SBIネオモバイル証券の特徴とメリット・デメリット/Tポイント運用向きの人

プリペイド



2019年4月10日から新たに開始された日本初となる✅Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】が話題になっています。

ここ数年の間に、若い年齢層をターゲットにした「手軽」「少額」で始められるサービスが浸透してきた中で、日本ではもっともメジャーなTポイントを使って株式が買えるということで注目を集めています。

今回はSBIネオモバイル証券が提供するサービスの特徴とメリット・デメリット、向いている人とそうでない人をご紹介します。


SBIネオモバイル証券とは



「SBIネオモバイル証券」はすでに証券会社としての実績を持っている株式会社SBI証券の合弁会社として2018年10月30日に設立されました。

その後、第一種金融商品取引業者としての登録を受けたのを機に2019年4月10日(水)に「ネオモバ」のサービスがスタート。

このサービスの狙いは以下。

当社は若年層・投資初心者のお客さまをターゲットとし、Tポイントとスマートフォンという身近なツールを活用した金融サービスを提供いたします。ネット証券No.1(※1)の口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券で培ったノウハウと、日本最大(※2)の共通ポイントサービス「Tポイント」のデータをもとにしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングのノウハウを活かしたサービス「ネオモバ」を実現いたしました。日々の生活で貯めたTポイントで、簡単に少額からお取引いただけるサービスを提供することで、株式をより身近なものとし、個人投資家の裾野を広げることができるものと期待しております。
SBI Holdingsより引用

このサービスは証券口座の「SBI」と、T-POINTの「CCCマーケティング(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」の2社が提携して初めて誕生しました。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

「ネオモバ」の特徴

Tポイントで投資このサービスはお持ちのT-POINTを使って1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる仕組み。

「1ポイント=1円相当」ですでにポイントを持っている方は口座開設すればそのまま専用口座に反映されます。その他の特徴は以下。

▼特徴▼

①Tポイントを使った国内株式・ETF・REITの購入

②始めやすい料金体系

③月額サービス利用料に応じたTポイントの付与

④スマートフォンだけで完結する取引環境

⑤簡単3ステップ注文



「ネオモバ」のメリット


スマホの操作が超カンタン!

このサービスではスマホ一つで口座開設(本人確認書類のアップロードあり)を完了すれば「銘柄選択➡注文」が手軽に行うことができます。

注文手順は以下公式サイトを引用)

【①銘柄選択】
手順①

【②注文】
手順②

【③注文完了】
手順③

通常の証券口座と同じように銘柄ごとの価格チャートをチェックすることができるので、購入するタイミングを自分で好きに選ぶことができます。

※約定タイミングは前営業日の終値から値幅制限を加味した「基準値」が適用されます。

≫口座開設はコチラ SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

資産運用のロボットアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」が使える

「WealthNavi(ウェルスナビ)」とはロボットアドバイザーによるアルゴリズムのことで、株や投信に関する知識がない方や手間をかけたくない人が利用するおまかせ資産運用サービスのこと。

通常、自分で投資を行う場合は、

・予算
・金融商品の対象
・発注
・リバランス(資産配分の比率の見直し)
・節税対策

など手間がかかるものですが、「WealthNavi(ウェルスナビ)」では最初に自分の目標を設定すればあとはアルゴリズムが自動で相場とにらめっこして調整を行ってくれます。

こちらは「ネオモバ」とは別サービスで積立は月々5,000円から行うことが可能。ちなみにポートフォリオの構成はウェルスナビの米国株(VTI)30.6%、日欧株(VEA)21.5%、新興国株(VWO)5.0%、米国債券(AGG)29.1%、金(GLD)8.8%、不動産(IYR)5.0%。

増やしたポイントで買い物できる

これまで持っているT-POINTを運用して運用益(利益)が出た場合、そのポイントはあなたの口座に充当されます。そこで貯まったポイントは通常のT-POINTとして利用することができるためネット通販や各種利用料金の支払いにもあてることができます。

T-POINTによる投資では莫大な利益を出すことは現実的ではないため、月に1,000円の利益から目指して最終的に5万~10万円分の利益がでるようになれば優秀でしょう。

1株単位で買えるということでつい注意力が散漫になる可能性があるため「毎月の携帯料金に充てる」「ご褒美として欲しかったものをネットで買う」「ガソリン代を浮かす」など明確な目的を持つとモチベーション向上につながると思いますね。

また、通常の株式にある「株主優待特典」は単元未満ではもらえませんが株取得単位が100株(1単元)を超えると、同じように特典を受けることができます。



貴重なトレード体験ができる

T-POINT運用では莫大な金額を儲けることは難しいと説明しましたが、そのかわり投資をあまり知らない初心者が余っているPOINTを使って貴重なトレード体験を積むことができます。

私はFX・株式・投信・不動産を持っていて年間500万以上稼いでいますが、この世界においてもっとも強い武器は「経験値」です。

世の中にはたくさんのファンダメンタルズ(経済指標)や相場予測をするアナリストがいますが彼らの予想は外れることが多い。そんな情報よりも信頼できるのは間違いなくこれまで相場を見てきた実戦レベルの”経験”に他なりません。

