をすぐ作れること。1億かけて物件を買った場合、融資の返済期間はフルローンで20年以上かかることが多く、その期間中は次の物件を買うことが難しくなります。

その点、リノベ物件では返済期間が短いため、短期間で国庫や銀行から融資を引き出しやすくなります。そうすれば、1棟の運営中にも2棟、3棟と購入して利益を転がしやすくなります。

≫不動産に興味ある方はコチラ不動産投資に関するご相談を無料で承ります【不動産投資NAVI】がおすすめ

~自分に合ったバイブル本は必要~

今回はこれまで投資の基礎を作ってくれた著者や情報提供してくれた知人のために、おすすめ本を紹介しました。

 

これらの書籍に書いてあるのが不動産の全てとは言いませんが、確実に言えるのは実例に沿った具体的な手法が掲載されているので「頭の中でイメージしやすい&小さな成功体験を積む」ことができます。

 

気軽に始められない投資だからこそ、確実な知識を身につけてから出発することをおすすめします。



ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。