NHK「にほんごであそぼ」に出てくる落語の「じゅげむ」が頭から離れない

落語





小さいお子さんがいる家庭では朝や夕方にNHKをご覧になる方が多いと思います♪

NHKのEテレなんかはこどもが夢中になる歌や踊りが楽しくて、また日本語を使った言葉遊びなどの番組は大人が見ていても勉強になることがありますよね。

我が家でも子供が小さいころに、よく一緒に見ていましたが、子供が暗記した落語を披露する「ちょちょいのちょい暗記」というコーナーで聴いた、「ポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」という言葉遊びに子供と一緒に夢中になったことがあります。

今回はそのNHKのにほんごであそぼに登場する「じゅげむ」について、登場するほかの落語もあわせて一緒にご紹介します。


じゅげむってなに?

寿限無(じゅげむ)は古典落語のひとつ

寿限無とは、もともと落語家が前座をするときによく使われた古典落語のことです。

駆け出しの落語家にとって教科書的な存在で、暗記技術を磨いたり、人物の演じ方など基礎訓練のために使われていたそう。

覚える時間は人によってさまざま。

小学生の子供なら5分くらいで覚える場合もあれば、私の場合は1日10分くらい子供と寿限無の言い合いっこをして、1週間くらいで記憶してました。

それ以外にも早口言葉として昔、子供たちに馴染みがあったことから、小さいお子さんのおじいちゃんおばあちゃん世代は普通に落語として知っている場合が多いと思います。

 

ちなみに、2019年3月24日に福島で行われた「笑門来福四人会」では、笑点の司会として有名な春風亭昇太さんが寿限無を披露したそうですよ♪
笑門来福四人会ポスター2

じゅげむの歌(全文)

※寿限無の全文を載せておきます。漢字が難しいのでフリ仮名付き。

寿限無

寿限無、寿限無

五劫(ごこう)の擦り切れ

海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の

水行末(すいぎょうまつ) 雲来末(うんらいまつ) 風来末(ふうらいまつ)

食う寝る処(ところ)に住む処(ところ)

藪(やぶ)ら柑子(こうじ)の藪柑子(ぶらこうじ)

パイポ パイポ パイポのシューリンガン

シューリンガンのグーリンダイ

グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの

長久命(ちょうきゅうめい)の長助(ちょうすけ)

 

繰り返し声に出して読んでいると、ちょっと病みつきに♪
ちなみに、最後の「パイポパイポ~」の下りは、簡単すぎてすぐ覚えてしまいます。笑

意味の分からない漢字群が多いので、簡単に解説しておきます。

 

「五劫の擦り切れ」…天女が水浴びをする時に岩の表面が擦り切れるさまを「一劫」と数え、それが5劫擦り切れるまで40億年かかる。永久に近いほど長い時間を表してます。

「海砂利水魚」…無数にある海の砂利や、魚のこと。

「水行末 雲来末 風来末」…水雲風の行く先は果てしないこと。

「藪ら柑子の藪柑子」…縁起の良い藪柑子のこと。

「パイポ パイポ ~ ポンポコナー」…おとぎ話のパイポ王国の王様が長生きをしたという意味。

「長久命の長助」…長く助けるという意味。

 

ここまで説明してくるとなんだか縁起の良い話しなのかな?となんとなく気付くと思います。

生まれた子供が長いものが縁起が良いので、始まめの「寿限無」~最後の「長助」までが1つの名前で、とにかく長い名前をつけたらという落語。

 

臨済宗妙心寺派「大本山妙心寺」の住職:花岡博芳さんは法話アーカイブの中で以下のように語っています。

ところで、寿限無はどういう意味なのか。(コトブキにカギりナシ)とフリガナをつけたのでは、意味がよくわからない。「寿」は「いのち」と読むのことが仏教では多いので、ここはぜひとも(イノチにカギりナシ)と読んでほしい。でも、生命はひとつきりで、だれにだって限りはある。なのに限りがないという。なぜか?

