2019年下半期の映画・アニメ公開予定!注目おすすめランキングTOP10

映画館の映写機②



2019年の上半期は個人的にも期待していた「アラジン」「ライオンキング」「トイストーリー4」「蒼穹のファフナー」が公開され、劇場動員数が優秀で高い興行収入をもたらした話題作から予想と反してコケてしまったものまでさまざまでした。

 

今回は下半期に見逃せない公開予定となっている作品の中から注目おすすめ映画・アニメランキングTOP10をご紹介します。



2019年上半期の興行収入ランキング

映画館の映写機上半期は春休み・ゴールデンウィーク・夏休みがあることから子ども向けのアニメが毎年、たくさん公開されることが通例となっています。

 

今年も3月~4月にかけて「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「名探偵コナン」がそれぞれ公開されました(^^♪

 

7月~8月にかけては続編はないとまで言われていた「トイストーリー4」や、実写化で注目されていた「アラジン」、そしてリアルな映像美が冴えわたっていた実写版「ライオンキング」とまさにアニメ尽くしの印象w

 

💡しかし、その裏で公開からわずか2ヵ月で日本市場の興行収入No.1まで登りつめたのが新海誠監督の話題作「天気の子」。主題歌を歌ったRADWIMPSの楽曲「愛にできることはまだあるかい」も頭から離れないですね~(*´з`)

 

子どもから大人まで見れる作品だと思いますがそれにしても短い梅雨シーズンに合わせて公開されたのにここまで人気が爆発するのは珍しいのではないでしょうか!

 

▼2019年上半期の興行収入ランキング▼

順位 映画 公開日(日本) 興行収入(日本市場)
1 天気の子 7月12日 127.2億円
2 実写版アラジン 6月7日 121.3億円
3 トイストーリー4 7月12日 99.3億円
4 名探偵コナン 紺青の拳 4月12日 93億円
5 実写版ライオンキング 8月9日 62.7億円
6 アベンジャーズ4エンドゲーム 4月26日 61.1億円
7 実写版キングダム 4月19日 56.9億円
8 ONE PIECE STAMPEDE 8月9日 52.3億円
9 ドラえもん のび太の月面探査記 3月1日 50.2億円
10 マスカレードホテル 1月18日 46.4億円

「pixiin.com」より引用

ディズニー名作「アラジン」「ライオンキング」やピクサー「トイストーリー」などは全世界での興行収入があるので、全体としては上回っていますが国内だけでなくトロント映画祭にまで新海誠フィーバーがすごいことになってます(*´з`)

 

ちなみにランキング10位のうち、7つがアニメという結果(^^♪

今さら聞けない!興行収入ってなに?

映画に没頭する親子作品がどれだけたくさんの人に観られたかを示す”興行収入”って皆さん、1度は聞いたことあると思いますが何となくうろ覚えになっている方もいると思うのでおさいらしておきましょう(^^♪

 

💡ズバリ、興行収入とは”入場料金のみ”を合計したものです。

1999年までは売上ランキングを示す際は”配給収入(配給会社の取り分のこと)”が使われていましたが、「配給収入が10億円以上はヒット作!」というわけの分からない風潮があり閉鎖的かつ不透明な領域が多かったため2000年に廃止されました。

 

2000年以降は世界の基準にならって”興行収入”という見た目も内容もシンプルな基準が採用されているんですね(*´з`)

 

一般的には公開週~3週目あたりが1番、興行収入が高い傾向にあり週が過ぎるごとに客足は遠のいていき、最後は上映が終了されます。

 

ちなみに、観終わったあとに出口に行くとパンフレット・コップ・人形・ペンなど関連グッズが販売されていますが皆さんも購入した経験があると思います。

 

このグッズは興行収入には含まれず通常の劇場収入として扱われます。館側がグッズ販売手数料を差し引き、グッズの発売元が手にする仕組み♪

2019年下半期の映画・アニメ公開予定/おすすめランキングTOP10

「天気の子」4D版

令和元年9月27日(金)公開予定

7月19日に公開されてからわずか2ヵ月足らずで上半期に公開された全ての作品の興行収入を超えてしまった新海誠監督の新作・天気の子。

 

主題歌を歌っているRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」のフレーズが頭にくっついて離れない今日この頃ですが、なんと“4D”版の上映がスタートするようです!(^^)!

