令和初の「夏のボーナス」支給日はいつ?2019年の賞与平均に大きな差がある

色鉛筆のグラフ



会社員や公務員の方にとって6月は”賞与”が支給される楽しみな月。

何に使おうかな~と楽しみな人がいる一方で業種別に見てみると昨年比で上昇している会社もあればそうでもない会社も存在します。

また、他人がいくら貰っているか気になりますよね!

今回は令和最初の2019年夏のボーナスはいつ貰えるのか?また公務員・業種別の平均額を見ていきましょう。


夏のボーナスはいつもらえる?

いつ?時計待ち遠しい“賞与”の支給日。

一般的に国家公務員の場合は夏は「6月30日」、冬は「12月10日」と法律で明記されているため
法律が変わらない限りこの日付が変わることはありません。

まさに今日が2019年6月30日なのですが日曜日のため、実際には6月28日(金)に口座に振り込まれていると思います。

地方公務員の場合は各都道府県の条例で規定されていますが、おおむね国家公務員と同じタイミングで支給されているところが多いようですね。

また、一般企業の場合は明確なルールは決められていません。企業の都合で6月末や7月初めに支給されるところもあるのでだいたいの目安として「6月30日~7月10日」と思っておけば良いでしょう。

賞与基本給の計算方法

電卓で計算今年4月に入社したばかりの新入社員の人は社会人になって初めての賞与にワクワク。しかし、仕組みを知らない人は幾らもらえるのか?気になるものだし思ったより少なかったらショックですよね。

夏と冬に支給されるボーナスは、

【基本給×○カ月分】

という計算方法になります。この○の部分は民間企業の場合は会社側が好きに決められることになっているのでピンキリです。

また、社員に対して「今年は○カ月分です」と通知されないもの。明細を貰ったらすぐ電卓を叩いて、

【税引き前の総額÷前月基本給】

を計算すればその会社の毎年の推移を把握することが出来るので使う前にまず明細をもとに計算するクセをつけると良いでしょう。

公務員の場合は国家・地方に関わらず、○カ月分という部分は法律人事院勧告によって法律で定められています。

2019年夏の賞与は上昇傾向

矢印毎日新聞によると国家公務員の2019年夏のボーナス(期末・勤勉手当)は管理職を除く一般行政職の平均支給額をみてみると昨年比で“2万6,500円増”「67万9,100円」であると発表。

もちろんこれは全国平均なのでこれより多い人もたくさんいるし、逆に少ない人もいることが前提です。

7年連続の上昇となっているわけですがこれには民間企業の賃金アップを踏まえて人事院勧告より支給月数が「0.1ヵ月分」引き上げられました。

でも、実際には民間企業では業績や営業成果によって賞与基本給が決められている会社もあるので、大きな成果を上げた一部の企業以外は“例年と同じ”あるいは“少なくなった”人たちもいるのが実際のところです。

公務員の夏のボーナス支給額



2019年の国家公務員の場合、支給月数が0.1ヵ月引き上げられて”2.195ヵ月”となりました。

公務員の場合はどうでしょうか?総務省が公表している平成30年の各都道府県ごとの「期末・勤勉手当」を見てみると、

▼平成30年 都道府県別の全職種の平均支給額 TOP10▼

都道府県 平均年齢 支給額合計 夏のボーナス額
東京都 40.5歳 1,818,400円 909,200円
愛知県 40.6歳 1,777,600円 888,800円
静岡県 41.8歳 1,766,000円 883,000円
滋賀県 41.8歳 1,764,200円 882,100円
福島県 44.5歳 1,757,000円 878,500円
千葉県 41.1歳 1,756,500円 878,250円
茨城県 42.8歳 1,749,600円 874,800円
三重県 42.9歳 1,748,500円 874,250円
群馬県 43.1歳 1,744,400円 872,200円
埼玉県 41.1歳 1,741,700円 870,850円

総務省「期末・勤勉手当」より引用

この表を見ると人口が多い首都圏が少し地域手当が多いこともあり金額は大きいですが、全般的に金額に大きな開きはありません。

これは昨年度ベースなので2019年はこれに“2万6,500円”を足した額が今年の支給額と考えて良さそうですね。


▼平成30年 都道府県別の全職種の平均支給額 ワースト10▼

都道府県 平均年齢 支給額合計 夏のボーナス額
鳥取県 43.1歳 1,465,200円 732,600円
島根県 43.4歳 1,539,800円 769,900円
青森県 44.4歳 1,548,800円 774,400円
高知県 43.8歳 1,558,600円 779,300円
沖縄県 42.3歳 1,561,400円 780,700円
奈良県 41.8歳 1,622,000円 811,000円
熊本県 43.4歳 1,634,000円 817,000円
宮崎県 43.8歳 1,639,500円 819,750円
石川県 42.4歳 1,655,700円 827,850円
岩手県 43.8歳 1,664,800円 832,400円

総務省「期末・勤勉手当」より引用

最も高い東京都の「909,200円」と、最も低い鳥取県の「732,600円」を比べるとさすがに金額に開きがありますよね。約176,600円もの差があることが分かりました。

業種別の夏のボーナス支給額



日経新聞社が実施した賃金動向調査で2019年夏のボーナス調査(中間集計)の結果が発表されました。

その結果によると前年比”0.05%増”で「85万815円」

あくまでも調査対象が”上場企業”と新聞社が選んだ”有力な非上場企業”からの回答706社のうち、集計可能で昨年と比較できる209社のみになっているので厳密な数字ではありませんが、傾向としては上昇していることが分かります。

