令和の初日の出を拝める全国のスポットまとめ一覧/歴史やロマンのあるゆかりの地から

榛名山②



明日4月30日はいよいよ平成時代が終わり「令和」へのカウントダウンが始まります。

今回は縁起の良い「初日の出」をご覧になる予定の方向けに、全国47都道府県の中からおすすめの日の出スポット一覧をご紹介します。


令和の初日の出スポットまとめ一覧

それではさっそく全国の初日の出スポットを見ていきましょう!北から順番に掲載しています。

※写真は「RETRIP」写真サイト「PIXTA」を参照しています。

【北海道】

納沙布岬
写真は納沙布岬

沙布岬(のさっぷみさき)
北海道の根室市にあるロシアからもっとも近い納沙布岬。離島を除いたもっとも東に位置する岬で、原生林の中を抜ければ見晴らしのよい景色が一望でき、全国的にも日の出が早いことで有名なスポット。

根室市から車で約30分と離れた場所にありますが、当日は世紀の初日の出を拝もうと人が殺到することが予想されます。

谷岬(そうやみさき)
北海道の最北に位置する稚内市にある宗谷岬。目の前にはサハリン・樺太が広がっており、新春の豪快で花火が上がる初日の出スポットとして有名。

宗谷海峡の遠くに広がる雲の中から日の出が出てくる姿は幻想的で、日本の中でも類を見ないほど透明感があふれています。

【青森県】

葦毛崎
写真は葦毛崎展望台

毛崎展望台(あしげざき)
東北地方の中でも早く日の出を迎えることで知られており、絶壁の展望台から見える日の入りは妨げになるものが何もなく、水平線から昇ってくる様子をじっくりと拝めることができるスポット。

日のオレンジ色と海の青いグラデーションが思わず言葉を失ってしまうほどの美しい「初日の出」が見れると評判になっています。

嶋神社(かぶしま)
蕪嶋神社は高台の上にあるウミネコの繁殖地として有名で、国の天然記念物にも指定されている有名スポット。高台は岬に比べて危険が少ないめ小さいお子さんがいる家庭では安心して行けるのではないでしょうか。

初日の出を拝んだあとは神社でもお参りしていくことをおすすめします。

【秋田県】

天王グリーンランド
写真は十和田湖

王グリーンランド(道の駅てんのう)
秋田県は太平洋に面していないため絶景のスポットと言うのは少ない中、高台にある天王グリーンランドは日本海が一望できる有名なスポット。

県内でも有名なので令和の初日の出を拝みにたくさんの人が殺到することが予想されるので、どうしてもご覧になりたい方は早めに出掛けることをおすすめします。

和田湖(とわだこ)
湖畔から見える初日の出の赤い色が水面に反射し、何とも言えない幻想的な世界を見れることで有名なスポット。展望台や岬とはまた一味違った雰囲気を味わうことができます。

また、カメラに収めるには最適な場所で、幻想的で本格的な写真を撮りたい方にもおすすめ。

【岩手県】

碁石海岸

石海岸(ごいしかいがん)
碁石海岸は国の名勝・天然記念物に指定されている景勝地で、切り立つ岸壁に激しく打ち寄せる波が有名な日の出スポット。毎年、元旦には多くに見物人で賑わうことから4月30日の令和の初日の出を迎える日も多くの人が訪れると予想されます。

また、波の浸食によってできた洞門・穴通磯は幻想的な風景で、多くのカメラマンが殺到するでしょう。

【山形県】

眺海の森

海の森(ちょうかいのもり)
山形県も太平洋に面していないため岬や展望台など絶景スポットはないですが、眺海の森は田園風景に最上川、そして日本海を見渡すことができる素晴らしい夕日のスポット。

近くにはテニスコートやグランドゴルフ場や、キャンプ場、マウンテンバイクなど家族と一緒にアウトドアを楽しみながら初日の出を拝むのもまた良いですね。

【宮城県】

岩井崎
写真は岩井崎

井崎(いわいさき)
気仙沼の景勝地で毎年元旦にはおおくの見物人が訪れる有名な日の出スポット。太平洋に面している宮城県の中でも有数の場所で、宮城県は復興が進んでいる地域が多いのでみなさんが複雑な気持ちで令和を迎えることになるかもしれませんね。

