お金持ちの10の習慣と特徴/どんな職業でどんな生活をしてるか紐解いてみよう

リッチな男性



世の中には会社勤めしている普通の人が思うよりずっとたくさんの資産を持っていてお金に対する考え方が根本的に違う人たちが存在します。

誰もが「お金持ちになりたい!」と思うものですがたくさんの資産を持っている人たちと私たちって一体、何が違うのでしょうか?

今回はお金持ちと言われる人たちの10の習慣と特徴、どんな職業でどんな生活をしているのか?にフォーカスしていきます。


お金持ちの人たちは毎晩、パーティや派手な外食を楽しんでいる?

パーティーそもそもいくら持っている人たちが”お金持ち”と呼ばれるようになるのでしょうか?

基本的にその線引きはありませんが一般の人が「あの人、お金持ってるよね~」と感じるのは年収が1,000万円超の人を指す場合が多いようです。

そもそも年収1,000万以上もらっているサラリーマンとは上場している大企業の役員や、国家公務員でない限り現実的ではありません。

そのため、ほとんどの場合が収入に天井がない”経営者”である場合がほとんど。

たまに中間管理職の方でLEXUS(レクサス)や外車などずいぶんと良い車に乗っていて見栄を張る人も多いですが、家では自炊したり予算がないから休みの日は家でじっとしていたりするものです。

ですが、本当の資産家でも実は”自炊”というのは意外と行われていたりします。毎日のようにパーティをしたり高級レストランに出掛けていると思っている方もいるようですが、基本的に会食などは仕事の延長として行われていますね。

だから、自宅にいる時は健康面やムダな出費を減らすために時間がある限り進んで自炊を好みます。また、料理にこだわる人が多いため意外と料理上手な人が多いのも特徴。

その一方で家事代行など普段、手が回らない部分は外注サービスを利用して時間効率化を図っている方もいるようです。

お金持ちの10の習慣と特徴

豪邸と車私は仕事柄、莫大な資産を持つ資産家の人たちと触れ合う機会が多いのですが、そんな時に気が付いた彼らの習慣と特徴、そしてそこから見えてくる思考回路がお金を呼ぶサイクルを生み出すと考えています。

一部ですが分かりやすいポイントをご紹介しておきます。

①欲しいものは後回しで必要な物をまず買う

経営者の前提ですが、基本的に買い物をする時は”欲しいもの”というのは後回しになる場合が多いです。

どうしても欲しくてそのためにこれまで仕事を頑張ってきた!という場合は例外ですが、買い物をする時はつねに「今、何が自分に必要なのか」「それを買ったら何がどう変わるのか?」という自問自答を繰り返しています。

セール品など普段より安くなっている物には目もくれず衝動買いをするケースは少ないようですね。

見せかけの金持ちほどたくさん浪費してそれを見せびらかせようとしますが、本当の資産家は余りある資産を持っているので見栄を張る必要がありません。

また、優秀な経営者であるためプライベートでもお金の出入りや流れに敏感でつねにそのバランスを取る癖が身に付いているからでしょう。

②タイムイズマネー

書いた字のまんまですが資産家は何よりも”時間”を大切にします。それがもし誰かが代わりに作業してくれるならそれに対して対価を支払ってむしろ感謝します。

自宅にいてもテレビを眺めることはなく「どうすればムダを省けるか?」とつねに時間効率を考えて生きています。慣れてない人がこの生活サイクルにつき合うと大変な思いをすると思いますが、しかし彼らは与えられた時間をいかに効率よく使って生き抜いていくかそのノウハウを持っているため時間のムダを極端に嫌うでしょう。

また、仕事の面においても「後でやろう!」という概念がなく何か閃いた時や行動を起こすときはすぐその場で電話をかけてスピーディに対処する癖がありますね。

しかし、全てを簡略化しようというのではなく自分にしか出来ない交渉・スポーツジムでの運動・趣味を楽しむ時間は大切にしています。

そのため趣味やジム通いの部分だけ見た人が「金持ちって毎日遊んでるんじゃない?」と安易に考えてしまうのでしょう。

Office Exitの戦略
成功する人の条件とは/特徴とマインドを学ぶ
https://office-exit.com/success-mind/

③健康管理を徹底する

サラリーマンの方は飲み会や職場の付き合いが多いと思いますが飲み会の翌日に健康に気を遣ってトレーニングをする方がどれだけいるでしょうか?

資産家は今の自分を構成する要素の中で健康も大切な”資産”の1つだと考えています。

病気になれば入院して高額な入院費がかかるし仕事に大きな支障を与えてしまう。タバコを吸っている人もずいぶんと減り、付き合いの場以外はアルコールも口にしないことが多いですね。

また、長生きするという意味でも今の資産をさらに増やして守っていくためには長生きする必要があります。

そのため、日常的に走ったりスポーツジムに通うことを苦痛だとは思わず、年に数回ある健康診断やPETなども進んで受けることが多い。

”健康投資”が叫ばれて久しいですがこういった考え方はまさに資産家ならでは、と言えるのではないでしょうか。

④貯金はしない!現金に働かせて新たな現金を呼び込む

資産家は骨董品や不動産資産を除いてたくさんの現金を手元に置いておくことや銀行に預けているだけの貯金を好みません。

私の知り合いは投資家が多いせいでもしかしたら偏っているかもしれませんが、ほとんどの資産家は自分が寝ている間に代わりに現金に働かせます。

つまり多くの現金は”投資”に回すということ。手元の現金をもとにさらに利益が出て新たな現金を呼び込むのです。

このサイクルは不労所得のことを指していますがこの方法なら時間もムダにせず、自分が将来引退してからも稼ぐことができますからね。

投資に絶対はなくリスクはあるものですが株・投信・債券・不動産などリスク比率をポートフォリオで調整し、例え株価が暴落しても大きな損が出ないような大きな牙城を築くのです。

