令和元年の公的書類や婚姻届けの書き方/恥をかかないように知っておこう

令和の書



ゴールデンウィークも折り返し地点にさしかかり、楽しい10連休や新元号の祝福ムードが明ければさっそく仕事という現実に戻されます。

そのとき疑問に感じることが多いのが令和にまつわる「書類の書き方」

今回は公的書類や履歴書・婚姻届け、そして訂正印にまつわる知っておかないと恥をかいてしまう基本事項をご紹介します。


令和元年とは

元年とは

令和元年はいつから

2019年4月1日に管官房長官が発表した新元号ですが、実際に施行されるのは明日2019年5月1日午前0時から「令和元年」に切り替わります。

いつまで?という問いに対しては、新しい天皇陛下が退位、次に皇位継承されればまた新しい元号が作られることになっています。

また、昭和=S、平成=H、令和=Rと短縮表記されます。

令和元年は1年とイコール?

「今年はR元年」

「じゃあ来年はR1年?」

と混同されがちですが、答えは「R1年=R元年」です。R0年というのは存在しないため、元年の次は2年。従って2019年12月31日まではR元年。2020年1月1日からはR2年になります。

また、2019年4月1日~4月30日までは平成31年度ということになりますが実際に使われるケースはあまりなく事実上、幻の平成31年度になるでしょう。

そのため2019年はほとんどがR元年度となり、2019年5月1日~2020年3月31日まではR元年度。2020年4月1日からはR2年度となります。

少し違和感を感じるかもしれませんが、平成も初めは馴染むまで時間かかったと聞きます。初めは皆そう感じるのかもしれませんね。

「令」の正しい字体

R元年やR2年の違いが分かり、さっそく書類に「令和」と書き込もうと思った時に一つの疑問が生まれます。

「令」という字体は、どれが正解なのか?

「令」という字はスマホで「れいわ」を変換すると「令」となりますが、実際に「れい」という字を書く時は「、」の下に「マ」と書く人がほとんどです。

これは、「令」が楷書体で普段は書き慣れない書体であるのに対し、実際に多くの人が「、」の下に「マ」と書くのは手書き体という違いによるもの。

印刷を前提とする楷書体と、手書きで書くことを前提とする手書き体の違いがあるため、正確にはどちらも間違いではない、ということになります。

この楷書体と手書き体の相違については、常用漢字「(明朝体と筆写の楷書との関係性について)で筆写の楷書における書き方の習慣を改めようとするものではない」と記されています。

公的書類の書き方は「R」表記が一般的

書類公文書や契約書の類では西暦でなく元号(和暦)で表記されるのが一般的です。なぜ和暦表記なのかと言うとこれは憶測の域を出ませんが、考えられるのは以下の2点。

①和暦は日本古来の伝統で1979年に設けられた元号法に則しているため。また、平和を象徴する天皇制度と紐付いているため。

②和暦表記→西暦表記への変更で手間・金がかかるため

まず、①の場合は日本の暦上の伝統として後世に残していきたいから、という理由が考えられます。

現実には和暦を一度、西暦に直してから年齢計算するなど煩雑な作業は残りますが、1979年に制定された「元号法」で和暦が推奨されています。

また、国会でもこの元号法を修正・廃止するような動きも見られないため、今までずっと現状維持できているケース。

そして②は世界に遅れているから、という理由だけで公文書や契約書全てを変えるとしたら一般的にこれまでの何十年分という莫大な書類の日付も西暦に変える必要があります。

当然、莫大な手間と国家予算枠が必要になるため、そこまでして和暦表記→西暦表記に変える大義があるか?と言われれば疑問が残ります。

そのため、大きな支障が出ていないのに風評だけで変えることは考えにくいでしょう。

この事に関しては過去の案件や公文書を多く扱う弁護士の方達の間でも、意見が分かれているようです。
弁護士ドットコム

履歴書の書き方

履歴書履歴書は法的な効力はありませんが企業に提出する以上、最低限のルールを持ち合わせていなければ恥をかきます。

常識のない人だと判断されれば場合によっては合否にも影響するため、しっかり確認してから提出しましょう。

2019年4月30日以前の書き方

まず、履歴書で「平成」と「令和」を使い分けるシーンは2つあります。まず1つ目が、履歴書の上にある記入日

記入日は書いた時点の日付を書くものなので、2019年4月30日以前なら当然「平成」を用います。

そして2つ目が未来日を指す「見込み」という表現を使う場合。具体的には学生で新卒者が「卒業見込み」と記載したり資格の「取得見込み」を使う場合です。

新元号が発表された4月1日時点から卒業・取得予定が5月1日以降なら「令和」を使うべきですが、記入日が4月30日以前の場合で取得が2019年内であれば平成のままでも問題ないでしょう。

ただし、2020年を平成32年と記載してしまっている場合は、平成32年は存在しないため明らかな間違いです。

※必ず提出前に訂正もしくは西暦で書くようにしましょう。

2019年5月1日以降の書き方

5月1日以降に記入する場合は、既に新元号に切り替わっているため履歴書の上にある「記入日」、そして未来の「見込み日」全てを和暦表示する時は「令和」と記載しましょう。

