韓国の反日デモはいつまで続く?根深い教育と株価が下がる理由とは

デモ行動




2019年8月に入ってから韓国で続く反日運動が激しくなり、4日に外務省は注意を呼びかける「渡航注意」を出しました。

連日のようにテレビニュースでも取り上げられていますが、このデモはいつまで続くのでしょうか?

今回はこの問題の根底にある根深い教育と、関連株価が下がってしまう理由についてフォーカスしていきます。


韓国の反日感情を植え付ける教育とは?

密かな教育「反日教育」とは文字どおり”日本に反対する”考え方でありそれを煽るために用いられてきた古い手段のこと。

 

これはよくある話しですが前時代に受けた怒りや悲しみを後世に伝えるため、あるいは指導者がそれを利用して国民の意思を操作する行為で用いられるんですね(*´з`)

 

実際、韓国では領土問題について日本に譲るような発言をすると”非国民”とののしられ、長崎の津島では富裕層によって日本の土地が次々に買われるという異変が起こっています。

 

また、小中高の教科書にも同じように思考を植え付けるような記述があったり、反日をテーマにしたポスター展が開催されるなどその教育方針はいまも健在。

 

それにしても恐ろしいのは、小さい頃に見た小学校の教科書に書かれていることって真実だと思って素直に信じちゃいますよね。だから大きくなっても”日本は悪いヤツらだ”という潜在意識が刷り込まれてしまえば、社会情勢やデモによって反日感情が高まったときにそれが爆発するのでしょう。

💡戦時中の日本のように”新道”を取り入れた大日本帝国の考え方・教育に国民は洗脳されていたわけですが、アメリカによって淘汰されました。でもほとんどと言っていいほどアメリカを恨むような教育・思想は日本では生まれていません(*´з`)

 

今回のデモ活動にしてもこのような古臭い方針に対して、海外からはけっこう冷ややかな目を向けられているのです。

日韓関係に関連する株価が下がる理由

下がるエスカレーター文在寅大統領の日本に対する強硬発言や姿勢が強まったり弱まったりしています。

 

これは「アメリカ 対 中国」の米中貿易摩擦が問題化していますが、まさに合いの手のように貿易摩擦が収まった頃合いを見てやってるようにも見える(^.^)

 

日本に対する強気な姿勢をアピールしているわけですが、アジア・オセアニア地域の市場には悪い影響を与えています。

 

アメリカでも経済成長が鈍ってきており政策金利をどこまで下げるか注目されていますがつい先日、NYダウが300ドル以上急落したのに吊られて日経平均株価も400円以上下がるといった事態が起きていますね。

 

そんな背景がある中で反日デモによって日本ブランドの不買運動が広まっており、これがもし国内から他国に移ってしまえば対象となっている日本ブランドは影響が避けられません。

 

まぁ、台湾や東南アジアとは日本は仲良しなのでそこまで危惧していませんが最悪のケースは世界No.2とまで言われる経済大国・中国が混乱に乗じてしまった場合です。

 

現在のところ韓国で不買運動の対象となっている企業は、

・ユニクロ
・ドンキホーテ
・無印良品
・DHC
など。

 

いずれも日本を代表する巨大企業ですが今後の動向次第では株価が大きく振れる可能性があることは頭に入れておきたいですね(^o^)

反日デモはいつまで続く?

反日デモのきっかけ

そもそも、韓国におけるデモ行為は長い歴史の中で政治文化における特徴とも言えます。

 

若い人の間では韓流やアイドル・美容・整形を思い浮かべる人が多いと思いますが、在日韓人が身近にいる人は自己主張が強かったり反骨精神を持っているな、と感じている人も多いはず(^.^)

 

40年以上続いた独裁政権の中で民衆が唯一、訴えかけられる方法としてデモは用いらてきました。

 

💡韓国はもともと慰安婦問題など過去に日本に支配されてきたブラック歴史がありますが、同じように中国からも侵略されたり貿易規制を課されることはあったのになぜ、日本だけ目の敵にするんでしょうね〜💦

 

いずれにしても2019年7月20日に民衆デモを引き起こした張本人は文在寅大統領に他なりませんよ(^.^)

 

感情的になりやすい民衆心理を利用して自分の政治方針を押し通そうとする姿勢には世界中から政権不安視されています。

 

徴用工問題や日本の輸出規制

長い日韓関係の信頼関係が崩れたことを理由に日本は今年7月、韓国に対してフッ素化水素など3品目の輸出規制を強化しました。

 