 

ツイートのあるようにポスターに虹色が加えられておりリニューアルした様子を見ることができます。通常3D版を見た方も見そびれた方もよりリアルで鮮明な4Dで「新海ワールド」を存分に堪能してみてはいかがでしょうか(*´з`)

 

まだ見てない方はこちらがおすすめ≫
天気の子 complete version (完全生産限定BOX)(CD+DVD+ARTBOOK付)

「記憶にございません!」

令和元年9月13日(金)公開予定

主演・中井貴一さんが最近バラエティによく登場することでよく目にする機会があると思いますが「このクソヤロ~がぁ!」のフレーズが印象的だった方も多いのでは!(^^)!

 

社会風刺をコメディタッチで描く鬼才・三谷幸喜の新作で今回のテーマは”政界”

 

国民から嫌われ暴言を吐きまくり史上最低の支持率を叩き出した総理大臣がある日、市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失になってしまいます。

 

一夜にして悪徳政治家が純粋で素朴なおじさんに変貌してしまった彼は家族・大臣たちに記憶を失ったことを隠し通し、直近の秘書官たちの力を借りて現状を維持しようとするもツギハギだらけの彼は一体どうなってしまうのか…?!

「アド・アストラ」

令和元年9月20日(金)公開予定

日本ではCMの影響で宇宙人との連想イメージが強く馴染みのあるトミー・リー・ジョーンズが父親役として登場、地球から43億キロ離れた太陽系の彼方に捜索に出かける息子役はブラッド・ピット。

 

消息を絶って死んだと思われていた父は太陽系の彼方で生きていた。そんな、人類の未来をかけたミッションに抜擢されたのはなんと息子だった-。

 

父に会った息子は愕然としました。父は確かに生きていたが、それは人類を滅ぼす脅威としてだった…。

 

出演者が豪華でその他にはルース・ネッガ、リヴ・タイラー、ドラルド・サザーランドが出演しており、インターステラー以来の宇宙モノのヒット作になるか期待できますね!(^^)!

「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」

令和元年9月27日(金)公開予定

数々のヒット作品を生み出した田中芳樹の代表作でSF小説「銀河英雄伝説」のアニメ化。

 

本伝10巻、外伝5巻で累計1500万部のセールスを記録し、現在でも高い人気を誇っていることから2018年4月に初版となる「銀河英雄伝説 Die Neue These」が公開されました♪

 

そして、今年セカンドシーズンとなる「星乱」(第13話~第24話)が【第一章:令和元年9月27日(金)】【第二章:令和元年10月25日(金)】【第三章:令和元年11月29日(金)】イベント上映されます。

 

時代設定や人間関係が少し複雑ですが銀河英雄伝説ファンだけでなく、これから新しく見る方もアニメシリーズで復習してから上映に足を運べば楽しめる作品だと思います(*´з`)

 

まだ過去作品を観てない方はこれでコンプリートできます♪

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 1

「ジョーカー」

令和元年10月4日(金)公開予定

コメディアンを夢見るアーサーは孤独で周りから敬遠されていた。しかし、世の中に絶望した彼はピエロのマスクを捨て悪のカリスマに変貌してしまう。

 

悲劇とコメディ、その表裏一体の現実社会を描き、人間の心に潜む恐怖と悪、そして愛の有象無象を描いた作品だと思います(*´з`)

 

グラディエーターでアカデミー賞ノミネートされたホアキン・フェニックスの演技に注目が集まっており、予告編を見ただけで魂を揺さぶる演技を体感することができますね~。

 

これは個人的にも劇場に足を運んで観てみたいと、直感的に感じてしまいました!(^^)!