▼業種別の支給額▼

業種 平均年齢 支給額 2018年との増減率
医薬品 32.2歳 1,131,224円 8.17
自動車・部品 39.1歳 943,576円 ▲1.23
化学 38.1歳 942,923円 2.74
機械 38.5歳 925,903円 0.83
造船 36.4歳 922,383円 3.98
電機 38.3歳 891,799円 0.57
建設 35.6歳 860,349円 9.49
精密機械 37.4歳 852,817円 ▲9.24
食品 36.5歳 843,901円 1.42
雑貨・その他製造 40.2歳 817,015円 0.13
ゴム 38.7歳 796,072円 ▲1.17
非鉄・金属製品 39.5歳 784,384円 ▲0.12
鉄鋼 39.1歳 782,174円 ▲3.36
商社 40.8歳 739,174円 ▲1.21
百貨店・スーパー 42.6歳 672,147円 0.37
その他輸送機器 37.4歳 662,675円 2.11
紙・パルプ 40.5歳 642,333円 0.56
陸運 41.9歳 536,728円 0.57
外食・その他サービス 39.5歳 530,175円 2.44
鉄道・バス 40.9歳 506,497円 ▲3.79

日本経済新聞社調査より引用

医薬品業界だけぶっちぎりで業績がよく金額が100万を超えているところが多いようですね。全体の傾向としては製造業が”0.12%増”と業績不振のあおりを受けているのに対して非製造業が製造業を上回る”0.56%”上昇となっています。

トップの伸び率を見てみると「建設」が”9.49%上昇、「外食・その他サービス」が”2.44%上昇”となっており、これは「2020年東京オリンピック」に向けて建設ラッシュが続いていることが要因として考えられますね。

業績が大幅に上昇したわけではないのに「陸運」が”0.57%”も上昇しているのは人材不足が背景にあるため、賞与を多くして人材確保したいという狙いがあるようです。

※公務員も民間企業も平均値だけ見ると賞与が増加傾向にあるように感じますが調査対象は総務省の公式発表、また上場企業や優良な非上場企業だけのお話し。

最近は国家機関の公式データも間違いや、都合のいい数字を引用してる場合もありますからね。実際はそれ以外の企業に勤めてる人の割合の方が多いわけで、現状維持や少なくなってる方多いと思います。

夏のボーナスの使い道



他の人が夏の賞与でどのような使い道を考えてるか気になりますよね。

マイナビニュースが会員306名に「ボーナスの使い道」について調査しているので引用してみます。

▼今年のボーナスはどのように使う予定ですか?▼
【支給金額の予想】10万~50万

【1位】預貯金…62.2%

【2位】旅行に行く…28.7%

【3位】趣味にお金をかける…23.9%

【4位】電化製品の購入…21.1%

【5位】外食・グルメ…18.3%

このような結果になっており圧倒的に「預貯金」が多いことが分かります。

それ以外では旅行・趣味・電化製品・グルメなど大きな差はなく特に大きな買い物をする様子は感じられません。これには住宅ローンや自動車ローンの支払いがある方もいるでしょうし、十分に潤うほどの金額が残らないことを意味しているのではないでしょうか。

回答者の一部の声を見てみましょう。

「毎月ギリギリなので貯蓄に回すと決めている」36歳女性/アウトソーシング・営業

「とりあえず貯金する」47歳男性/ホテル・サービス業

「増税に備えて貯金する」44歳女性/IT関連・技術職

「使い道は考えたことがない。普段の給料と同じ。欲しい物は欲しいときに買うし旅行はしたいときにするものだから」34歳女性/医療福祉・専門サービス関連

これらの声に共通しているのは賞与を特別視する様子がなく、毎月もらう給料の延長と考えている方が多いですね。

2019年10月から消費税が10%に上がり介護保険料や先行き不安から個人型拠出年金に加入する人が増えるなど毎月の負担増は避けられません。毎月ギリギリだから貯蓄する余裕がないために賞与が唯一の貯蓄の手段というのが残念ですよね。

まさに、支給平均が上昇と謳われている裏ではこのような生活実態の人が大多数と言うのが事実です。

まとめ

2019年の令和最初となる公務員・民間企業のボーナス支給額を見てきましたが、実際はそこまで貰ってないよ!という声の方が多いと思います。

また、人事院勧告で決められている「民間企業と同様の計算基準で平均に沿っている」という考え方も社会の良いところだけしか反映していないので、結局は役人によって都合よく使われている”机上の数字”の可能性は高いと言えますね。

いずにしても業種別で貰える金額にはかなり差があるのでもし今の会社から充分な賞与を貰っていない方は転職の参考になることは間違いなしです。


ABOUTこの記事をかいた人

ブログ・投資・ビジネスをメインテーマにした俳句ブログ『Office Exitの俳句』編集者。ブログ運営→投資→ブラック企業から独立。ブログ収益360万、投資収益450万。趣味は俳句。特技は俳句。仕事も俳句。NHK全国俳句大会『入賞』、枕草国際俳句大会『入賞』、子規顕彰全国俳句大会『入賞』、福岡総合俳句大会『優秀賞』。