これは日韓関係が崩れたと言うよりは文在寅大統領の筋の通らない一連の言動にキレたと言ってもいいでしょうね(^.^)

 

もともと日本は同盟国27カ国を「ホワイト国」として輸出入の優遇措置を取ってきたわけですが、同国を優遇しない意向を日本が表すとこれに反発。

 

マスコミや政府は両国の1番の課題である徴用工問題に対する報復である!と報道して民衆を煽りました。

💡徴用工問題とは第二次世界大戦中に朝鮮半島を支配していた日本の企業が現地の人を徴用して奴隷のように労働に当たらせたことに対する労働従事者や遺族が日本に対して訴訟を起こした問題のこと。

この問題は1965年の「日韓請求権協定」で両政府が納得して解決しました。しかし、個人の請求権は無くなっていないと訴えており、これに対して安倍首相は「解決済み」と一蹴していますね(^.^)

 

いずれにしても半導体やフッ素化水素が規制されればサムスン電子を始め、韓国経済に大きなダメージを与えることから文在寅大統領は反日本感情を利用しているのではないでしょうか。

 

ちなみに8月20日付けロイターニュース速報では日本がレジスト・半導体・ディスプレー材料の輸出を許可しています。

反日と言われている韓国芸能人まとめ

韓流スターやK-POPアイドルの人気は今や日本だけでなく世界中で高く評価され人気を集めています(^.^)

 

でも日本でライブやコンサートをするイコール日本好きと言うわけではありません。

 

むしろ、反日感情を抱いておりそれをメディアに向けて発言しているスターは意外と多いもの。

 

その一部を参考までにご紹介します。

【ICONIQ(アイコニック)】
在日3世として生まれた彼女はエイベックス・マネジメントに所属するアイドルグループ「Sugar」のメンバー。

 

日本では坊主姿を見せて話題になりましたが現在は伊藤ゆみという名前で女優業に専念しているよう。

 

日本にゆかりや馴染みが深いはずなのに過去に「日本人だと思われているのは悲しい」と発言しており、隠れアンチ日本人であることが伺えます。

 

【リュ・シウォン】
2004年NHK放送「美しき日々」に出演したのをきっかけに一気に全国区となり以降もCMやアルバムをリリースするなど日本に愛された方でしたね(^.^)

 

しかし、帰国してからはたびたび反日本発言を繰り返しており、日章旗を燃やすパフォーマンスを行うなど世論から反感を買いました。

 

もしかしたら日本かぶれで国内ではあまり人気が集まらなかったのを理由に、敢えてそういった言動を取っていたのかもしれませんがいずれにしても人から愛される行為ではありませんね。

 

【BOA(ボア)】
K-POPの先駆け的な存在で知らない方はいないほど日本に根付いていたBOAさんですが、実は日本を侮辱する発言をすることで知られています。

 

しかし、音楽活動は別らしくこれまでもたくさんのシングル・アルバムをリリースしてきました。

 

個人的にはBOAさん好きですがこれだけ日本に根付いたスターだからこそ、どちらかに肩入れするのではなく両国の架け橋になって欲しかったなと切に思います(._.)

 

【テヨン】
爆発的な人気を集めた少女時代のリーダーで特に日本語が堪能で人気の高かったテヨンさん(^.^)

 

日韓場所を問わずソロ活動や女優・声優をしていますが、インターネット上に日本人を侮辱する書き込みをしたり反日本ブレスをつけてステージに立ったりしていたそう。

 

日本語が堪能だからこそ表現の仕方を間違えるはずはないし、歌もダンスも逸材だっただけに少し悲しいですね〜

 

【ペ・ヨンジュン】
言わずと知れたトップスターで冬ソナをきっかけにペ・ヨンジュンブームになりましたね(^.^)

 

世の奥様方はみんなぺ・ヨンジュンに夢中になり、日本でもCMなど数多く出演しています。

 

しかし、あのぺ・ヨンジュンさんもホームページ上で「独島は大韓民国の領土」と発言しアンチ日本である可能性が噂されました。

 

ここで紹介した全ての方に共通していますが国境を越えたアイドルやスター達の発言には重みがあると同時に反感をかえば自分を追い詰めるだけなので気を付けてもらいたいですね(._.)