こう考えたらどうだろう。今のあなたのまわりにあるほとんどのものは、あなたが考えだしたものではないし、あなたが直接作ったものでもない。だれかが苦労して作り、それが人に教えられ、進歩して今、あなたのまわりにある。もしかしたら、それを考えだした人は、亡くなってしまってこの世にいないかもしれない。でも、何年も何十年もむかしの、顔も見たことのない誰かの仕事に助けられて、あなたは今生きている。生命に限りはあっても、その人が作った仕事や技術に限りはない。いのちにかぎりがない寿限無というのは、このことではないでしょうか。

とても、解釈が深いですよね、考え出した人間が亡くなって、その考えがまた違う人を助けてくれてその繰り返しが今の世の中を構成しているという。

ほかにもこの物語をもとに、三笑亭夢之助さんの「寿限たら」、三遊亭白鳥さんの「スーパー寿限無」など物語を派生させたものがたくさんあります。

興味のある方は柳家三三さんの「寿限無」動画が分かりやすいので紹介しておきます。

NHKちょちょいのちょい暗記に登場する言葉遊び

十二ヶ月

旧暦の月を表すことば遊び。

十二ヶ月

睦月(むつき)…1月
如月(きさらぎ)…2月
弥生(やよい)…3月
卯月(うづき)…4月
皐月(さつき)…5月
水無月(みなづき)…6月
文月(ふみづき)…7月
葉月(はづき)…8月
長月(ながつき)…9月
神無月(かんなづき)…10月
霜月(しもつき)…11月
師走(しわす)…12月

日本の豊かな季節を感じる言葉なので、せめて自分の誕生日だけでも知っておきたいですね♪

論語(ろんご)

中国の孔子の言葉。

論語

吾(わ)れ十(じゅう)有(ゆう)五(ご)にして
学(がく)に志(こころざ)す
三十(さんじゅう)にして立(た)つ
四十(しじゅう)にして惑(まど)わず
五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知(し)る
六十(ろくじゅう)にして耳(みみ)順(したが)う
七十(しちじゅう)にして心(こころ)の欲(ほっ)する
所(ところ)に従(したが)って、矩(のり)を踰(こ)えず

言葉から意味がなんとなく読み取れますが、15歳で道を決める、30歳で基礎を作る、40歳で自信を持つ、50歳で天職と納得する、60歳で他人の意見がわかる、70歳で節度を失わなくなる。という素敵な言葉。

「雨ニモマケズ」

宮沢賢治の有名な詩。

「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ(雨にも負けず)
風ニモマケズ(風にも負けず)
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ(雪にも夏の暑さにも負けぬ)
丈夫ナカラダヲモチ(丈夫なからだをもち)
慾(よく)ハナク(慾はなく)
決シテ瞋ラズ(決して怒らず)
イツモシヅカニワラツテヰル(いつも静かに笑っている)
一日ニ玄米四合ト(一日に玄米四合と)
味噌ト少シノ野菜ヲタベ(味噌と少しの野菜を食べ)
アラユルコトヲ(あらゆることを)
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ(自分を勘定に入れずに)
ヨクミキキシワカリ(よく見聞きし分かり)
ソシテワスレズ(そして忘れず)
野原ノ松ノ林ノ陰ノ(野原の松の林の陰の)
小サナ萱(わら)ブキノ小屋ニヰテ(小さな萱ぶきの小屋にいて)
東ニ病気ノコドモアレバ(東に病気の子供あれば)
行ツテ看病シテヤリ(行って看病してやり)
西ニツカレタ母アレバ(西に疲れた母あれば)
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ(行ってその稲の束を負い)
南ニ死ニサウナ人アレバ(南に死にそうな人あれば)
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ(行ってこわがらなくてもいいといい)
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ(北に喧嘩や訴訟があれば)
ツマラナイカラヤメロトイヒ(つまらないからやめろといい)
ヒデリノトキハナミダヲナガシ(日照りの時は涙を流し)
サムサノナツハオロオロアルキ(寒さの夏はおろおろ歩き)
ミンナニデクノボウトヨバレ(みんなにでくのぼーと呼ばれ)
ホメラレモセズ(褒められもせず)
クニモサレズ(苦にもされず)
サウイフモノニ(そういうものに)
ワタシハ(わたしは)
ナリタイ(なりたい)

作:宮沢賢治  出典:心に残る人生の名言より

宮沢賢治の亡くなったあとに見つかったと言われる詩である種の達観した考え方です。
これを幼い子供が無邪気に読んでいるのを見ると、感慨深いものがありますよね♪

 

「ちょちょいのちょい暗記」では、これまで扱ってきた落語や早口言葉にたくさんの種類があり、暗記しやすいようにオリジナル・カラオケが収録されたCDが発売されています。

 