⑤早寝早起きが好き

私は資産家の方が7時以降に起きている人を聞いたことがありませんが、資産家の人たちは早朝4時~6時までの間に起床してニュースや新聞に目を通す習慣が身に付いています。

朝は近所も静かでちょっとした作業をするにも効率が良いことを知っている彼らはこの時間を好んでいる傾向が。

人間には仕事のモチベーションが高まりやすいサイクルというものが存在します。ほとんどの人が朝起きてから午前中でピークを迎えるのに対して日中以降は効率が大きく下がってしまいます。

まさに早起きは”3文の得”ですね。

サラリーマンの方ならよく分かると思いますが、昼食後に眠たくなって作業効率が落ちてしまうのはサイクル低下のためです。

⑥ポジティブ思考で自己肯定感が高い

一部のブロガーや投資家を除いてほとんどの場合、とても前向きで自己肯定感が高いという特徴があります。

周りにどれだけ反対されたり否定されても「自分ならできる!」という強い信念はカンタンには曲がらないので最後まで貫いて成功することが多いですね。

また自己肯定感が高いというのは”自分を信じる力””私にしかできないことがある”という考え方が根底にあるので例え1人になっても不安感もなくやり遂げてしまうでしょう。

常にポジティブでいる一方で同時にリスクや損失を計算する癖が身についているので事業の場合は必ずと言っていいほど利益が出るのでしょうね。

⑦執念深い

資産家の人たちは体の中から溢れる高いバイタリティを持っています。バイタリティとは”生命力””活気”のことを指していますが、普通の人なら諦めてしまうようなことも高いバイタリティと執念深さで克服してしまいます。

執念深いと聞くと悪いイメージを持ってしまうこともありますが、仕事や遊びでも資産家がとことん追求するのは彼らの生きがいなのです。

じっとしていることが症に合わずつねに動いていないと落ち着かない優秀な回遊魚と言った感じでしょうか。

⑧新しい情報を入れる

資産家はネットニュースや新聞に目を通す習慣が身についています。これは今の自分が行っているビジネスに与える影響や、新しいビジネスの種として活用できる場合があるため。

ビジネス・投資関連の情報収集は好きですが芸能ニュースには目もくれない、と言った特徴があります。

また、新しい技術革新やシステムにも敏感で今の現状に合わせて積極的に取り入れていく姿勢を持っていますね。年齢を重ねてくると変化を嫌う傾向があると思いますが、資産家の場合は子どものように新しい物好きと言えるでしょう。

⑨自己投資を怠らない

資産家は書籍・セミナー・スクール・食事会など積極的に自己投資して自分を高める習慣があります。

時には高いお金を払ってまで参加するのには理由があって漠然とするのではなく、自分の最終目標を達成するために必要な知識・人脈を作ることが目的。

イメージとしては多くの人は今の自分に相応しい居場所を作りますが、資産家の場合は自分に相応しい居場所を自ら作るという感じでしょうか。

根底には「自分は何でもなれる!」「やれば何でもできる!」という強い自信があるため、自己投資して必要な専門知識が身に付くレベルまで引き上げる努力をいとわないのですね。

⑩宝くじやギャンブルはしない

年末や夏になると宝くじの宣伝が頻繁に流れるようになりますが、年末ジャンボ宝くじの1位当選の確率は1,000万分の1とも言われています。

サラリーマン世帯では「当たったらどうしよう?」と妄想したり「夢を買うんだ!」と正当化して買っている方が多いと思いますが、資産家はそもそも7億円とか言うのはわりと身近な金額だし時間効率の面からムダが多いので買いません。

何より神頼みで7億円当てるよりも新しいビジネスを起こして1年で年商7億円にする方が確率高いし、それを実行できる力を持っているのですからね。

大富豪の考え方や思考回路を身に付ける



お金持ちの習慣と特徴をご紹介してきましたが何となくイメージが沸いたでしょうか。

簡潔にまとめてみると【ひどく自信家で執念深くケチな人たち。無制限に収入を増やすことが快感で時間・健康・お金の管理が好き。】こんな感じでしょうか。

一概には言えませんがこのようなイメージで間違いないでほう。しかし、これらの習慣や特徴は生まれながら富豪で特別なトレーニングを積んだのかというとそれはNo!です。

大富豪の考え方や思考回路はその人自身が大人になってから身に付けた場合が多く、それはつまり誰でもその可能性を秘めているということ。

でも、知り合いに金持ちや富豪がいないからどうやって学べば良いんだろう…

と悩んでいる方にはマイケル・マスターソン著書の「大富豪の投資術」がおすすめ♪

「収入を増やす方法はこれしかない!主婦やサラリーマンシングルマザーにおすすめ」でも紹介していますが、”金のバケツ”という収入源を増やすための分かりやすい枠組みが紹介されています。

その他にも収入を着実に増やすためには、賢い投資方法、資産の防衛方法など具体的な資産家の思考回路やマインドを学ぶことができるのでもし今の現状に不安を感じているなら将来のためにも一度、読んでおくことをお勧めします!(^^)!

大富豪の投資術

お金持ちになるにはどうすればいい?



今回はお金持ちの10の習慣と特徴をご紹介してきました。資産家になるのは簡単ではありませんが彼らに近づくために必要なことは”自分のビジネス”を持つこと。

会社勤めサラリーマンや主婦は基本給・時間給労働いずれも収入に上限があります。

これを変えていくにはもっと収入の良い会社に転職する、副業で大きな収入の柱を作る、投資する、独立開業するしかありません。

今の環境を変えたり新しいことを始めるのは誰でもストレスを感じることですが、現状を打破するためにいかに行動したかが鍵になるでしょう。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。