Tポイントで始められる投資

シミュレーションやアプリで疑似体験をすることができますが、実際にお金がかかっている上で行うトレードとそうでない場合は雲泥の差があります。

損をしたくない!という心情は初心者もプロも同じ。その環境の中で勝ち続けるためには、こうした地道な経験を積むことから始まるので、興味を持っている方はとにかくすぐ初めて相場観を身に着けることをおすすめします。



関連記事:楽天ポイント投資で初心者は儲からない件!dポイントがおすすめ

「ネオモバ」のデメリット

突き落とす

サービス利用料がかかる

サービス利用料

株式や投信の買い付け注文を入れる際には手数料がかかるのが常識。ネオモバも例外ではなく取引金額に応じて上図の「定額制」のサービス利用料がかかります。

手数料がかかるのは当たり前のことですが、どうしてデメリットに挙げたかというと「割合=%」の問題。

50万以下なら216円に手数料がかかりますが、

➡49万円を運用していたうちの216円(約0.04%

➡1,000円を運用していたうちの216円(21.6%

このように取引金額が少ないほど手数料の占める割合が多くなるように設定されています。そのため、金額が少ないほど不利になってしまい利益が全て手数料に化けてしまう可能性も。

なるべくゆとりのある金額で行うことをおすすめします。

ポイント拘束時間がある

T-POINTに限らずPOINT運用では保有しているPOINTを証券会社が現金化して運用を行うため、リアルタイムによる成行注文の約定タイミングに”ズレ”が生じます。

S株(1株単元未満)の場合、注文方法はリアルタイムの成行注文のみ営業日の10時30分までに注文を入れたら株式市場の後場(12時半~15時)で約定、10時30分~21時30分までに注文したら翌営業日の前場に約定する仕組み。

そのため、どうしても時間差が生じてしまうため当日の予想はその日の10時30分までに予想を立てる必要があります。そして、その日のうちに決済するデイトレードを行うことも難しいでしょう。

基本的には数日~数週間は買った株を保有するスイングトレード向きのサービスと言えます。

Tポイント運用はこんな人に向いている

楽しそうな男女

全くの投資未経験者でも興味がある人



「とうし」の「と」の字も知らない方や20代の方で資産運用に興味を持っている人には「キッカケ」としてこのサービスは向いています。

10代や20代では必ずと言っていいほどT-POINTを持っているし、貴重な自分の貯金やお小遣いを使わないでトレード体験ができるためですね。

当たり前のことですが「手軽に始められる=カンタンに儲かるではない」なので初めのうちは利益が出せないこともありますし、金融商品である以上は元本割れのリスクだって存在します。

初心者がいきなり株式・FX・仮想通貨に大金をつぎ込むことは自殺行為なのでまずは相場観や雰囲気を掴むために、という感覚で始めるのはおすすめ。

毎月のように定期的にまとまったT-POINTが入ってくる人

現在Tカードは飲食店・コンビニ・旅行・電化製品・不動産・スマホの乗り換えなどあらゆるサービスと提携しています。

そのため、毎月高額な買い物をしている方や頻繁にホテル・航空機を利用する方はまとまったPOINTが入ってくることでしょう。

自分が今どれだけのポイント保有しているか知らない方もいれば、使い道があまりなくて困っている人は向いていると言えます。

くれぐれもPOINT運用をしたいが為に大量に買い物してT-POINTを貯めることは、投資行為とは正反対の行動で本末転倒なのでやめておきましょう。


Tポイント運用はこんな人に向いていない

悲しい顔したおじいさん

利益の大きさを追求したい人

これからトレーダーとして生活したい!など生活の糧を投資に頼る方はこのサービスは向いていません。

毎月、一定額を積み立てる投信などは「単利」のほかに「複利」効果によって10年後20年後の利益が爆発的に伸びていきますがこのサービスでは積み立てができないことや現金をポイント化する人もいないと思いますので大きな利益を望むことが難しいと言えます。

また、1株単元未満の場合も「ローリスク=ローリターン」と考えておけば良いでしょう。

デイトレードをしたい人

私が頻繁に取引をしているFXには、

・スキャルピング(注文から数秒~数分で決済)

・デイトレード(注文から同日中に決済)

・スイングトレード(注文から数日以上で決済)

と言った3種類が存在します。株にも「デイトレ」という概念があり、短期的に相場が上昇すると思った時や急落したときのカラ売りに対して有効な取引手段です。

しかし、このサービスでは当日の10時30分までに当日午後の予想をすることになるため、どうしても午後に決済を入れても翌日の10時30分に決済が完了するためデイトレを行うことは不可。

すぐに利益を確定させたい人にとっては不向きなサービスと言えそうです。

まとめ

日本は海外やその他の先進国に比べて金融知識や資産運用に対する意欲が希薄だと言われています。

こうした背景には日本人特有の「合理的」という考え方が苦手なことが理由として挙げられますが、それでも徐々に若い世代に対する意識付けとして今回紹介した「ネオモバ」のような存在が一役買ってくれるのでは、と密かに期待しているところです。

手軽に始められてリスクが低いと言ったメリットと、サービス利用料コストがかかることや大きく儲けられないと言ったデメリットを踏まえた上で、初めての「投資行為」として活用してみることをおすすめします。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。