高台ではないため小さいお子さんやおじいちゃんおばあちゃんも訪れやすいのが人気に理由です。



波山(あんばさん)
気仙沼市にある標高は239mの高台にある安波山。気仙沼のシンボル的な存在で、気仙沼市を一望できる日の出スポット。

令和の日の出と一緒に気仙沼の街並みを眺めるのもまた贅沢な時間になるのではないでしょうか。

【新潟県】

水の駅 ビュー福島潟
写真は水の駅-ビュー福島潟

の駅 ビュー福島潟(ふくしまがた)
ハクチョウの飛来スポットとしても有名で時期になると国の天然記念物の「オオヒシクイ」や「白鳥」を見ることができる水の駅ビュー福島潟。

令和の日の出とハクチョウのコラボが見られればレアな写真になることは間違いないでしょう。

峠の棚田(ほしとうげのたなだ)
十日町を代表する棚田でその上に雲海が発生して、鏡のような幻想的な世界に包まれることで有名な日の出スポット。

雲海は冬場の寒い時期にしか現れませんが、200以上の棚田の上から眺める景色は爽快で絶景であることには変わりありません。

【茨城県】

五浦海岸

浦海岸(いづらかいがん)
茨城県の中でも日の入りが早いことで有名で、太平洋に面しているため水平線から昇ってくる初日の出をじっくりと眺めることができる絶景の海岸。

岡倉天心がこの地を気に入り建てた六角堂は観光スポットとなっています。

【栃木県】

那須高原展望台

須高原展望台(なすこうげんてんぼうだい)
茶臼岳の中腹にある標高約1,300mに位置する那須高原展望台。眼下に広がる絶景とともに令和の初日の出を拝むことができるでしょう。

また、恋人の聖地としても有名なので多くのカップルで賑わうことが予想されます。

【群馬県】

榛名山

名山(はるなさん)
榛名山は関東平野が一望できる高崎市のシンボル的存在。榛名湖半の高原駅からは榛名湖に映り込む日の出を眺めることもできます。

山頂へのロープウェイがあるため令和の初日の出を拝もうと多くの人が訪れることが予想されます。

【長野県】

風越山

越山(ふうえつざん)
信州百名山の1つで飯田市のシンボルとも言える風越山。登山するまでハードルが高いですが、眼下に広がる絶景は一度は見てみたい日の出スポット。

風越山の中腹にある虚空蔵(こくぞう)山からは南アルプスから昇る日の入りを眺めることができます。

【埼玉県】

天覧山

覧山(てんらんざん)
飯能市にあり低い場所に位置する天覧山。最寄駅から山頂まで徒歩約30分で行ける手軽さが人気を集めている日の出スポット。

山と言っても標高は低いのでお子さん連れでも行くことができる埼玉屈指の日の入りが見れることは間違いないでしょう。

【千葉県】

九十九里浜

十九里浜(くじゅうくりはま)
千葉県の中でもっとも人気の高い日の出スポットで、混雑していてもどの地点からでも水平線から昇る日の入りを眺めることができます。

九十九里浜に限らず千葉県は太平洋に面している地域が多いため、どの海岸からもそれなりにキレイな日の入りを見ることができるのでハズレが少ない、と言えるでしょう。

【東京都】

東京スカイツリー京スカイツリー
2012年に建てられた電波塔で東京の新しいシンボルマークとも言える東京スカイツリー。展望台に乗れる人数には限りがありますが、その絶景を見れる人は本当にラッキーではないでしょうか。

2020年東京オリンピックに向けて変わりゆく街並みと同時に、新しい「令和」の初日の出を拝む。とても情景深い体験ができること間違いなし。


葛西臨海公園西臨海公園(かさいりんかいこうえん)
東京湾に面した場所に位置する公園で、広大な敷地の園内には大観覧車や水族館なども併設されています。東京ディズニーランド方面から登る日の出はシンデレラ城とのコラボで神秘的な光景になるでしょう。

ゴールデンウィークでディズニーランドに行く方は、通りがてら日の出を眺めることをおすすめします。

【神奈川県】

城ヶ島公園ヶ島公園(じょうがしまこうえん)
神奈川県の三浦半島の最南端にある観光地で、岩場から昇る日の出の美しさを求めて訪れる人も多い日の出スポット。

神奈川も太平洋に面している地域が多く、また入り組んだ地形や風情のある観光地が多いためカメラマンには聖地とも言える場所が数多く点在しています。

由比ヶ浜比ヶ浜(ゆいがはま)
鎌倉にある神奈川有数の海水浴場としても知られている由比ヶ浜。早朝の海には日の出や空の様子が写り込むのでとっても美しい絶景になる日の出スポット。

