【令和】仲夏の季語「梅雨」を使った俳句例/NHK全国大会への道のり③

あじさい①



5月の連休も終わり夏と春の間の時期「仲夏」がやってきます。

その代表的なのが毎日のように雨が降り傘が手放せなかったり洗濯物が乾かなかったり生活に支障の多い「梅雨」

しかし、この雨季は落ち込んだ気持ちを表現する意味でも、また繊細な日本美を表す意味でも欠かせないものです。

今回は「仲夏」の季語と俳句例、また令和元年5月に放送されたTBS系列「プレバト!!」の夏井いつき先生の添削例、豆知識をご紹介します。


仲夏の季語と使用例

夏ここでは、仲夏の季語と「梅雨」を使った名句を見ていきましょう。

梅雨は仲夏の季語の一つ

私たちが普段、何気なく使っている「梅雨」という時期は俳句の世界では夏(初夏)を指す季語になります。

「現代俳句データベース」を見てみると夏の季語に分類されており他の同義語として、

梅雨の季語

などがあります。



「梅雨」がいつからいつの期間を指しているのかは地域によって雨季が異なるため明確な答えはありませんが、気象庁によると、

梅雨入り
梅雨明け
気象庁「令和元年の速報」より引用

例年「5月9日ごろ」ともっとも沖縄で入りが早く、もっとも遅い東北北部が「6月14日ごろ」となっています。

おおむね5月上旬から7月上旬という認識で問題ないでしょう。

5月~7月の季語

あじさい②梅雨前線がやってくる時期を表す俳句の季語はなにも「梅と雨」という名前がつくものだけではありません。

この時期を表す特徴的な季語には、

・紫陽花(あじさい)

・梔子(くちなし)

・花菖蒲(はなあやめ)

・栗の花(くりのはな)

・金糸梅(きんしばい)

などの植物があります。

また、「現代季語データベース」には掲載されていませんが5月~6月にかけて穴子は上質な脂がのっていて美味しいことから「つゆあなご」と言う言葉があります。また「さくらんぼ」もこの時期が旬。

その他に「カタツムリ」「ナメクジ」などもこの雨季を代表する生き物。

総じて他の季節と比べて旬な食べ物や植物など少ない傾向にありますが、この雨季ならではの風情や一風変わった美しさや味わいが楽しめる時期です。

先人達の有名俳句に学ぶ

雨季語を見るだけではイメージが沸かないと思いますのでここで、先人たちの歴史に残っている有名な句を参考にしてみましょう。

五月雨をあつめて 集めて早し 最上川

作者:松尾芭蕉
解説:五月に降る雨が最上川に集まって、すごい勢いで増水し流れ出している光景を詠んだ句。
最上川は誰もが小学校・中学校の教科書で耳にしたことがあると思いますが、山形県を流れている最上川水系の本川。実に山形県の面積75%を占めており日本三大急流の一つとして数えられるほど流れが凄まじい川ですが、その勢いを「雨」と合わせて表現しておりその情景が目に浮かぶほど繊細にそして大胆に表現されています。

梅雨晴れや 蜩鳴くと 書く日記

作者:正岡子規
解説:毎日降り続いている雨の合間を縫うように晴れ間が顔をのぞかせると、蜩(ヒグラシ)が鳴いて夏の始まりを知らせてくれることを表現した句。
蜩(ヒグラシ)が鳴く頃には明けも間近で、夏がすぐそこまでやってきていることを意味しており、正岡子規らしい繊細な気付き・ユーモアがうかがえる句になっています。また、正岡子規は結核に犯されていたため晩年のほとんどは布団の上で執筆した句が多いと言い伝えられています。

梅雨荒し 泰山木も ゆさゆさと

作者:日野草城
解説:木から顔を出して白い花を咲かせる泰山木(たいさんぼく)は頑丈な花ですが、その泰山木の花がゆさゆさと揺れるほど荒い豪雨が降っている情景を描いた句。
日野草城と言えば女性のエロスを主題とした句や無季俳句を作ることで有名。戦後は静謐な句を作っていましたが、「ゆさゆさ」という表現がどこか女性らしい表現なのはそのためでしょうか。

紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘

作者:正岡子規
解説:紫陽花(あじさい)の花が日によって異なる色に変わることを人間の心がうつろいでいる様子に例えた句。
紫陽花は土壌の性質によって青・紫・ピンクなど色を変えることがあります。人間の心も怒りの赤・嫌悪の紫・哀しみの青など色で表現することがあり、日ごとによって色が変わっていく様はまさに紫陽花そのもののようですね。



【令和元年5月9日放送】「プレバト!!」の芸能人・俳句と夏井いつき先生の添削例に学ぶ

プレバト
TBS系列「プレバト!!」では夏井いつき先生が出演している芸能人が作った俳句をぶった切っていく「プレバト!!俳句の才能査定ランキング」が見どころ。

俳句に興味がある方は一度はご覧になったことはあるでしょうし、司会のダウンタウン浜田さんを始め、ジャニーズ~女優~お笑い芸人と幅広い年齢層の出演者がいることから初心者の方でも非常にとっつきやすいことで人気を集めています。