反日デモの注意点

旅行

旅行で韓国への渡航には注意

冒頭でも触れたように外務省は8月4日に朝鮮半島を訪れる旅行者に対して「渡航注意」を呼び掛けています。

 

特に8月14日に1400回目を迎える「慰安婦を讃える日」では約2万人のデモ参加者が集い、8月15日の「光復節」でも日本関連のデモ・集会が行われました。この時期に訪れた方は異様な空気を感じた方も多いはず!

 

その他では旅行代理店でツアーが中止になったり、企業の職員旅行でも朝鮮半島を訪れるのを自主規制するなどの動きもあるようです。

 

思わぬこと行動から暴力行為のターゲットになる可能性があるため、しばらくは訪れることを控えることをおすすめします(*´з`)

 

済州島で発生したあおり運転

日本では高速で会社経営者が強烈なあおり運転をして後続車を横止めさせ、終いには殴るといった恐ろしいあおり運転が話題になりました。

 

警察・メディアが顔や個人情報を公開したことで犯人は逮捕され、同様の被害を受けた人がたくさん後から出てくるという不思議な事件でした。

 

済州島でもあおり運転をきっかけにした暴力事件が発生してニュース報道されましたが、こちらは顔にモザイクをかけ凶悪であるにも関わらず逮捕せずに暴行などの疑いで在宅で捜査しているそう。

 

日韓でこの事件の因果関係はありませんが日本を強く意識しているメディアは2つの事件を比較して「日本は顔を公開して逮捕したのに、当事件では今も加害者が街を闊歩(かっぽ)している」と警察の対応の”甘さ”を痛烈に批判しました(‘Д’)

 

これについてはどういうつもりで日本の事件を持ち出して比較しているのか分かりませんが、国民性として単に批判するのが好きなだけでは??とも思える不思議なニュースでしたね~。

反日運動ニュースに海外の反応は?

内緒話反日運動は今回から始まったことではなく日韓関係が悪くなると「デモ」をして日本に賠償請求してきたことは1回や2回ではありません。

 

アジア圏やアメリカ・欧州でも一連の行動を見て正直、呆れてしまっているという風潮があります(*´з`)

 

「【海外の反応】パンドラの鬱憤」という海外の声をピックアップしている面白いサイトがあるのですが、その一部を引用してみます!

フィリピン人「いい加減大人になろう。そして泣き言を言うのはやめよう。」

アメリカ人「現状韓国があの地域を不安定にしてると思う。日本は民主的に、断固として対抗していくべき。」

アメリカ人「過去を乗り越えないと!他のアジアの国は日本車の運転を楽しんでるぞ!」

シンガポール人「直接自分たちと関係ないことを謝罪しなきゃいけないの?世代も違うし政府も違うのに?もし君の先祖が誰かを傷つけていた場合、被害者の子孫に代々謝罪を続けるつもり?」

オーストリア人「じゃあ地球上のすべての国が一斉に謝るべきだな。歴史を通じて無実の国なんて存在しないんだ……。」

となかなかシビアな意見が多い印象ですねー。

 

日本が過去の歴史を引きずって何か悪さしてるならまだしも1965年の「日韓請求権協定」で正式な謝罪をし、多額の賠償金を払ったにもかかわらずこう言った行動には誰もが嫌気がさしますよね。

 

まるで、子どもがダダをこねているようにしか見えないしお金をせびろうとしているのが目に見えていますし。

 

もしからしたら根底には同じアジア圏のインド・フィリピン・マレーシア・香港が飛躍的に経済成長を遂げているにも関わらず韓国の経済成長が進行していないことに対する憤りをただ日本にぶつけているだけかもしれませんね( *´艸`)

まとめ

今回は、韓国のデモはいつまで続くの?という点と、根深い反日教育、関連する株価が下がる危険性についてご紹介してきました。

 

日本側が譲歩することなく毅然とした態度を取ることは世界へのアピールにもなるし、周りの他国が日本の態度に賛同する行動に繋がると思います。

 

いずれにしても2019年に入ってから世論調査会社リアルメーターの世論調査で不支持率が50%を超え、5月には大統領弾劾請求を求める青瓦台国民請願の賛同者が21万7000人となっています。

 

これを文在寅大統領は反日本感情に話しをすり替えてごまかそうとしていることは明らかで残った力で悪あがきをしているだけ。

 

任期が終わる前にデモや一連の騒動は落ち着きを取り戻し、1日でも早く日韓関係が元に戻ることを期待したいものですね!(^^)!


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。