この時期は寒くないので海岸に裸足でのんびり日の入りを待つ多くの人の姿が想像できますね。

【静岡県】

三保の松原保の松原(みほのまつばら)
静岡市清水区にある日本でも有数の三大松原。静岡は富士山が見える絶景スポットが多い中で昔から多くの人に愛され歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」や「六十余州名所図会」でも描かれています。

時代の変化を感じながら富士山越しに迎える令和の初日の出は感慨深いものがあり、特別な日の出になること間違いなしでしょう。


日本平本平(にほんだいら)
日本平は静岡市と清水市にまたがる丘陵地にあり、静岡が誇る有名な景勝地。木村拓哉さん主演の映画「華麗なる一族」でもこの日本平は登場し、美しい夜景が見れるスポットとしても名を馳せています。

ドラマでも登場した万俵家の庭園にバックには富士山、そして令和の初日の出という組み合わせは贅沢この上ないでしょう。

【愛知県】

ミッドランドスクエアッドランドスクエア
名古屋駅にあるミッドランドスクエアのオフィス棟44F〜46Fのスカイプロムナード。愛知県の中でももっとも高い場所に位置する建物で屋外から日の出を見れる人気スポット。

明日4月30日も一目見ようと県民や県外から訪れた人もその令和の日の入りを眺めることでしょう。



中部国際空港セントレア部国際空港セントレア
中部国際空港セントレアの展望所では知多半島から昇る日の出を眺めることができます。5月1日早朝は天候が悪い可能性があるため、雨が降ったらすぐ屋内に避難できるメリットがあります。

日本人だけでなく訪れた外国人も殺到することが予想されます。

【京都府】

天立橋橋立(あまのはしだて)
言わずと知れた日本三景の一つとして有名な天橋立。文珠山の山頂にある天橋立ビューランドからは南側の立橋を眺めることができ、傘松公園からは北側の天橋立を覗くことができます。

天橋立にかかる令和の日の出は感慨深いものがあり、また時代の移り変わりをカメラに収める絶好のスポットと言えます。

五老老ヶ岳公園(ごろうがたけこうえん)
舞鶴市のほぼ中央に位置している五老ヶ岳公園は、舞鶴湾と舞鶴市の眺望を眺めることができ、近畿百景の第1位に選ばれているほどの絶景スポット。

五老スカイタワーからは360°のパノラマが楽しめますが、駐車場が85台と限定されているので行くなら早い時間から行くことが必須。

【三重県】

朝陽台広場陽台広場(あさひだいひろば)
御在所岳山上の展望台から、美しい伊勢湾を照す日の入りを見ることができます。静岡とはまた一味違った富士山の側面を見ることができるかもしれません。

ロープウェイに乗れるかどうかは天候次第となりますが、新しい令和の初日の出にふさわしい絶景を見ることができるでしょう。

【和歌山県】

橋杭岩杭岩(はしぐいいわ)
東牟婁郡串本町にあり、850mにわたり大小40の岩柱が続く奇岩群。また、国の天然記念物にもなっている観光名所です。

水平線から昇る日の出と違い、沖合の大島付近にある岩間から昇る日の出は他では見られない絶景。

【大阪府】

梅田スカイビル田スカイビル・空中庭園展望台(うめだ)
大阪駅北側に広がる新たな街「新梅田シティー」の一部として誕生し、屋上にある「空中庭園展望台」からは生駒山や明石海峡などの展望を楽しむことができます。

交通アクセスが良いことからたくさんの人が殺到することが予想されますが、令和の日の出が都会のビル群を温かく包み込む情景を見ることができます。



関空展望ホール空展望ホール「Sky View」
関西国際空港の展望所として最上階に解放感のあるスカイデッキが併設され、空港島の東側や葛城山方面から昇ってくる日の出を眺めることができます。

海が美しく照らされ離着陸する「飛行機×令和×日の出」コラボが楽しめ、飛行機好きにはたまらないシーンになりそうですね。

【兵庫県】

六甲山甲山(ろっこうさん)
標高が931mある六甲山では、レトロな街並みの神戸市街を一望できる夜景名所として人気のスポット。天候が良ければ、明石海峡や関西空港まで見渡すことができます。

三大夜景と言われる神戸港と令和の日の出のコラボレーションは心に深く残る美しい情景になることでしょう。

【岡山県】

鷲羽山展望台羽山展望台(わしゅうざんてんぼうだい)
日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地。瀬戸大橋や山々が身近に見られ、それを日の入りが美しく照らす様はまさに絶景。