実際に令和元年5月9日に放送された回の夏井先生の添削例とランキングを見てみましょう。
以下の句は「プレバト!!俳句の才能査定ランキング」より引用

Q.「五月の鎌倉(小町通り)」をお題にした一句を作りましょう。

補足:五月のゴールデンウィーク期間になると、鎌倉駅の目下にある「小町通り」にはグルメスポットや観光名所が多くたくさんの人で賑わっています。

【最下位作品】作者:朝日奈央

夏めいて 私の心 ときめいた

添削:青空の 青ときめいて 夏めいて

【第4位】作者:村上弘明

八百年の時を超え 蝦夷ハス盛る 鎌倉に

添削:鎌倉や 八百年を咲く 蝦夷蓮

【第3位】作者:神宮寺勇太

黄昏の 青葉に溶ける 人の波

添削:町の青葉に 溶けゆく黄昏の 人並み

【第2位】作者:河野玄斗

鎌倉に 競る松蝉ら 延べ千年

添削:千年を 鳴き継ぐ松蝉の 鎌倉

【第1位】作者:近藤サト

容赦なく 人波飛びいる 五月蠅かな

添削:人波に 飛び入る容赦なき 五月蠅

【特待生】作者:立川志らく

傘の色 紫陽花寺に 吸い込まれ

添削:傘とりどり 紫陽花寺に 吸い込まれ

【名人】作者:村上健志

扇川 また見失い 緑さす

添削:なし

特待生の立川志らくさんと名人の村上健志は他の出演者とは別次元の才能を見せていますが、いずれの添削も順序を入れ替えて構成を変えるだけでずいぶんガラっと変わるものが多いですよね。

俳句では多くのことを語ることができないため単語や文節を省略して表現します。簡潔な文体にしてリズムに乗せることが重要ですが、正常な文節の位置を逆にする「文節の倒置」という方法を使うことで文体が整うことがあります。

行き詰ったときは主語と述語を入れ替えてみると良いでしょう。

「梅雨」を意識した仲夏の俳句例

葉の雫それでは実際に「梅雨」もしくはこの時期にだけ使える関連季語を使った俳句例をいくつか作ってみました。

※全てオリジナル作品なので、当サイト「Office Exitの戦略」に許可なく無断使用・転載することを禁じます。

命(いのち)が育む 青梅雨の 美しき

解説:降りしきる雨の中で木々の上に幾度となく滴るシズクにもめげずに受け止める生命の美しさを表現してみました。
まさに宮沢賢治の「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」の詩を思い出させるような過酷な状況の中でも、木々たちは精一杯生きている姿は美しいと思わざるを得ません。また、滴る光景もこの雨季ならではの独特の日本美があります。

梅雨に 消されぬ心 復興の灯

解説:時に激しい雨風を伴った天気が続くことがありますが、それでも震災の心が癒えない被災地では前向きに心の灯を消さずに復興に取り組んでいる姿を現しています。
宮城県や岩手県に限らず特に北九州では大量の雨が降ることが予想されるため、地盤が弱くなりやすい傾向にあります。くれぐれも二次災害や三次災害が発生しないことを祈るばかりですね。

り梅雨 南は鬱に 北寒し

解説:雨季の訪れを予感させる突然の雨にもっとも梅雨入りが早い沖縄や九州に住んでいる人は敏感なもの。そろそろ雨季に入ったことを悟ると気持ちが落ち込むものですが、同じ日本でも北では依然として晩春の寒さの中にある情景を表現しています。同じ日本でも南と北では意識に違いがあるものですが、熱帯太平洋で見られる気候変動現象「エルニーニョ現象」のおかげで初めての令和の夏では意外と涼しい夏を過ごすことができる可能性がありますね。

揃い 紫陽花の花 色鉛筆

解説:紫陽花の花は土壌の性質によってそれぞれ色を変える特徴がありますが、まさに子どもの持っている色鉛筆を見ているような気持になる光景を表現しました。
紫陽花というのは本当に不思議なもので同じ園内で生息している場所が数メートル離れているだけで青・紫・ピンクと全く違う色になることも珍しくありません。

糸梅 鬱にならずに きらり咲く

解説:金糸梅の花言葉に「悲しみを受け止める」や「きらめいている」がありますが、人間の心が落ち込んでいく一方で金糸梅だけはここぞとばかりに前向きに「きらめいて黄色に輝いている」情景を表しています。
ちなみに金糸梅(キンシバイ)は江戸時代に中国から渡来した半常緑低木で極端に乾いた土壌を嫌う性質があり、古くから観賞用として愛されています。



梅雨に関する豆知識

YOSAKOI祭りここでは、併せて知っておくとさらに俳句を作る上で季語に対する理解が深まると思うので豆知識をご紹介しておきます。

北海道は梅雨入りしない?