「最高の人生の見つけ方」

令和元年10月11日(金)公開予定

モーガンフリーマンとジャックニコルソンが演じた名作「最高の人生の見つけ方」の日本リメイク版。

 

平凡で大真面目な主婦と、大金持ちの女社長は絶対に価値観の異なる人種だった。しかし、ある日余命宣告を受けて同じ病院の病室で出会い、お互い”死”への過ごし方を見つけられないでいた。

 

しかし、同じ病院にいた12歳の女の子が持っていた「死ぬまでにやりたいことリスト」に衝撃を受けた2人は自分たちで計画を立てて実行することを決断する。

 

お互い自分の殻を破って生きる楽しさや幸せの形に気付いた2人を取り巻く人間環境は、劇的に変化し最後にある奇跡が起こった-。

 

主演は日本版の名女優・吉永小百合(主婦役)さんと天海祐希(金持ち役)さん。見ているとなんだかほっこり温かい気持ちになれる作品ですね!(^^)!

「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」

令和元年11月8日(金)公開予定

「日本キャラクター大賞2019」でグランプリ受賞し、いま小中学生の女子から圧倒的な人気を集めているすみっこぐらし初となるアニメ化。

 

お馴染みのキャラ”しろくま””とかげ”達はある日、絵本の世界の中に吸い込まれてしまいます。絵本の世界の中で出会ったのは自分が誰なのかも分からない1人ぼっちのひよこ…?

 

そんなひよこを助けようとすみっこ達はお手伝いをしますが肝心のすみっこ達は迷子になってしまいます。しかし、じぶんさがしちゅうを合言葉にみんなで力を合わせて乗り切るハートフルストーリー!(^^)!

 

小さい女の子がいるご家庭ではすでにご存じだと思いますが、大人が見ても可愛いと思えてしまうのがすみっこの魅力ですよね(*´з`)

「アナと雪の女王2」

令和元年11月22日(金)公開予定

2013年に公開されてから世界中で興行収入や主題歌が大大ヒットした「アナと雪の女王」の続編となる「アナと雪の女王2」がいよいよ、11月22日に公開されます!(^^)!

 

前作では姉妹が心を通わせ王国を救いましたが姉妹の物語はまだ終わっていなかった。エルサが生まれ持ってしまった能力がある精霊を目覚めさせてしまう…!

 

なぜエルサはその力を与えられたのか…?その原点に迫る物語で、下半期に公開される作品の中でも特に世界からの注目度が高いと言えるでしょう(^^♪

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

令和元年12月20日(金)公開予定

はるか銀河系の彼方で繰り広げられるスカイウォーカー家とサーガの結末は光と闇のフォースを巡る決戦に託された-。

 

祖父・ダースベイダーの意思を引き継いで銀河系の支配者になったカイロ・レンと、ルークスカイウォーカーの意思を引き継ぎフォース覚醒したレイ。

 

この運命的とも言える2人の決着は…?また彼らを待ち受ける運命とは…。

 

最近、少し興行収入が減少傾向にあるスターウォーズシリーズですが、どんなエンディングを迎えるか監督J.J.エイブラムスの手腕に期待が高まります!(^^)!

「ぼくらの7日間戦争」

令和元年12月公開予定(※詳細未定)

角川文庫にて1985年に刊行された「ぼくらの七日間戦争」を原作として現代リメイク版アニメ。

 

宗田理が手掛けるぼくらシリーズは累計2,000万部を突破しており、時代の古さなど微塵も感じられないほどいつの時代にも愛されてきた作品です。

 

今作は監督に村野佑太さんを迎え角川書店2019年渾身の作品になるのでは?と個人的には楽しみにしていますよ!(^^)!

まとめ

今回はここまで2019年下半期に公開予定のアニメ・映画のおすすめランキングTOP10を紹介してきました。

すでに公開されているものも含まれていますがいずれも注目されている話題作ばかりで、是非時間を作って劇場に足を運びたいですね(*´з`)

個人的には「ジョーカー」「ぼくらの7日間戦争」は絶対に映画館に行きたいなぁと思っていますよ!(^^)!


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。