天気が良ければ青い海や遠方の景色まで一望することができます。

【広島県】

絵下山下山(えげさん)
夕日や広島の夜景が綺麗に見えることで人気のある絶景スポット。山頂付近まで車で行くことができ、広い駐車場も完備されているため歩くことが困難なおじいちゃんおばちゃんや身体障害者の方でも行くことができます。

広島市中心部や広島湾の島々を一望することができ、日の入りを家族と過ごすには最適な場所ですね。

【徳島県】

眉山山(びざん)
徳島を代表するシンボル山として親しまれており、徳島の街並みと海を一望することができる夕景スポットとして有名な眉宇山。

山頂まではロープウェイを利用することができ、令和の初日の出を拝むには最適な場所と言えそうです。

【高知県】

足摺岬摺岬(あしずりみさき)
高知県には多くの灯台がありますがその中でも白亜の灯台があり、水平線から昇る美しい日の出を見ることができるスポットとして有名な足摺岬。

大パノラマで太平洋を見渡すことができ、令和の日の出を眺めるのに相応しい絶景ポイントです。

【福岡県】

能古島古島(のこのしま)
人口約720人が住む能古島から福岡の街に浮かぶ初日の出を拝むことができる絶景スポット。周りに何もない景色から非常にシンプルな海と日の出を眺めることができます。

能古島はコスモスや桜の有名な地としても知られています。

福岡タワー岡タワー
福岡市のランドマークでもある福岡タワーから遠く韓国まで見えるパノラマ景色を眺望することができます。日に照らされた街並みがどこかニューヨークのマンハッタンを思わせる姿は絶景。

福岡県は「令和」の由来とも言える太宰府市の歌人・大友旅人ゆかりの地。令和の日の出が街並みを照らす姿は新しい時代を予感させる素晴らしいものになることでしょう。

【大分県】

開崎海星館崎海星館(せきざきかいせいかん)
昼でも夜でも楽しめるよう設けられた九州の東端にある天文観測施設。太平洋側の水平線から昇ってくる日の出をじっくりと眺めることができます。

また、九州では珍しい大型の60cm反射望遠鏡が設置されており、天体観察も行うことができます。

【宮崎県】

堀切峠切峠(ほりきりとうげ)
景色の良いドライブコースとして有名な堀切峠周辺から見える初日の出は、南国ムードが漂っておりとても魅力的な絶景が眺められるスポット。

タモリさんが若いころにバイクで寄った逸話がありますが、ブラタモリで再度訪れたタモリさん思い出の地としても有名です。

【鹿児島県】

重富海水浴場富海水浴場(しげとみかいすいよくじょう)
霧島錦江湾国立公園内に位置する重富海水浴場では、桜島を臨む雄大な景観を楽しむことができます。大河ドラマ「西郷どん」ロケ地としても有名。

明治時代の維新と桜島をバックに令和時代の初日の出を拝むにはうってつけの場所と言えます。

【沖縄】

ウッパマビーチッパマビーチ
沖縄でNo.1と称されることが多く広大なビーチをバックに、とても澄んだ空気の空を大パノラマに見る日の出は格別。建物やさえぎる山もなく見える世界の中にあるのは海・空のみです。

天気によって左右されることはありますが、沖縄にいる方はみんな1度は訪れる名所スポット。

初日の出鑑賞に気になる天気予報

各地にある名所で初日の出を迎えるにあたって、一番重要なのは「天気」ではないでしょうか。

残念ながら今の時点(2019年4月29日14時00分時点)では中国地方・九州地方以外は雨が降りそうな予報が出ています。

ヤフー天気予報①Yahoo!週間天気予報より引用

ヤフー天気予報②Yahoo!週間天気予報より引用

その他、気象庁が発表している「全般週間天気予報」でも5月1日の降水確率を見ると福岡・鹿児島が40%、中国地方~近畿は50%や60%、それより北部ではいずれも70%を超える予報となっているため、屋内から見れる日の出スポットや雨が降った時の対策を考えておく必要がありそうです。

まとめ

全国にあるおすすめの日の出スポットをご紹介してきました。お住いの地域から近い方もいれば遠い方もいるかもしれません。

しかし、昭和~平成~令和という1つの時代の節目として、ご来光を拝むことはこれから新しい時代を生きていく上でとても意味のあることだと思います。

ご紹介した名所はいずれも新時代を迎えるには相応しい絶景地ばかりなので、天気を気にしながら多くの人が足を運んで頂けたら幸いです。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。