商品概要
Eテレのキッズ番組内のコーナー”ちょちょいのちょい暗記”の音源CD。中村勘九郎さんの「魚づくし」はCD初収録! 発売日:2015年6月24日
収録曲
1.モシャシャ(10級)
2.春の七草(10級)
3.え~と(十二支より)(9級)
4.数えうた(9級)
5.がらぴい(8級)
6.いろは!(8級)
7.寿限無(8級)
8.じゅうにかげつ(7級)
9.吾れ十有五にして…(7級)
10.賀寿(6級)
11.一番始めは…(6級)
12.相撲の決まり手(5級)
13.いちじゅうひゃくせん(5級)
14.魚づくし(4級)
15.月のうた(4級)
16.1より小さいかず(3級)
17.ベベンの二十四節気(2級)
18.東海道五十三次宿場町(1級)
19.雨ニモマケズ ~歌で覚える名文~(ボーナストラック)
20.おくのほそ道 ~春~ ~歌で覚える名文~(ボーナストラック)
21.うなりやベベンの平家物語 ~歌で覚える名文~(ボーナストラック)
22.おくのほそ道 ~夏~ ~歌で覚える名文~(ボーナストラック)
23.ベベンの方丈記 ~歌で覚える名文~(ボーナストラック)
24.モシャシャ(カラオケ)
25.がらぴい(カラオケ)
26.いろは!(カラオケ)
27.寿限無(カラオケ)
28.じゅうにかげつ(カラオケ)
29.吾れ十有五にして…(カラオケ)
30.いちじゅうひゃくせん(カラオケ)
31.月のうた(カラオケ)
32.1より小さいかず(カラオケ)
33.雨ニモマケズ(カラオケ)
34.おくのほそ道 ~春~(カラオケ)
35.うなりやベベンの平家物語(カラオケ)
36.おくのほそ道 ~夏~(カラオケ)
37.ベベンの方丈記(カラオケ)

 

一時期はまっていた時に私も子供のために買いました(^^♪

実は、ウチの子供はかなりの内弁慶で人前でどんどん喋るようなことはなく、友達はいるんだけど基本的に話しかけられたら、返すという繰り返し。

親としては性格だから仕方ないけど、でも自分の主張をすることなく、ただ黙っているだけでは損な人生になると思い、たまたま子供が興味を持った「ちょちょいのちょい暗記」をやらせてみることに。

そしたら興味を持ってどんどん聴きながら覚えるたびに、少しずつ子供の表情に変化がありました(^^♪

覚えた落語や早口言葉を、毎日浴びせられる日々は少し大変でしたが(笑)、でも少し得意なものができて自信を持った様子に安心を覚えました。

あと、それぞれ10級~1級まで難しさによって分けられているので、10級から初めてクリアするたびにシールなどご褒美をあげると次も意欲的に頑張ってくれます♪

 

参考程度にAmazonのレビューも掲載しておきますので、興味があればどうぞ!(^^)!
ちょちょいレビュー①
ちょちょいレビュー②
ちょちょいレビュー③

ちょちょいのちょい暗記は知育に役立つ

当然、たくさんの記憶をすることは脳を鍛えることになるのは、なんとなく想像できますよね。

 

「ちょちょいのちょい暗記」監修の明治大学教授:齋藤孝さんによると、

子どもは覚えたことを言うのが大好きです。
意味のあるものもそうでないものも、どんどん覚えて人に言いたくなってしまう、そんな子どもの“覚えて言いたい欲求”に火をつけようというのが「ちょちょいのちょい暗記」のねらいです。

確かに子供の興味を刺激するし、子供って覚えた自分に自信をもつものですよね。

勉強にしても、運動にしても何にしても、そのチャレンジ精神→自信が次のステップアップに繋がることは大人でもよくあること。

いつか、早口言葉を忘れるかもしれないけど、今はどんどん覚えて色んなことに興味を持つ子供の成長を見守るのはとても楽しいことです(^^♪

ほかにもこんなじゅげむがある!?

こちらは例外的ですが、じゅげむの知名度の高さからジャンル問わずに色んなところに利用されている例をあげてみました(^^♪
やはり、縁起の良い名前として持つ意味合いが強いことが分かります。

・特別養護老人ホーム寿限無

・デイザービスセンター寿限無

・海砂利水魚(お笑い芸人:現くりーむしちゅー)

・美食ダイニング寿限無(秋田県)

・ラーメン店「寿限無」(京都と東京小岩にもある)

・電子図書サービス「経葉デジタルライブラリ」の株式会社寿限無

・ホームメイト寿限無(北九州市にあるマンション)

・アニメ「こち亀」の挿入歌

・大阪市の小学生がロボット「ペッパー」に寿限無をプログラミング

挙げるとキリがないのですが、これだけジャンル問わずに色んなところで親しまれているんです!(^^)!

なにより、この落語には著作権がないので、誰でもフリーに使えるというところも魅力の1つかもしれませんね。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。