また、この時の注意点は冒頭の章でも説明したように、2019年内は令和元年です。2020年1月1日~12月31日までは令和2年となるので、数字の書き間違いに注意しましょう。

婚姻届けの書き方

婚姻届け(アニヴェルセル表参道)
アニヴェルセル表参道より引用

5月1日から新元号に変わり、また大安で吉ということで婚姻届けが多く提出される予定になっているそう。

各役所でも5月1日に緊急窓口を設けて対処する地域も多くなっています。婚姻届けは法的な効力が発生することから公的な文書と言えます。

婚姻届けに必要なもの

婚姻届けを提出する際に必要なものがいくつかありますので、以下に挙げておきます。

・戸籍謄本
・証人2人に署名と捺印
・身分証明書(運転免許取得、パスポート、住民登録カードなど顔写真と住所が記載されたもの)
・印鑑(旧姓)

まず、戸籍謄本は本籍地以外の役所に提出する場合に必要になります。結婚を機に県外に出てそこにある役所で提出する時など。

証人2人は成人(20歳以上)であれば血縁者、友人、知人問いませんが、氏名・生年月日・本籍地を記入して捺印してもらう必要があります。

最後の印鑑は婚姻届けに記入誤りがあった際の訂正印用として届け出のときに、持参しましょう。

令和未対応の婚姻届け

4月中旬よりも前に役所で婚姻届けを取得した方は、恐らくほとんどがR対応していない書式だと思います。

届出日の余白に「令和」と書いても問題ないと思いますが、もし万が一書き忘れたとしても役所の方で訂正され受理されますので、ご安心を。

まあ、婚姻届けの書類は厳密には書式が統一されておらず、必要事項の記入と印鑑があればOKなのでR対応した市販のオリジナル婚姻届けも存在します。

令和対応の婚姻届け

4月1日に新元号が発表されてから役所が印刷会社に刷り直しを依頼しても5月には間に合いません。

そのため、R対応した婚姻届け書式PDFが4月中から順次、各役所ホームページにアップされ各自印刷してもらう、という対処が行われています。

特に市販のオリジナル婚姻届けなどこだわりがなければ、ダウンロードした書式を使用すると良いでしょう。

ただし、くれぐれも印刷は職場やコンビニではなく、自宅のプリンターを使用することをおすすめします。

令和の訂正印

訂正印は必須

これは事務職の方なら簡単に想像がつくことですが、会社の役所や税務署に提出する書類には法人印が押されていたり、契約書の類には割印や収入印紙が貼られているため、平成と記された書類を差し替えることは現実的ではありません。

そのため、ほとんどの場合は「令和」と彫られたゴム印を調達し、訂正印+令和を押印することになります。

これは社内外を問わず、例え社内の書類であっても雇用契約書などは訂正印で対処することになるため、事務職の方はゴールデンウィーク明けからこの対応に追われることになるでしょう。

「令和+選べる取り消し線」が便利

事務職や経理担当者の作業量を少しでも軽減するために、こんなアイデア商品が人気を集めています。

新元号 令和 ゴム印 3本セット 新元号+訂正用二重線【下】スタンプ

令和に「=」訂正印が付属しており、1回の押印だけで訂正までされる優れものアイテム。

2回押すのと手間は大きく変わらないように思いますが、この作業が100回、200回あるとしたらその差は歴然です。

もちろん、書類によってマスの大きさが異なるためより小さいもの、より大きいものとサイズ違いを2~3個持っていればあらかた対応できるでしょう。

価格も安いので個人で購入して持っていれば周りから注目を集めるでしょうね。

発行される住民票などの公的書類は要注意

パスポート

松江市が住民票に誤記していた

平成31年になり4月17日までの間に松江市が発行した住民票の写しの元号がフライングで「令和元年」と表記されていたニュースをご存知でしょうか。

正確にはコンビニエンスストアを介して発行した住民票の写しに誤記があり、交付システム改修の試験を実施した際にコンビニでの発行を一時的に停止するよう市の担当者が連絡するのを忘れていた、とのこと。

市民の通報で発覚したようですが全部で14件の住民票写しに誤記があり、回収・差し替えの対処が取られたそうです。

書類は発行されたらその場で表記確認を

役所から交付された書類なら安全だから、と思わずにしばらくは誤りがある前提で考えておいた方が無難。

ちなみに公的書類は和暦が原則なので誤記がある場合は、その書類には公的な効力が失われることになるので注意が必要です。

交付される場所を問わず受け取ったら、

・名前
・生年月日
・住所
・発行日(2019年4月30日以前なら「平成」or2019年5月1日以降なら「令和元年」)

など基本的な項目の確認をしておきましょう。

発行日がもっとも間違いやすいと思いますが、生年月日も「昭和S」や「平成H」が使われるので油断できません。

まとめ

まとめ
いよいよ平成が終わりを告げようとしていますが、会社や周りより遅れてしまわないように正しい書類の書き方を理解しておく必要があります。

今回の記事の結論として言えることは、

2019年4月1日~4月30日の期間内なら、履歴書・婚約届は「平成」を使っていても移行期間なので違和感はありません。しかし、ひとたび5月1日以降になれば「令和」を使用することが原則になるでしょう。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。