冒頭の章で紹介した令和元年5月7日時点に発表された気象庁の梅雨予想を見ると、南から沖縄~九州~四国~近畿~関東~東北ときたのに「北海道」の名前がなかったことにお気づきでしょうか。

梅雨は暖かい南の空気に押された「梅雨前線」が、本州をなぞるように北上し、北上するごとに徐々にスピードを高めていきます。

しかし、本州を通って東北に差し掛かる頃には前線の勢力が弱まり、北海道に達する前に自然消滅。そのため、北海道では前線の影響をほとんど受けることがないことから梅雨入りしないというわけです。

6月になると北海道では「YOSAKOIソーラン祭り」が開催されホエールウォッチング、ラベンダー観光、ウニの解禁と見どころが多いため、6月にどうしても旅行に行きたい方は北海道がおすすめ。

なぜ「梅」の雨と書くの?

季節や前線を表す名前として「梅」が使われているのは不思議ですよね?だいたいは「寒」「暖」「秋」などの名前が入っていることが多いです。

「梅」に雨と書くようになった由来は、中国語の「梅(梅が熟する頃)」雨が語源と言われており、おもに揚子江沿岸で使われていた用語。

湿気の「露(つゆ)」や「黴(カビ)」などが語源という説もありますが、後付けされたもので「語源俗解」だという見方がされています。

また梅雨前線は、暖かい気団と冷たい気団の勢力が等しくほとんど移動しない状態で接触した場合に発生する前線「停滞前線」の一種。

そのため、暖かい気団と冷たい気団の勢力図が変化すればそれに合わせて前線も特定の地域で停滞したり、急にスピードを上げたりするのはそのためです。

梅雨を乗り切る便利アイテム

風情があり美しさもあるこの雨季ですが、実生活をするうえでは仕事に家事と雨が降っていることで大変な思いをすることがあります。

ここでは、雨季に大活躍するアイテムを3つ紹介いたします。

💡傘「Unnurella biz」

この時期に外出する際に欠かせないのが「傘」。現代人にはスマホが欠かせないため柄付きの傘ではなく、折り畳み傘を持っている方も多いでしょう。

でも折り畳み傘の不安要素は「水滴」ではないでしょうか。水滴がついたまま収納するとバッグやリュックの中はビショ濡れになるのは嫌ですよね。

2016年にデビューしたこの「Unnurella biz」最高水準の撥水機能を持っているため、使用後にたった一振りするだけで水滴が全てなくなります。迷惑な水滴とはこれでおさらばして快適な外出をサポートしてくれることでしょう。

ワールドパーティー(Wpc.) 雨傘 長傘 ネイビー 65cm レディース メンズ ユニセックス 超撥水 アンヌレラ UN-1003 NV

💡アイリスオーヤマ 窓枠物干し

雨が降ってお母さんが困ることと言えば洗濯物を屋外に干すことできない点。一軒家には室内干しのスペースが設けられていることもありますが、まだまだ全ての戸建て・マンションには普及していないのが現状です。

そんな時におすすめなのが室内用の物干しポール。しかもこれはただの物干しではなく「窓枠」に取り付けることができる物干しポール。

狭いマンション・アパートや洗濯物が多い家庭には欠かせないアイテムになること間違いなしで、窓枠に支柱ポールを2本取り付けるだけで簡単に室内干しをすることができます。

また、窓枠じゃなくても床と天井に支柱を設置することができるため、普段使わない部屋のスペースを有効活用することが可能。

【テレビ放映商品】アイリスオーヤマ 物干し 窓枠物干し 幅110~190×奥行37×高さ190~260cm MW-260NR

💡アイリスオーヤマ 靴乾燥機

連日の雨で湿気は高くダニ・カビ臭さで頭を悩ませることがあります。また雨が降っていると仕事や遊びに出掛ける際の靴も限られてしまうのではないでしょうか?毎日そこの高いゴムブーツばかり履いていたら足が蒸れてしまいますからね。

しかし、「靴乾燥機」はスニーカーでも革靴でも子供の体育シューズでもすぐに乾かすことができ、除菌効果付きなのでイヤなにおいを分解消臭してくれる代物。

コーデによっては合わせて履きたいスニーカーも、臭いが気になる子どもの靴もこれ一個あれば重宝することは間違いないでしょう。

アイリスオーヤマ 靴乾燥機 ダブルノズル オゾン 脱臭 SDO-C1-C

NHK全国俳句大会に挑戦への道のり

努力つい先日、5月10日にあらかじめ句を応募しておいた全日本情報学習振興協会が主催する「令和川柳コンテスト大会」が締め切られました。

入賞すれば賞金がもらえますが、今はとりあえず令和元年5月28日(火)の発表待ち。今回はすでに締め切られていますが、全日本情報学習振興協会ではこうした俳句や川柳コンテストで賞金が出ることが多いので興味のある方はご覧になってみると良いでしょう。

しかし、「春の季語と令和を使った俳句例/NHK全国大会に挑戦するまでの道のり①」でも紹介しましたが、当ブログで俳句記事を書いているのは、令和2年1月3週目に東京・渋谷にあるNHKホールで開催される「NHK全国俳句大会」での入賞を目指しているからです。

句を楽しむ方法はたくさんありますが、こうした大会やコンテストが目標にあると緊張感が出てくるのでまたより一層、自分に追い込みをかけて良い句がかけるよう絞り出していこうと思っています。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。